2015年5月1日 湯殿山

備えあってもダメだこりゃ・・・・
c0116856_18422130.jpg




今シーズン3度目の湯殿山。ホントは4回目なのだが、うち1回は車の故障で泣く泣く退散したからだ。

今年の月山界隈は雪が少ない上に、板がベトベトになるとの情報があった。しかしどの程度のものかは理解していなかった。そして今日は久しぶりにnaminokoさんとのツアー。1月・2月と姥ヶ岳や湯殿山のパウダーを一緒に楽しませて貰った。春になり予定も合ったので湯殿山へ三度出掛けることにした。

ネイチャーセンター近くの志津野営場駐車場で待合わせて一台置いて姥沢駐車場へ上がった。リフトは8時からで、ちょっと過ぎた頃に到着。駐車場からリフト乗り場への道で一汗掻かされる。
c0116856_2213438.jpg


リフトに乗ってビックリ。下に雪がないところがある。まだ5月初日なのに。
c0116856_22143641.jpg


リフト上駅からまずは姥ヶ岳へ上がる。
c0116856_2215160.jpg


姥ヶ岳山頂に到着。雪が少ないのが解る
c0116856_22152859.jpg


姥ヶ岳山頂からの月山方面。上の方は完全に雪が切れている。
c0116856_22401337.jpg


そして目指す湯殿山。手前の斜面に雪がない・・・・。ホントはここから直接装束場へ行きたいのだが。
c0116856_22165388.jpg


右手に品倉尾根。こちらも既に雪がない。
c0116856_22172227.jpg


姥ヶ岳からは已む無く、一旦金姥へ降りてから廻り込むしかない。
c0116856_2218554.jpg


装束場に着いて湯殿山の尾根を見上げる。さてどこから登ろうか・・・・。
c0116856_22183641.jpg


さて、実はここまでの滑走で板がこんな状態になっていた。あまりに滑らないのは実感していたが、ソールを見るとこの有様。塊の部分は、板のエッジでこそぎ落した汚れである。成分が良く解らないが、明らかに汚染物質が混じっているのは間違いないようだ。うわさでは黄砂に含まれる成分か、北朝鮮での山火事の成分とも言われるが・・・・。これでは滑るはずもない。
c0116856_22194979.jpg


湯殿山へはちょっと右側の藪漕ぎをして上がることにした。
c0116856_2221157.jpg


シール貼るのも面倒なのでそのまま担いで上がる。
c0116856_2222858.jpg


湯殿山山頂から月山。あらためて雪がないのが解る
c0116856_22223758.jpg


そして朝日連峰。
c0116856_2223543.jpg


我々が到着してまもなく地元のボーダーが東面へ滑り込んで行った。
c0116856_22234763.jpg


今日は東面を滑って、南面を登り返してもう1本滑ろうと考えていたが、先ほどの板の汚れを考えると、この東面1本でいいだろうということになった。まだ時間も早いので山頂で軽くコーヒーブレイク代わりに、ノンアルコールビールで乾杯!

さて、行こう!東面のどのラインを取るか。実はnaminokoさんは2月のパウダーシーズンに滑りたかったラインがあった(その時は自分も行っている)。深雪時は雪崩れの危険もあったため、1本右のラインを滑った。今日は大丈夫だ。少々縦溝が入っているが、naminokoさんがドロップイン!
c0116856_22265453.jpg

c0116856_222722100.jpg


後はネイチャーセンターまで石跳川沿いを滑っていくのだが、これが大変。ちょっと滑っただけでソールがベトベトに・・・・。途中、リムーバーで剥がすもすぐにくっ付くので、全く滑らずほとんど歩く羽目に。スキーだからいいものの、ボーダーの人は途方に暮れていたようだ。

川はところどころ口を開けている。
c0116856_22283724.jpg


川沿いの施設(橋など)の工事が入っており、川沿いに重機が入るよう道が出来ていた。
c0116856_22284472.jpg


滑らないながらも何とかネイチャーセンターに到着した。
c0116856_2228538.jpg


今日は今までに経験したことのない雪に苦しめられた。東面は幸いべた付かなかったで滑りは良かったが、他の斜面は悉くダメだった。話に聞いていたのでリムーバー持参で行ったものの、それを上回る強力な粘着物質であった。これは明らかに環境問題だと思うのだが・・・・。今シーズンの月山・湯殿山界隈はあっという間にシーズンが終わってしまいそうだ。
[PR]
by sharizaka | 2015-05-05 17:27 | 月山山系 | Comments(0)


山で心を洗ってます。


by sharizaka

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Now at the time

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新のコメント

今年のGWはちょこっとだ..
by sharizaka at 18:52
帰って来るんですね! ..
by PALOMON at 20:04
PALOMONさん、ご無..
by sharizaka at 20:22
立山、絶景ですね! 滑..
by PALOMON at 08:28
みいさん、お久し振りです..
by sharizaka at 21:43
fwixさん、日曜日はお..
by sharizaka at 21:40
私もビックラポン!! ..
by みい at 10:16
お疲れさまでした。 帰..
by fwix at 07:30
スイマセン、お声掛けでき..
by sharizaka at 19:15
合流できず残念だったなー..
by fck_mototyan at 09:59

カテゴリ

全体
八甲田山・岩木山
岩手山・八幡平山系
鳥海山
蔵王山系
月山山系
飯豊連峰
朝日連峰
船形連峰
栗駒山
焼石連峰
神室連山
吾妻山系
北関東・南会津
立山
亘理地塁
和賀山塊
仙台近郊
新潟県の山
長野県の山
富山県の山
岐阜県の山
石川県の山
山梨県の山
Telemark Ski
スキー場
講習会
山道具など
Mountain / Trail
その他
震災関連
未分類

お気に入りブログ

親方のチャリと祭りな話
漕ぐログ -川遊び犬so...
ソロで生きる
ちょいと川へ

外部リンク

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
ウィンタースポーツ

画像一覧