6月23日 蔵王(賽の蹟~追分~熊野岳~刈田岳~大黒天)

本日のお釜
c0116856_17485457.jpg




3週続けての蔵王散歩。今日は、賽の碩からかもしか温泉跡、追分、熊野岳、刈田岳を経て大黒天までの周回コースを、ひょさんとI垣さんと歩いた(夏山一緒に歩くのは初めて)。

午前8時に賽の碩を出発
c0116856_17565382.jpg

舗装路を歩いていよいよひよどり越を下る。今日の景色はこんな感じ。上の方は雲が掛かっていた。
c0116856_17582100.jpg

ひよどり越えを下ると濁川を渡る。板のある橋なので安心して渡れる。
c0116856_1805340.jpg

トラバースをしばらくすると、ロバの耳コースとの分岐に出る。本日はムリせず噴気孔までで戻ってきた。
c0116856_1823626.jpg

本日の噴気孔。湯船もちょうど良い湯加減だったようだ。
c0116856_1851667.jpg
c0116856_1852683.jpg

再び本来のルートに戻るが、いきなりこの藪・・・・。ちょっと躊躇ったが、先は問題なかろうと進む。
c0116856_1862069.jpg

登山道の脇にはまだ雪が残っていた(沢状のところ)。
c0116856_1893137.jpg

トンネルのような道(木が倒れ掛かっており、腰をかがめるところが多い)を抜けて、追分に到着。
c0116856_18102064.jpg

後は最後の登りで熊野岳を目指す。振返って、雁戸山方面。雲が低くハッキリとは見えないが、面白山方面まで臨める。
c0116856_1812838.jpg

ようやく熊野岳の分岐に到着。ここまでこれば登りはほぼない。熊野神社まで行くことにする。
c0116856_18133030.jpg

熊野岳山頂にて。止まると意外と寒く、上に一枚羽織った。
c0116856_1816108.jpg

本日の「オカマ」(掲載本人承諾済みだが、誰だか不明)。どこかの学生団体が山頂で仮装していたうちの一人。
c0116856_18173282.jpg

もとい、本当の「お釜」である。エメラルドグリーンがキレイだった。下には5人ほどの登山者がいた。
c0116856_18194334.jpg

刈田峯神社到着。ここまでバスで来れるのだから、ほとんどの人は軽装。我々の格好がかなり浮いている。
c0116856_18223127.jpg

南蔵王の山並み。先週と先々週歩いた道だ。まだ花は咲いているだろうか。
c0116856_18224851.jpg

あとは階段状の道を大黒天まで降りるだけ。濁川も一度滑ってみたい。
c0116856_18252930.jpg

出発から6時間15分。無事に大黒天に到着。ひょさん、I垣さんお疲れ様でした。また楽しいところ探して行きましょう!今日は車が2台あるので、大黒天に一台廻して置いた。おかげで帰りは楽チン。
c0116856_1826238.jpg


本日のルートは、2011年10月と全く同じである。次回はやはりロバの耳に挑戦したい。
c0116856_1830813.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------------
本日会えた花たち(名前が間違っていたら教えてください)

アカモノ
c0116856_21433896.jpg

ハクサンチドリ
c0116856_2144334.jpg
コバイケイソウ
c0116856_21441998.jpg
ミヤマオダマキ
c0116856_21444018.jpg
オオバミゾホウズキ
c0116856_21445886.jpg
ツマトリソウ
c0116856_21451414.jpg
ウラジロヨウラク
c0116856_21453016.jpg
タニウツギ
c0116856_21455651.jpg
マルバシモツケ
c0116856_21482696.jpg
サンカヨウ
c0116856_21485657.jpg
ベニバナイチヤクソウ
c0116856_21491360.jpg
ムラサキヤシオツツジ
c0116856_21493789.jpg

[PR]
by sharizaka | 2013-06-23 18:26 | 蔵王山系 | Comments(10)
Commented by ひょ at 2013-06-24 13:03 x
昨日はどうもありがとうございました。
宮城蔵王の素晴らしさを実感できるコースで楽しかったです。
昨日は最後の階段で踵痛がひどかったのでそれ用のインソールを購入しようか検討中です。
Commented by KIYO at 2013-06-24 17:55 x
この界隈を観ると滑りたくなりますね(笑)
濁川、斜度無いけど谷底滑ってるなぁ~って感じが好きです。
しかしお釜でオカマとは凄いの目撃してたんですね…
Commented by sharizaka at 2013-06-24 23:13 x
ひょさん、日曜日はお付き合いいただきありがとうございました。
蔵王もこうやって見てみると面白い場所だと思ってます。
踵は結構痛そうでしたけど、大丈夫ですか。
また、いろんなところ探しておきますので、ぜひ歩きましょう!
Commented by sharizaka at 2013-06-24 23:16 x
KIYOさん、こうやって歩いてみると、冬の景色とオーバーラップしますね、丸山沢とか、井戸沢とか。
濁川滑って大黒天に登り返すってどの辺りなんでしょう?
Commented by torasan-819 at 2013-06-25 12:58
3週連続とは凄いですね。
このまま続ければ蔵王マイスターになるのでは?
名称不明の花は上から以下のとおりかと思いますが、違ったらどなたか再訂正願います。
マルバシモツケ
サンカヨウ
ベニバナイチヤクソウ
ムラサキヤシオツツジ
それから、コバイケソウはイが抜けてます。
コバイケイソウですね。
Commented by sharizaka at 2013-06-25 21:50
トラ山さん、これからずっと蔵王ってのもちょっと淋しいので、この辺にしておきます(笑)。
花の名前、ありがとうございます。先ほど修正いたしました。
少しずつ覚えてきたので、花を見るのが楽しくなりますね。
さて、そろそろ本格的に?ガッツリ登りますかね・・・・。
Commented by みい at 2013-06-28 10:55 x
お釜・・・めちゃくちゃ、綺麗な色ですね~^-^
(先日、入った国見温泉の湯の色にも少し似てる 笑)

お釜にオカマ・・・も(爆)

雪の有る時しか、蔵王はなんでか
行った事ないんで...って、たった2度ですが~
一度、お花の時期も行ってみたいな~^^v
Commented by sharizaka at 2013-06-28 21:59 x
みぃさん、2年前の元日にお会いしたのが刈田岳でしたね。懐かしいなあ。
お釜も晴れてるとキレイなエメラルドグリーンです。そう、確かに国見温泉の色ですね(笑)。
お花もキレイですよ。蔵王は、我が家から車で1時間で行けちゃうんですよ。
Commented by yossy1904 at 2013-06-28 23:15
サンカヨウ、まだサンヨウカになってますよ~。
でもググってみたらサンヨウカでもかなりヒットしますね。
自身なくなってきました。
どちらが正解でしょうね?
Commented by sharizaka at 2013-06-28 23:53
yossyさん、ご指摘ありがとうございます。修正いたしました。
まあ、花の名前なんて全く分からないので、打ち間違えもあるので、お許しください。
花の名前って、舌を噛みそうな名前も多いですね(笑)。


山で心を洗ってます。


by sharizaka

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

Now at the time

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新のコメント

理由は解らないですが、左..
by sharizaka at 13:58
私も以前はちょっとつまづ..
by torasan-819 at 11:42
医者からは「靭帯損傷して..
by sharizaka at 05:48
あら~やっぱり、前距緋靭..
by fwix at 23:56
「山形人」とは、スゴイ見..
by sharizaka at 20:02
人形山の由来は興味深いで..
by fck_mototyan at 20:56
元やんさんも板納めでした..
by sharizaka at 21:39
KIYOちゃん、遠路お疲..
by sharizaka at 21:37
私もスキー板片付けました..
by fck_mototyan at 18:24
二日間お世話になりました..
by KIYO at 20:04

カテゴリ

全体
八甲田山・岩木山
岩手山・八幡平山系
鳥海山
蔵王山系
月山山系
飯豊連峰
朝日連峰
船形連峰
栗駒山
焼石連峰
神室連山
吾妻山系
北関東・南会津
立山
亘理地塁
和賀山塊
仙台近郊
新潟県の山
長野県の山
富山県の山
岐阜県の山
石川県の山
山梨県の山
Telemark Ski
スキー場
講習会
山道具など
Mountain / Trail
その他
震災関連
未分類

お気に入りブログ

親方のチャリと祭りな話
漕ぐログ -川遊び犬so...
ソロで生きる
ちょいと川へ

外部リンク

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
ウィンタースポーツ

画像一覧