2015年4月12日 焼山北面台地

北陸シリーズ第1弾!
c0116856_1804963.jpg




4月から仕事の都合で富山市に住むことになった。しかし、天気の良い日が少なく、桜が咲いたというのに肌寒い日が続いている。山へ出掛けようにもどうも芳しくない。まあ、家の片付けもあるし、その間に準備をしておくことにした。

さて、4月も2週目に入り、ようやくこの週末、天気予報が晴れマークになった。土曜日は確実に雨なので、出撃できるのは日曜日しかない。そうとなれば、北陸シリーズ第1弾の決行である。引越し前から一発目をどこにするか迷っていた。HPやブログで情報収集をしていたが、まずは近場ということで、焼山北面台地に行き先を決定!。距離が長いようだが、メジャーなようだし偵察も兼ねてここへ行くことにした。

4月12日(日)、朝3時に起床。眠たい目を擦りながら4時少し前に出発して一路糸魚川市の笹倉温泉を目指す。NAVIで距離を調べてみるとちょうど100km。仙台の自宅から月山の志津温泉くらいの距離なので、そう遠くはないと感じた。

途中コンビニ休憩などをしたが、早朝ということもあり2時間弱で笹倉温泉に到着。駐車場では出発準備をするスキー客が結構いた。自分も旅館のトイレを借りて出発準備をする。今日はいつものcoombackではなく、K2 8611を駆りだした。金具がコブラR8なので、踵が上がらないのがどうなるか心配ではある・・・・。

6:15 笹倉温泉第2駐車場脇から出発。いよいよ北陸シリーズの幕開けである。
c0116856_1948710.jpg


車道(と言っても雪の下だが)を少し歩くと橋を渡る。既に橋の上には雪がないので一旦板を脱ぐ。
c0116856_1950065.jpg


堰堤を左手に見ながら、最初の難所九十九折の坂に入る。実はこのルートで一番怖いのはここだと思う。まだ6時半過ぎで陽も当らず、写真では分からないが完全に凍っている。今日のシールはあり合せのものなので板のソールがかなり出ているので全然効かない。すぐにアイゼン(と言っても6本爪)を出して板は背負って歩くことにした。
c0116856_1951423.jpg


振返ると笹倉温泉が朝陽を浴びていた。
c0116856_19555113.jpg


九十九折の坂をクリアするのに1時間は掛かった。単なる坂ではなくキツイ片斜面なので、トラバースが結構怖い。なんとか最初の台地に乗るといよいよ焼山が顔を出した。しかし、このとき果てしなく遠くに見えた。
c0116856_19584470.jpg


出発して2時間でようやくアマナ平に到着。ここでは焼山をはじめ、左手に影火打も望めた。このあたりでようやくシール登行に戻した。しかし、シールがいい加減なのは同じである。斜面が固いこともあり、迂回しながらの歩行となった。
c0116856_201261.jpg


徐々に高度を上げて(この先急な坂は山頂直下以外ない)振返ると日本海までキレイに望めた。
c0116856_2032653.jpg


出発から約3時間、ようやくこの景色を見ることが出来た。HPやブログで見ていた写真と同じだ。でも先がまだ遠い・・・・。この頃から足を頻繁に攣るようになりペースが大幅ダウン。やはり普通のテレ金具は慣れないこともありかなり辛い。しかし、ここで諦める訳にもいかず、騙し騙し上を目指す。途中まで一緒だった人は遥か先を歩いていた。
c0116856_2062158.jpg


上の写真から1時間歩いても、この景色。ペースが遅いこともあるが、それよりスケールがデカイと感じた。ようやく焼山の基部に到着。ここまでは斜度が緩やかだが、この先徐々にキツクなってくる。
c0116856_20101699.jpg


北面に廻り込んで更に登るが、情けないことに足の痛みと、ここから再びアイゼンを履くが6本爪ではどうしようもなくなってこともあり、赤矢印まで取り敢えず行こうと決めた。
c0116856_2015522.jpg


出発から6時間。12時過ぎに標高2040m付近に到着。板をデポしアイゼンで上に上がれるか試みたが、柔らかい雪の下に堅い層があり、12本爪でないと下りが対処できない。安全を考慮し、ここを本日の最高到達点とした。体もそこそこ疲れている。東北で登りだけに6時間掛けたのは飯豊くらいしか記憶にない。

そうとなればランチタイムだ!今日もやっぱりカレーヌードル。でも実はここ、ノンビリご飯食べてるような傾斜ではないのだ。下の写真がそれ。
c0116856_201929.jpg
c0116856_20204035.jpg


なのにノンビリしてしまい、1時間もこの場にいた。そろそろ帰らないと陽が傾いてしまう。という訳で、まずは北面台地のメインバーンをいただく。いい感じのザラメが気持ちよかった。
c0116856_20223578.jpg

c0116856_20232888.jpg


基本的にルートは行きと同じ。最後の九十九折は雪が緩んでいたので安心して滑れた(が、上部のトラバースは下を見るとおっかない)。
c0116856_20262737.jpg


14:53 無事、笹倉温泉に帰ってきた。
c0116856_20265575.jpg


北陸シリーズ第1弾を無事終えることが出来てホッとした。しかし、課題がいくつも見えたのも事実である。これから富山・新潟・長野を中心に滑るためにも、心身、体力、道具、すべての条件を満たさなければ相手にして貰えないだろう。
来週末はいよいよ立山黒部アルペンルートが開通する。しばらく混雑するのはしょうがないが、一度は足を運んでみたい。
[PR]
by sharizaka | 2015-04-12 18:01 | 新潟県の山 | Comments(6)
Commented by NON at 2015-04-13 11:59 x
九十九折さえクリアーすれば、後は楽々楽しいBC
四方を雪山に囲まれた底を歩く爽快感、なんかいいですよね
今年は雪解けが早いのかしら・・・・
Commented by torasan-819 at 2015-04-13 19:16
来シーズンのワタクシの目標の一つは焼山に決定!
よろしくお願いします<(_ _)>
いいですね~ロングルートに急斜面(^◇^)
Commented by sharizaka at 2015-04-13 20:42
>NONさん
そうですね。あの早朝の九十九折は恐怖でした・・・・。それをクリアすれば鳥海山の中島台ルートのような景色で、素晴らしかったです。雪解け早いんですか?
Commented by sharizaka at 2015-04-13 20:43
>トラ山さん
焼山はきっとトラ山さんにも気に入っていただけるルートかと思います。アイゼン必携ですが。私が来年も富山にいれば合流しましょう!
Commented by madokau at 2015-04-14 21:27 x
こんばんは。
今月の最終週に行く予定にしております。
アイゼン必携、承知しました。が、アイゼンが必要な登りなんて、私はアイゼンのままでしか下れないような…
リーダーによれば、目標は「標高2,000m」だそうです。
タイミングのよいレポ、ありがとうございます。
Commented by sharizaka at 2015-04-14 22:30
>マルイさん
今月末お越しなんですね。初っ端がカチコチだと手に負えない
トラバースですので、アイゼンないとマジで怖いです。
目標地点はおそらく私が登ったところまででしょう。その上は
滑って面白い斜面じゃないそうです。
またどこかでご一緒しましょう。


山で心を洗ってます。


by sharizaka

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Now at the time

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新のコメント

「山形人」とは、スゴイ見..
by sharizaka at 20:02
人形山の由来は興味深いで..
by fck_mototyan at 20:56
元やんさんも板納めでした..
by sharizaka at 21:39
KIYOちゃん、遠路お疲..
by sharizaka at 21:37
私もスキー板片付けました..
by fck_mototyan at 18:24
二日間お世話になりました..
by KIYO at 20:04
やっとー、会えましたね!..
by sharizaka at 07:37
本当に、やっとーやっとー..
by みい at 10:09
5日に鳥海山だったんです..
by sharizaka at 20:25
こんばんは~、鳥海山遠征..
by PALOMON at 19:45

カテゴリ

全体
八甲田山・岩木山
岩手山・八幡平山系
鳥海山
蔵王山系
月山山系
飯豊連峰
朝日連峰
船形連峰
栗駒山
焼石連峰
神室連山
吾妻山系
北関東・南会津
立山
亘理地塁
和賀山塊
仙台近郊
新潟県の山
長野県の山
富山県の山
岐阜県の山
石川県の山
山梨県の山
Telemark Ski
スキー場
講習会
山道具など
Mountain / Trail
その他
震災関連
未分類

お気に入りブログ

親方のチャリと祭りな話
漕ぐログ -川遊び犬so...
ソロで生きる
ちょいと川へ

外部リンク

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
ウィンタースポーツ

画像一覧