2015年4月18日 雨飾山

(ザ・タイガースで) ♪ 花の雨飾~り~ ♪、いや首飾りだった。
c0116856_1948783.jpg




北陸シリーズ第2弾は日本百名山の「雨飾山」に決定!って、根拠はないけど、最初は鍋倉山にしようかと思ったらちょっと遠かったので、そして日本百名山という事で急遽変更!

今日も4時に富山の自宅を出発。今回も高速使わず国道8号線を東へ。糸魚川から国道148号線に入り、白馬方面へ向かう。この道は3年前の立山ツアーの帰りに使ったが、トンネルだらけで姫川沿いに道路を無理やり付けているので走りにくい記憶があった。ま、今日もその通りだったが・・・・。

今日の出発点は、小谷温泉の「山田旅館」の脇から。登山口としての駐車場はないので路駐。ほとんど人は手前のシェルターの中に停めていたが、自分は更にしたの路肩に駐車。宿まで5分ほど歩く。

さて、今日は7時に山田旅館の脇(通行止め看板前から)から山に入った。道路は雨飾キャンプ場まであるのだが災害復旧工事で通行止めだし、除雪もしていない。
c0116856_1726148.jpg


それにしてもいい天気だ。予報では風が強いとのことだったが、この時点で無風。いきなり急な登りに息が上がる。
c0116856_17263217.jpg


この辺は、雨飾高原から大渚山へ繋がるルートなのだろうか。この看板を2つ見つけた。
c0116856_1726493.jpg


たぶん目の前が「鎌池」だと思うが、まだ雪の下である。前に見えるのは雨飾山ではない。
c0116856_17271291.jpg


キャンプ場が近づくとようやく「雨飾山」が見えてきた。山頂はロックなところなので、手前のP2と呼ばれるところまで行けたらと・・・・。
c0116856_17272851.jpg


芽吹きの準備中。季節は確実に春である。
c0116856_17274163.jpg


雨飾高原キャンプ場に到着。管理棟だろうか、半分以上雪に埋まっている。
c0116856_17275640.jpg


キャンプ場を過ぎると、大海川沿いに進む。
c0116856_17282957.jpg


川沿いに進む。夏道は途中から尾根に付いているが、自分は更に奥へ。この辺りにになると川は完全に雪で埋まっている。
c0116856_17284593.jpg


ここが荒菅沢の出合い。右の沢は既に水が流れている。荒菅沢は左側の沢を登っていく。ここからようやく登りらしくなる。
c0116856_1729185.jpg


しばらく登ると、荒菅沢の全貌が現れた。正面の沢は雪が付いているので、滑りたくなってしまう。が・・・・。この先、デブリーランドを突破して左に道を変えて高度を上げる(荒菅沢は急すぎるので登れない)。
c0116856_17291721.jpg


大きくトラバースすると、この巨大なバーンに出合う。実はここを板履いたままトラバースしてしまい、余計な体力と時間を掛けてしまった。斜度は35度はある。滑ったら気持ちよさそうだが、トラバース中はそんな余裕はなかった(ザクザクで10mほど滑落したが無事だった)。
c0116856_17293019.jpg


トラバースを終えて最後の急な登りは今回投入したアイゼン+ピッケルを使ってみた(後から来た方はスキーアイゼンでフツーに登ってたが)。そして出発から4時間半、雨飾山P2に到着。ここだけは時折強風が吹いたがそれほど影響もない。目の前の岩の上が本峰。先ほどの荒菅沢上部へはここを超えて笹平へ行かねばならないので断念。
c0116856_17294215.jpg


東には先週登った焼山。奥には火打山も見えていた。
c0116856_17295853.jpg


そして、妙高山、黒姫方面。
c0116856_17301242.jpg


西には北アルプスの山々(朝日岳・雪倉岳・杓子岳・白馬鑓ヶ岳など)。ちょっと霞んでいたが素晴らしい景色。
c0116856_17302396.jpg


今日の山頂は一番乗りだったが、後から続々上がってきた。お先にP2直下のバーンをいただく。ザラメがいい感じだ。
c0116856_17303692.jpg


そして先ほどのバーン。上部1/3位気持ちよく滑って自分は左へトラバース。次回は下まで滑ってもいいなぁ。夏道沿いに帰る人はこの下まで滑って行った。
c0116856_1730503.jpg


荒菅沢へ横から入るバーン。ここのザラメも良かった。
c0116856_17312697.jpg


出合いまで降りたら後は大海川沿いに下っていく。キャンプ場でちょっと登りがあるが、帰りは林道沿いにダラダラと滑っていく。
c0116856_17314659.jpg


林道は最後は雪がないので歩かねばならない。途中のカーブから右にそれて行きのルートに合流。最後まで板を脱がずに滑って降りることができた。これが通行止めの看板で。
c0116856_1732673.jpg


帰りは、道の駅小谷でお風呂に入って遅いランチタイム!山頂では何故かお腹が空かず、カップラーメンを持っていたのに食べなかった。その分?「かまど飯定食」で豪勢なランチ。急ぐ必要もないので、お土産買ったりとまったりすることができた。

今日も一日いい天気に恵まれ充実した一日だった。さて来週はどこを滑ろうか・・・。
[PR]
by sharizaka | 2015-04-18 19:50 | 長野県の山 | Comments(2)
Commented by fck_mototyan at 2015-04-19 20:48
転勤も良いものですね。私も転勤族の頃山やってたらなー^_^
Commented by sharizaka at 2015-04-20 19:34
あれ、元やんさんって転勤族だった時あったんだ。
いいところへ転勤したなって感じてます。


山で心を洗ってます。


by sharizaka

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Now at the time

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新のコメント

「山形人」とは、スゴイ見..
by sharizaka at 20:02
人形山の由来は興味深いで..
by fck_mototyan at 20:56
元やんさんも板納めでした..
by sharizaka at 21:39
KIYOちゃん、遠路お疲..
by sharizaka at 21:37
私もスキー板片付けました..
by fck_mototyan at 18:24
二日間お世話になりました..
by KIYO at 20:04
やっとー、会えましたね!..
by sharizaka at 07:37
本当に、やっとーやっとー..
by みい at 10:09
5日に鳥海山だったんです..
by sharizaka at 20:25
こんばんは~、鳥海山遠征..
by PALOMON at 19:45

カテゴリ

全体
八甲田山・岩木山
岩手山・八幡平山系
鳥海山
蔵王山系
月山山系
飯豊連峰
朝日連峰
船形連峰
栗駒山
焼石連峰
神室連山
吾妻山系
北関東・南会津
立山
亘理地塁
和賀山塊
仙台近郊
新潟県の山
長野県の山
富山県の山
岐阜県の山
石川県の山
山梨県の山
Telemark Ski
スキー場
講習会
山道具など
Mountain / Trail
その他
震災関連
未分類

お気に入りブログ

親方のチャリと祭りな話
漕ぐログ -川遊び犬so...
ソロで生きる
ちょいと川へ

外部リンク

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
ウィンタースポーツ

画像一覧