3月2日 刈田岳・前山

兵どもが夢の跡
c0116856_21193610.jpg




先月は南岸低気圧による大雪や、諸々の用事のために満足に滑ることができなかった。

約1ヶ月ぶりの山行は、トラさん企画に参加。今回は東京からNONさんも参加された他、宮城&福島で総勢8名の大所帯のツアーとなった。

8時半にすみかわSP集合する。天気は曇りと濃い霧で視界は良くない。当初リフトを使うことを考えていたが、リーダーの強力な指示のもと?8名中5名はリフトの使用を禁止された(笑)。リフト運行前にレストハウスからシールを付けて後見ゲレンデトップまで約30分の準備運動である。視界はこの有様。先が思いやられる。
c0116856_2118928.jpg


後見ゲレンデトップで全員集合。ここから中央コースへ入る。
c0116856_21213616.jpg
c0116856_21222928.jpg


この日がバックカントリー3回目の元やんさん。前回は強烈なガスにやられ、避難小屋にも辿るつけなかった。今回はリベンジ山行となった。
c0116856_21251416.jpg


ゲレンデトップから約1時間半で刈田岳避難小屋に到着。NONさんは刈田岳3回目にして初の登頂!
c0116856_20342462.jpg


続いて刈田峯神社へ向かい、看板の前で全員集合!残念ながらお釜はガスの中だった。神社がこれほどまでに埋もれているとは。屋根にも上れるがバチが当たりそうなのでやめた。
c0116856_20344423.jpg
c0116856_20354110.jpg


再び避難小屋に戻ってお昼ご飯である。NONさんお手製のアップルパイ&アンコパイをいただいた。
c0116856_2036279.jpg


決して視界の良くないなか、このまま帰ると思いきや、そうは問屋は、いやトラさんは卸さない。当然前山へ向かう訳で、ハイラインの第2コーナーまでは相変わらずのシュカブラでシールを付けたまま降りる。コーナーでシールを外して今日最初の滑走である。第1コーナーから直でエコーラインへ降りる斜面は短いがいつも快適だ。

NONさん、刈田岳初登頂おめでとうございます。
c0116856_20385550.jpg

加ト幹事長はテレマーク。今度、細板&革靴やりましょうね。
c0116856_2039376.jpg

トラ山さん。いつもアグレッシブに突っ込む。
c0116856_20402288.jpg

いんちょさん。どこかで見覚えが・・・・
c0116856_20405089.jpg

元さんさん。黄色のブーツが映えますね。それにしても、元やんさんの体力には脱帽です・・・・。
c0116856_2041993.jpg

○野さん。スプリットボードの威力発揮!交換も素早い。
c0116856_20413859.jpg

○樹さん。おニューのブーツの使い方を間違えてウォークモードで滑走中!途中で気付いてよかったですね
c0116856_20432497.jpg

さて、エコーラインを南蔵王登山口へ向かい、その先から前山方面へ入る。少し前だったら素晴らしい樹氷原だったのだが、最近の暖かさと雨ですっかり落ちてしまった。
c0116856_204751.jpg

間もなく、刈田峠避難小屋に到着。屋根だけしか見えていない。ホントにガスが濃いとこれを見つけるのは困難だろう。自分は中に入ったことはないが、一応ストーブもあるらしい。
c0116856_20483687.jpg

この後少し左に巻いて登るがトラバース斜面にガリガリ君たくさんいたので、慣れていない方々は少々難儀だった。それもクリアすると、間もなくこの先が前山の山頂になる(標識はない)。
c0116856_20523269.jpg

さてお待ちかねの前山東面のオープンバーンである。NONさんが行きます!
c0116856_2055421.jpg

そしてわたくしも。
c0116856_20552827.jpg

今回が澄川源頭までは降りずに途中でトラバース。峠ノ沢方面へ進む。スプリットボードの○野さんは、途中でシールを付けて歩いた。やはりボードにトラバースは辛いようだ。
c0116856_20565545.jpg

峠ノ沢に入ってここでシールを付けた。目の前にトレースがあった。きっと澄川源頭まで滑ったのだろう。
c0116856_20591251.jpg

ここからはしばらく沢沿いに登り、途中から右に折れると間もなく再び刈田峠避難小屋に着く。
c0116856_2111551.jpg


エコーラインに出ると皆一様にホッとした。この時点で既に時間は15時を廻っていた。予定では16時に戻る予定だったが少し遅れるだろう。陽が長くなったこともあり、それほどの切迫感はなかったが。

エコーラインから観光道路に入り裏後見へ。最後は新滝沢を滑る。
c0116856_214235.jpg

予定より36分遅れの、16:36に無事帰着できた。
c0116856_2145379.jpg


今日はホントに一日良く歩いた。9時前にレストハウス前からリフトを使わずに歩き始め、帰着は16時半。滑走はほんの僅かだけだったが、とても満足感の高いツアーだった。企画していただいたトラさんに、そして最後まで滑り通したメンバーに感謝である。
[PR]
by sharizaka | 2014-03-05 21:17 | 蔵王山系 | Comments(6)
Commented by torasan-819 at 2014-03-06 06:54
お世話様でした~大変楽しゅうごうざいました。
天候はアレでしたが、愉快な仲間がそれをカバーして有り余ってましたね。
澄川源頭部をもっと探索してみたくなりました。
機会がありましたらお付き合いくださいませ。
Commented by fck_mototyan at 2014-03-06 08:48
前回のアドバイスもらったテルモスでサクッとカップヌードルカレー味が食べれて幸せでした。ツアーにも混ぜてもらって感謝です。みんな僕の体力が、、、と言いますがsharizakaさんはじめ皆さんにとてもかなう気がしませんよ。ちなみに今週はちょいと川へ行く予定です。
Commented by NON at 2014-03-06 12:36 x
お疲れ様~って疲れたのは私だけかも(・_・;)
視界は良くなかったけど、刈田岳と前山に登れてよかったです。
山スキー3年目でそこそこ滑れるようになったので、楽しくてしょうがないのです。
ただし、歩くいのは遅いです・・・
また「兵ども」とご一緒できるのを楽しみにしてます。
Commented by sharizaka at 2014-03-06 19:28 x
トラさん。日曜日はお世話になりました。
天候イマイチでしたけど、思ったより視界があっていいツアーになりました。
前山のオープンバーン滑れて良かったです。前回は手前の峠ノ沢だったんで。
澄川源頭探索ぜひ参加させてください。また次回ヨロシクです。
Commented by sharizaka at 2014-03-06 19:30 x
元やんさん、日曜日はお疲れ様でした。
小屋でのカップラーメンはこれまた格別なんですよね。今回私はパンだけでしたけど。
体力は自分よりあると思いますよ。BC3回目であれだけ歩ける人そうはいないです。
また楽しい山行きましょう。でも、そろそろ川と悩む季節ですね。
Commented by sharizaka at 2014-03-06 19:34 x
NONさん、刈田岳&前山ツアーお疲れ様でした。私もそれなりに疲れてるのですよ~。
前山行けたのはラッキーでしたね。そして刈田岳も登頂。おめでとうございます。
これからは春スキーで6月まで遊んでますので、いつでも東北へお越し下さい。お待ちしてます。


山で心を洗ってます。


by sharizaka

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Now at the time

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新のコメント

「山形人」とは、スゴイ見..
by sharizaka at 20:02
人形山の由来は興味深いで..
by fck_mototyan at 20:56
元やんさんも板納めでした..
by sharizaka at 21:39
KIYOちゃん、遠路お疲..
by sharizaka at 21:37
私もスキー板片付けました..
by fck_mototyan at 18:24
二日間お世話になりました..
by KIYO at 20:04
やっとー、会えましたね!..
by sharizaka at 07:37
本当に、やっとーやっとー..
by みい at 10:09
5日に鳥海山だったんです..
by sharizaka at 20:25
こんばんは~、鳥海山遠征..
by PALOMON at 19:45

カテゴリ

全体
八甲田山・岩木山
岩手山・八幡平山系
鳥海山
蔵王山系
月山山系
飯豊連峰
朝日連峰
船形連峰
栗駒山
焼石連峰
神室連山
吾妻山系
北関東・南会津
立山
亘理地塁
和賀山塊
仙台近郊
新潟県の山
長野県の山
富山県の山
岐阜県の山
石川県の山
山梨県の山
Telemark Ski
スキー場
講習会
山道具など
Mountain / Trail
その他
震災関連
未分類

お気に入りブログ

親方のチャリと祭りな話
漕ぐログ -川遊び犬so...
ソロで生きる
ちょいと川へ

外部リンク

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
ウィンタースポーツ

画像一覧