2015年8月13日 雲ノ平周回(2日目:雲ノ平~水晶岳~鷲羽岳~黒部五郎小屋)

雨ニモマケズ風ニモマケズ
c0116856_164407.jpg




前夜10時過ぎ、テントに雨が当たる音が聞こえた。予報では午後から雨が降るかもしれないとのことだったが、かなり早くに雨が降り始めてしまった。夜中に何度が目が覚め、2日目の行程をどうするかかなり迷った。

午前4時過ぎ、空が徐々に明るくなる頃、廻りではテントを畳む音が聞こえ始めた。しかしこの時点でも雨は降っている。取り敢えず朝ごはんを食べて様子を見ることにした。そして5時前、雨が一旦上がった。テントを畳むならこのタイミングしかない!外へ出てテントを一気に撤収することができた。
c0116856_1915447.jpg


さて、後は合羽を着て行けるところまで進もう。ただ、心の中ではこの悪天候で水晶岳に行っていいのかが心配だった(水晶岳は進路から離れているため)。

5:18 まずはテント場を後に、目の前に聳える祖父岳(じいだけ)を目指す。祖父岳へは昔、テン場から直登ルートがあったらしいが、現在は植生保護のため廃道となっている。そのため、グルっと迂回しなければいけないのだ(これが結構面倒)。
c0116856_1916246.jpg


雨は本降りになり、始めからこの先が思いやられる登山となった。この下にテン場が見えている。直登できればこんなに迂回しなくて済むのに・・・・。雨ニモマケズ、このまま進もう。
c0116856_19164345.jpg


祖父岳手前の分岐。直進すると三俣山荘へのショートカットコースとなる。自分は左へ登って行く。
c0116856_19175054.jpg


この日は良く雷鳥を見かけた。それだけ天気が悪い証拠だ。
c0116856_19181941.jpg


岩場を登り終えるとケルン群がある。この先が祖父岳である。ここまでの登りがこの日一番辛かったように思う。
c0116856_19191090.jpg


祖父岳からは、岩苔乗越へ降りていく。ここが岩苔乗越。真っ白で何も解らない・・・・。
c0116856_1920059.jpg


そして、ワリモ北分岐に到着。水晶岳へ行くのにここにザックをデポする予定だったが、この天候では心配なので、水晶小屋まで担いでいくことにした。
c0116856_1921857.jpg


雨と風は我慢できる程度だったので、水晶小屋まで来てみた。水晶小屋は小さな小屋で水場もない。昨夜はかなり混雑していたようで、2人で布団1枚だったらしい。
c0116856_19215599.jpg


水晶小屋にザックをデポさせてもらい、空身で水晶岳を目指す。途中にはこんな梯子もあった。稜線は風が少々強かった。風ニモマケズ・・・・。
c0116856_19231340.jpg


7:56 水晶岳山頂に到着。実はここ、富山市。なんだ自宅と同じ市内じゃないか!それにしても遠い・・・・。
c0116856_1924911.jpg


この天候では山頂で長居はできないので、さっさと水晶小屋へ降りた。ザックを回収し鷲羽岳へと向かう。ワリモ北分岐を通り過ぎ、ワリモ(割物)岳を通過。
c0116856_1927784.jpg


一旦下った後、鷲羽岳へ登り返すこと約15で山頂に到着!何も見えな~い!
c0116856_19274419.jpg


写真を撮ったら、とっとと下山。三俣山荘を目指す。この下りが意外と長かった。
c0116856_19282619.jpg


10:26 鷲羽岳から約40分で三俣山荘に到着。まずはここで大休憩である。2階にある展望喫茶でカルピスをいただいた(400円)。
c0116856_1929060.jpg


まだ時間が早いので予定通り黒部五郎小屋へ向かうことにした。ルートは二つある。三俣蓮華岳山頂を経由するコースと、巻道である。三俣蓮華岳には先週登っているので、今回は巻道を選択(これは良くなかった)。
c0116856_19323733.jpg


歩き始めるといきなり細い沢を登らされる。そしてその先には結構大きな雪渓が現れた。晴れていれば何の問題もない雪渓だが、ガスで先が見えない。真っ直ぐ登っていくと右手に黄色いマークが現れ一安心。
c0116856_19324942.jpg


この後も歩きにくい道が延々と続き、登りあり下りありで巻道とはとても言えない道だった。山頂経由と再び合流した後は、黒部五郎小舎へ向かっての激下り!沢状の登山道を一気に下った(これは登りたくない)。
12:36 ようやく黒部五郎小舎に到着。本日の予定を完了することができた!
c0116856_1936379.jpg


それにしても久し振りに(乗鞍岳以来)、悪天候の中の山歩きだった。合羽は当然びしょ濡れ。体も汗と雨でビショビショ。テン泊なんて頭にはなく、小屋泊まりを決定し受付をした。乾燥室で衣類を乾かし、着替えをしてやっとホッとすることができた。
天気予報では明日も雨の可能性が高い。予定では明日、黒部五郎岳を登って折立まで行く予定だが、景色が見れないのなら、もう一泊して土曜日の晴れ予報に掛けようと思っていた。
小屋はそれほど混雑せず、布団一枚を確保できたのが良かった。何はともあれ眠りについて明日の朝の天候で予定を決めよう。

【参考タイム】
雲ノ平テント場5:18→6:11祖父岳→6:44岩苔乗越→6:56ワリモ北分岐→7:26水晶小屋(2時間8分)
水晶小屋7:26→7:56水晶岳山頂(30分)7:59→8:21水晶小屋(22分)
水晶小屋8:40→9:00ワリモ北分岐→9:44鷲羽岳(1時間4分)
鷲羽岳9:50→10:26三俣山荘(36分)
三俣山荘10:57→11:48三俣蓮華岳分岐→12:35黒部五郎小屋(2時間45分) Total:7時間17分
[PR]
by sharizaka | 2015-08-15 16:44 | 富山県の山 | Comments(0)


山で心を洗ってます。


by sharizaka

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Now at the time

最新のコメント

krkdxさん、本当にあ..
by sharizaka at 20:21
そうです!ごめんなさい駅..
by Krkdx at 20:16
krkdxさん、コメント..
by sharizaka at 18:59
コメント失礼します。 ..
by Krkdx at 09:45
トラウトさん、お久しぶり..
by sharizaka at 19:21
こんにちは。 昨年八ヶ..
by トラウト at 21:44
先月いらしてたんですよね..
by sharizaka at 19:18
白山、お疲れ様でした! ..
by PALOMON at 20:33
この景色は自分の目で見る..
by sharizaka at 08:33
生で見る景色うらやましい..
by fck_mototyan at 06:53

カテゴリ

全体
八甲田山・岩木山
岩手山・八幡平山系
鳥海山
蔵王山系
月山山系
飯豊連峰
朝日連峰
船形連峰
栗駒山
焼石連峰
神室連山
吾妻山系
北関東・南会津
立山
亘理地塁
和賀山塊
仙台近郊
新潟県の山
長野県の山
富山県の山
岐阜県の山
石川県の山
山梨県の山
Telemark Ski
スキー場
講習会
山道具など
Mountain / Trail
その他
震災関連
未分類

お気に入りブログ

親方のチャリと祭りな話
漕ぐログ -川遊び犬so...
ソロで生きる
ちょいと川へ

外部リンク

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
ウィンタースポーツ

画像一覧