2015年7月11日 後立山連峰(1日目:扇沢~鹿島槍ヶ岳~八峰キレット)

充実の縦走!!
c0116856_18545143.jpg




梅雨の中休み、珍しくも土日に晴れマークが付いたこの週末に山に行かなくていつ行くのだ。
という訳で、週半ばから行き先を思案。以前から計画していた縦走を実行に移すことにした。そのためにも金曜日は急遽半休を取って、扇沢へ前乗りした。

11日(土)は4時起床。昨晩は無料駐車場もガラガラだったが、朝起きてみるとそれなりに増えている。みな天気予報を見て来たのであろう。朝食とトイレを済ませ5時20分、扇沢駐車場から5分程降りたところにある、爺ヶ岳登山口より出発。まずは種池山荘を目指す。
c0116856_2144492.jpg


朝日が針の木岳を照らす。眼下には扇沢の駐車場が見える。
c0116856_215293.jpg


この道は「柏原新道」という。柏原さんが整備してくれたとても歩きやすい山道である。この時期でも雪渓が残っていた。
c0116856_216112.jpg


最初のポイント、種池山荘に到着。立派な山小屋である。ここまで休憩なしで歩くことができたのも、道がしっかり整備されていたからだろう。
c0116856_2163283.jpg


針の木岳方面の景色
c0116856_2172838.jpg


正面に見える爺ヶ岳南峰は種池山荘から近い。
c0116856_217501.jpg


そして遠くには薄っすらと富士山や南アルプスの山並み確認できた。
c0116856_2181651.jpg


さて、ここからは稜線歩きである。振り返ると種池山荘が小さく見えた。
c0116856_218528.jpg


間もなく爺ヶ岳南峰に到着。
c0116856_2192357.jpg


そして隣にある爺ヶ岳中峰。巻き道があるので敢えて登らない方もいるようだが、自分はせっかくなのでここも含めて全てのピークを踏んでいくことにした。爺ヶ岳には北峰もあるようだが、道がなかった。
c0116856_21102022.jpg


次は今日のメイン、鹿島槍ヶ岳が目の前に聳える。ここも南峰と北峰がある双耳峰である。その手前には、冷池山荘が見える。
c0116856_21111614.jpg


冷池山荘に到着。鹿島槍ヶ岳への登りに備えて、ひとまず休憩。
c0116856_2112567.jpg


実は後で宿で一緒なった方々も異口同音に言っていたのが、この先の布引山への登りが辛いのだ。鹿島槍ヶ岳の手前にちょこんとした山の登りが、キツイ訳ではないのに気持ち的にやられる登りなのだ。冷池山荘先から再び雪道が出てきた。
c0116856_21143237.jpg


その嫌らしい登りをクリアして、布引山に到着。これを鹿島槍ヶ岳の南峰と勘違いする人もいるらしい(笑)。
c0116856_21154764.jpg


ホントの鹿島槍ヶ岳への最後の登りがこれ。
c0116856_21161624.jpg


鹿島槍ヶ岳山頂に到着!山頂からの景色は素晴らしかった。
c0116856_21165443.jpg
c0116856_2117988.jpg
c0116856_21173143.jpg


明日のメインである、五竜岳が威厳を持って目の前に聳えている。だがその前に今宵の宿が待っている。
c0116856_21174120.jpg


鹿島槍ヶ岳は双耳峰である。続いて、北峰を目指すが、実は南峰からの下りがいきなりの絶壁。足場は確保できるが、覚束ない登山者も結構いた。コル(吊尾根分岐)からわずかで北峰に到着。山頂は狭いので長居はしない。
c0116856_21184967.jpg


北峰を終えると、いよいよ八峰キレットへ続く道へと入る。多くの人はここで引き返す。やはりここから先は覚悟を決めた者?のみが足を踏み込み場所のようだ。そして急激な下りが続く。この高度感が恐怖とワクワク感を醸成する。
c0116856_21202471.jpg


そしてここが「八峰キレット」の入口でる。この先、狭い梯子や幾つもの鎖場をクリアしていかねばならない。
c0116856_21211444.jpg
c0116856_21212536.jpg


途中、足場のない場所(鎖があるので大丈夫だが)などを一つ一つクリアしていくと、真下にキレット小屋が見えた。ここまで来ればすぐだが、ここで気を抜いてはいけない。
c0116856_21214455.jpg


13:10 八峰キレット小屋に無事到着した。ホッとした瞬間であり、何ものにも替え難い達成感を感じた。
c0116856_21215667.jpg


到着したら、まずはこれでしょ!小屋前からの景色を肴に乾杯!は最高というしかない。
c0116856_21224478.jpg


目の前には剱岳。
c0116856_21231513.jpg


その後、続々と登山者が到着。見知らぬ者同士、ここに辿り着いた満足感を共有しながら、夕食までの時間を過ごした。夕食までまだ3時間もあると言うのに、山談義は尽きない。これが山登りの楽しみの一つである。話を聞いていると、ここへ来る者はみな兵揃いだということが解った。

17時になると、まだ外は明るいが夕食である。今宵のメニューは豪華ハンバーグ定食!ボリューム満点、味噌汁も具沢山で満腹になった。こんな場所で、これだけの食事ができるというのはホントに素晴らしい。
c0116856_21245463.jpg


夕食後は本を読んだり、酒を飲んだりと、ゆっくりした時間をそれぞれ過ごした。そして日没が近づくと皆小屋前に出てきて日暮れを待った。今日の夕陽は毛勝三山に沈んでいった。
c0116856_21261130.jpg


さあ、後は明日の鋭気を養うべく早めの就寝だ。しかし、明日は八峰キレットよりも緊張を強いられると噂の、五竜岳への道が待っている。どんな一日になるだろうか。

【参考タイム】
爺ヶ岳登山口5:20---7:20種池山荘7:48---8:18爺ヶ岳南峰---8:23爺ヶ岳中峰---9:10冷池山荘
冷池山荘9:28---11:00鹿島槍ヶ岳南峰11:40---12:08北峰---13:10八峰キレット小屋(7時間50分)

【注】このルートは、扇沢~鹿島槍ヶ岳南峰までは通常の登山道ですが、それ以降は険しい岩場や急激なアップダウンが延々と続く道となります。万人が歩き切れるものではありません。ヘルメット、グローブは必須となります。ご注意ください。
[PR]
by sharizaka | 2015-07-12 18:55 | 長野県の山 | Comments(4)
Commented at 2015-07-14 12:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sharizaka at 2015-07-14 20:24
sakuさん、こんばんは。
ホントにブログ見つけてくれましたね。ありがとうございます。
キレット小屋は楽しかったですね。また行ってみたい気持ちはありますが、あの道をもう一度歩くのはちょっと(笑)。
ぜひまた山でお会いしましょう。
Commented by saku at 2015-07-16 14:09 x
やはり、正解でしたか!よかった~

キレット小屋楽しかったですね♪
景色も、夕日も最高でしたし、小屋にたどりついた後に飲んだエビスが最高でした。

翌日のレポも楽しみにしています。
キレット小屋~五竜~唐松の縦走、本当に最高でしたね!

またどこかの山でお会いできるといいですね!!
ブログもちょいちょいのぞかせていただきますね~
Commented by sharizaka at 2015-07-18 09:53
>sakuさん
そうですね、あのエビスビールは最高でしたね!
2日目の記録もアップしましたのでご覧ください。


山で心を洗ってます。


by sharizaka

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Now at the time

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新のコメント

やっとー、会えましたね!..
by sharizaka at 07:37
本当に、やっとーやっとー..
by みい at 10:09
5日に鳥海山だったんです..
by sharizaka at 20:25
こんばんは~、鳥海山遠征..
by PALOMON at 19:45
今年のGWはちょこっとだ..
by sharizaka at 18:52
帰って来るんですね! ..
by PALOMON at 20:04
PALOMONさん、ご無..
by sharizaka at 20:22
立山、絶景ですね! 滑..
by PALOMON at 08:28
みいさん、お久し振りです..
by sharizaka at 21:43
fwixさん、日曜日はお..
by sharizaka at 21:40

カテゴリ

全体
八甲田山・岩木山
岩手山・八幡平山系
鳥海山
蔵王山系
月山山系
飯豊連峰
朝日連峰
船形連峰
栗駒山
焼石連峰
神室連山
吾妻山系
北関東・南会津
立山
亘理地塁
和賀山塊
仙台近郊
新潟県の山
長野県の山
富山県の山
岐阜県の山
石川県の山
山梨県の山
Telemark Ski
スキー場
講習会
山道具など
Mountain / Trail
その他
震災関連
未分類

お気に入りブログ

親方のチャリと祭りな話
漕ぐログ -川遊び犬so...
ソロで生きる
ちょいと川へ

外部リンク

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
ウィンタースポーツ

画像一覧