2015年4月26日 立山

近っ!
c0116856_18515815.jpg




富山に引越して行かねばならないところ・・・・。そう、立山だ。
ようやく天候が安定してきたようだ。この週末も土日とも晴れの予報。ただ、天気図的には日曜日が吉であったので、土曜日は諸々の用事を済ませ、日曜日の立山へ臨んだ。

出発地点となる立山駅は、我が家からわずか30km。先週までの片道120kmとは大違いでメチャクチャ近っ!。しかし、朝一のチケットを買うために並ぶ必要があるので、出発時間はいつもと変わらなかった。
午前5時に立山駅に到着。GW始まりのせいだろうか、駐車場(駅前)は8割ほど埋まっていた。チケット売り場に行くと5:20発売開始とのことでトイレを済ませてから並んだ。今日はケーブルカーの始発が6時。並んだ甲斐もあり、早速6時便をゲットした。
c0116856_18522967.jpg


美女平でバスに乗り換える。次の時間は7時となっているが、こんなの関係ない。連休中は臨時便がじゃんじゃん出ているので、時刻表なんてなくても大丈夫だ。実際乗ったのは6:20だった(それでも2便目)。
c0116856_18524515.jpg


バスに揺られること50分(途中、称名滝の見えるところでバスを停めてくれる)で室堂ターミナルに到着。ターミナルに入ると入山届け提出のお願いが連呼されていた。事前に用意していたので係りに渡す。今日のコースは、一ノ越⇔御山谷→雄山→山崎カールである。
c0116856_18525658.jpg


ターミナルから出ると半年振りに素晴らしい景色に出逢えた。雲ひとつない快晴。まさにThe Dayである。大日岳、奥大日岳もいい姿を見せてくれた。
c0116856_18531548.jpg


さて、まず向かうは一ノ越。後で登る予定の雄山を正面に見ながら登っていく。右には浄土山も控えている。
c0116856_1853284.jpg


左を見ると雷鳥沢方面。今日も多くのテントが張られていた。
c0116856_18533972.jpg


室堂から1時間ほどで一ノ越山荘に到着。始めはシールで歩いていたが、まだ朝早いこともあり途中から板を担いでアイゼン登行にした。これが楽チンだった。
c0116856_18535063.jpg


昨年もそうだが、ここからの景色が素晴らしい。今日は空気も澄んでいて遠くは南アルプス、富士山、八ヶ岳も望める。もちろん、槍の穂もハッキリと見えた。
c0116856_18535884.jpg


さあ本日の1本目は「御山谷」!以前から滑りたかった斜面。でも滑りすぎは要注意。黒部湖まで行くわけではないので、登り返しが必要。少々固めのバーンで、途中からは縦溝が酷かった。それでも標高差で250mほど落として登り返した。
c0116856_1854414.jpg


再び一ノ越で一息ついて、いよいよ雄山への登り。登山道上に雪がないのでアイゼンは不要。
c0116856_18541020.jpg


振返れば奥大日の稜線から奥は日本海。下には室堂平が拡がる。右に雷鳥荘も見える。しかし雷鳥荘周辺だけ雪が黄色い。これは火山性ガスの影響か?最近、活動が活発になっていると言う話もあり、今後が心配である。
c0116856_18541717.jpg


雄山の一等三角点に到着。標高2991.6mらしい
c0116856_18542344.jpg


これがしたかった!雄山でプシュー!
c0116856_18543183.jpg


雄山山頂、標高3003mからの稜線。そして奥に剣岳!
c0116856_18543742.jpg


雄山の頂上ではずいぶんとゆっくりしてしまった。だが先がある。山崎カールへ向かうが、ここからの道がなかなか厄介。稜線上には一見雪がないように思えたが、ところどころ日陰の見えないところに面倒な斜面があったりする。結局すぐにアイゼンを履きなおして進む。しかし、ここが一番怖かった(自分は下りだったので)。
c0116856_18544430.jpg


ようやく山崎カールに到着。ちょっと行き過ぎてしまったが、雪の状態を見て先へ進んだ。
ところがここでトラブル発生!なんと金具が破損したのだ。テレマークの金具の後のブーツに引っ掛ける部分(プラスチック製)が割れてしまいロックできなくなってしまった。ちょうど滑ろうと準備していたところだった。
ここも斜度35度は超えている急斜面で立ち往生もできない。結局板を脱いで担ぎ、アイゼン&ピッケルで山崎カールを歩いて降りることとなった。山崎カールを歩いて降りる人はいないと思うが、実は稜線に戻るのも大変な場所まで降りていたこともある。幸い雪の状態が良かったので無事にクリアし、再び一ノ越方面へトラバースすることができた。傍から見れば板背負って何で歩いて下りてくるのは不思議だっただろう。
c0116856_18545060.jpg


板の故障がなければ時間も早かったので、どこかもう一本滑るつもりだったがそれも叶わない・・・・。止む無く室堂ターミナルに戻った。するとスゴイ人混み。写真の大半は中国もしくは台湾からの団体ツアー客である。日本人は一番右にフツーの改札口があるので大丈夫
c0116856_18545610.jpg


立山だから、「雪の大谷」見物でもしようかと思ったが、行きのバスで見ててターミナルからかなり歩くことを知っていた。普通の靴ならまだしも、テレ靴で歩くのは嫌なのでバスからの見物で済ませてしまった。
c0116856_1855321.jpg


バスは順調に進み、美女平に到着。すると係員が乗り込んできて、ケーブルカーは1時間待ちとのこと。一瞬えっ!と思ったが、さすがGW。バスをそのまま立山駅まで運行するという。20分ほど掛かるが(ケーブルカーは7分)乗り換える必要もない。おかげで楽させて貰い無事に立山駅に到着した。

引越し1ヶ月にしてようやく立山に行くことができた。毎年11月には初滑りで行っているが、GWは初めて。まだ連休始めのせいか、思ったより混雑はなかった。それにしても雪が少ないようだ。聞いた話では1ヶ月近く早いのではと。それでもさすが立山。普通に滑る分には何の問題もない。
家からもわずかで来れるので(アルペンルートが高いのがネックだが)、また遊びに来よう!
[PR]
by sharizaka | 2015-04-26 19:33 | 富山県の山 | Comments(4)
Commented by デンキ at 2015-04-28 19:11 x
ビンディングの破損は残念でしたね。
オイラも稲倉でビス抜けをやったことが有ります。
幸い駐車場の直ぐ近くでしたが。
そちらは雪の量はどうですか?鳥海山は少雪に最近の晴れ続きでどんどん消えて行きます。
明日は祓い川から東斜面に行きます。
今年は板納が早そうです。
Commented by sharizaka at 2015-04-28 19:32
デンキさん、ご無沙汰してます。
金具の破損は痛かったです。だってあの斜面滑れたんですから(笑)
こちらも雪少ないそうです。立山の稜線は真っ黒でしたから。
私も明日の晩から鳥海山に入りますが鉾立側の予定です。
またお会いできましたらよろしくお願いします。
Commented by madokau at 2015-04-29 09:37 x
こんにちは。せっかくの素晴らしいお天気だったのに、トラブルは残念でした。
でも近所だからまた行けばいいのですよね。
土曜日は鍋倉山、日曜日は焼山で雪山を満喫しました。改めて経験値の低さを自覚しましたが、めげずに鳥海山へも行きますよ〜
Commented by sharizaka at 2015-04-30 20:12 x
マルイさん。鍋倉山に焼山いいですね。
GWは東北に来られるのでしょうか?今年は異常なくらい雪がないです。天気はいいのですが、モチベーションが上がらないです(笑)。


山で心を洗ってます。


by sharizaka

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Now at the time

最新のコメント

krkdxさん、本当にあ..
by sharizaka at 20:21
そうです!ごめんなさい駅..
by Krkdx at 20:16
krkdxさん、コメント..
by sharizaka at 18:59
コメント失礼します。 ..
by Krkdx at 09:45
トラウトさん、お久しぶり..
by sharizaka at 19:21
こんにちは。 昨年八ヶ..
by トラウト at 21:44
先月いらしてたんですよね..
by sharizaka at 19:18
白山、お疲れ様でした! ..
by PALOMON at 20:33
この景色は自分の目で見る..
by sharizaka at 08:33
生で見る景色うらやましい..
by fck_mototyan at 06:53

カテゴリ

全体
八甲田山・岩木山
岩手山・八幡平山系
鳥海山
蔵王山系
月山山系
飯豊連峰
朝日連峰
船形連峰
栗駒山
焼石連峰
神室連山
吾妻山系
北関東・南会津
立山
亘理地塁
和賀山塊
仙台近郊
新潟県の山
長野県の山
富山県の山
岐阜県の山
石川県の山
山梨県の山
Telemark Ski
スキー場
講習会
山道具など
Mountain / Trail
その他
震災関連
未分類

お気に入りブログ

親方のチャリと祭りな話
漕ぐログ -川遊び犬so...
ソロで生きる
ちょいと川へ

外部リンク

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
ウィンタースポーツ

画像一覧