2015年9月12日 劔岳(早月尾根)

単純標高差2,200mの誘惑・・・・。
c0116856_8143790.jpg




「試練と憧れ」で有名な劔岳・早月尾根。
登山口の馬場島(ばんばじま)の標高は760m。そして山頂は2,999m。その標高差約2,200mは日本屈指のルートであることは間違いない。

この日は山仲間4人での日帰り登山。早月尾根日帰りはネットで見ると多くの人がやっているようだが、簡単でないことは解っている。今回はソロではない。3人の山仲間が一緒なのでとても心強い。

朝5時出発のため、少々早めに馬場島登山口に到着。白山で一緒だったTZさんは前乗りしていた。そして
今回は地元のSKさんと、東京から参戦のUNさんも5時前に到着し全員が揃った。しかしこの3人只者ではないのだ・・・・・。

5時に馬場島登山口から出発。ここでの標高は760m。目指す2,999mは遥か上である。
c0116856_19245754.jpg


30分ほど登ると標高1,000mの松尾平。ここで夜が明けてきた。
c0116856_192664.jpg


左に毛勝三山の猫又山が見えてきた。この奥に釜谷山。ここからの劔岳の展望は一級品らしい。
c0116856_19305995.jpg


道端にミヤマダイモンジソウ。名前の通り「大」の字の花だ。
c0116856_19313182.jpg


早月尾根は標高200m毎にこのようなプレートがある。しかし、このプレートの数字はあくまで目安。結構ズレている場合もあるので気をつけよう。
c0116856_19332510.jpg


右手に大日岳の稜線が見えてきた。大日小屋も稜線の上に見えている
c0116856_1935182.jpg


馬場島から3時間で標高2,200mにある早月小屋に到着。泊り客は既に出発していたので静かなものだ。
c0116856_19404351.jpg


毛勝三山の全貌が見えてきた。猫又山、釜谷山、その奥に毛勝山。
c0116856_1943164.jpg


ここまではウォーミングアップ。「憧れ」は終わって、劔岳の本番「試練」はこれからだ。
c0116856_19453072.jpg


この先からは、ロープや鎖がいくつも出てくる。
c0116856_19471436.jpg


早月小屋が眼下に見える。なかなかの高度感。富山平野、富山湾、能登半島まで見渡せる。
c0116856_19513739.jpg


標高2,600mを超えると本格的な岩場が現れてくる。
c0116856_19532623.jpg


途中でSKさんが先に行ってカメラを構える。
c0116856_20173346.jpg


左に、後立山連峰の杓子岳・白馬岳が見えてきた。
c0116856_2019424.jpg


さて、ここから本格的な岩場である。
c0116856_20423848.jpg
c0116856_20425578.jpg
c0116856_2043675.jpg
c0116856_20432060.jpg


この標識を過ぎたら山頂は目の前だ。
c0116856_20433185.jpg


11:40 無事に標高2,999m劔岳山頂に到着!
c0116856_20434971.jpg


山頂からは360度の絶景が拡がる。東に双耳峰の鹿島槍ヶ岳。その左には五竜岳。
c0116856_20443290.jpg


西に立山連峰と奥には薬師岳・黒部五郎岳・笠ヶ岳も見えている。
c0116856_2045143.jpg


山頂は少し風が強かったが、展望は最高。ランチタイム&撮影タイムを楽しんだら下山だ。また同じ道を下らねばならない。白山も見えているが、足元を確認しながら安全に降りよう。
c0116856_20462183.jpg


劔岳山頂からの下りは要注意だ。よく劔沢の方へ下りてしまう人がいるらしい。標識、看板がちゃんとあるので確認して進むことだ(視界不良の時は解りにくいだろう)。
c0116856_20474146.jpg


遥か下に早月小屋が見えている。
c0116856_20475611.jpg


こんなトラバースがある。すれ違いができないので向こうから人が来ていないか確認し、一人ずつ進もう。
c0116856_20483013.jpg


劔岳山頂を振り返る。
c0116856_20485517.jpg


この高度感は素晴らしいが、先はまだ長い。
c0116856_20494324.jpg


午後になって、少し雲がわいてきた。
c0116856_2049551.jpg


チングルマと劔岳
c0116856_20501112.jpg


早月小屋に到着。テントは20張ほどに増えていた。ここで大休止。コーラ(500円)を一気に飲んで鋭気を養う。ここからは「憧れ」エリアのはずだったが、予想外のことが・・・・(笑)。
c0116856_2050223.jpg


丸山から早月小屋と劔岳。
c0116856_20531245.jpg


早月小屋を出発後、少し下った標高1,600mから「早月劇場」が突如始まった。何とか4時半(山頂から4時間)に下山しよう,と企てたUNさん。なぜかみんな?同調し、ここから猛ダッシュ!!ダッシュしているので写真を取る暇はない。
とにかく走る走る・・・・。特に松尾平は平坦なために猛ダッシュ!あれ、こんなに長かったっけ?
時計の高度計と時間を睨めっこしながら、一気に下る。もうヘロヘロ・・・・。

16:35 無事馬場島登山口に到着した。この看板が道から見えた瞬間、ホントにホッとした。
c0116856_20533531.jpg


今回は素晴らしい山仲間に恵まれて、まさに「憧れ」だった劔岳、それも早月尾根を日帰りで行くことができた。充実感、達成感は言葉にならない。自分一人だったらできたであろうか・・・・。

下山後は温泉(湯神子温泉)に入って一日の汗を流した。そして打ち上げ!下山後に打上げをするのは初めて。富山市内の「夢八」で豪華宴会である(かなり高級な鮨屋だった)。馬場島であったMBさんも仲間に入って5人での宴会は閉店まで続いた・・・・。素晴らしい仲間たちに感謝の一日であった。
c0116856_2132351.jpg

[PR]
by sharizaka | 2015-09-13 08:15 | 富山県の山 | Comments(4)
Commented by PALOMON at 2015-09-15 21:47 x
こんばんは!
剱日帰りですか~、お疲れ様でした。
早月小屋にテント1泊でも疲れそうな私です...
対照的ですが、私は4日間かけて剱の裏側を歩いて来ようと思います。
天気が良ければいいですが...
Commented by sharizaka at 2015-09-16 20:07
剱岳日帰り良かったですよ~。PALOMONさんなら大丈夫ですよ。
シルバーウイークは裏剱ですか。いいですねぇ。天気は概ね良さそうですね。
楽しんできてください。
Commented by NON at 2015-09-30 22:40 x
信じられない人達だこと!
狭い日本そんなに急いで何処へ行く「早月尾根を日帰りで」ってか!!
私は右膝痛がるので、亀のような歩みのこの頃ですので
syariakaさんとご一緒の山は無理だわ><;

富山で駆け足登山できるステキなお友達ができてよかったですね^^
Commented by sharizaka at 2015-10-01 23:12
>NONさん
チームHAYATSUKI(仮称)の皆様は健脚で私も困りました(笑)。
ホントそんなに急いでどこさいぐの?って感じでしたけど、意外と楽でしたよ。東北ではこんなバカなことはしませんので、またお付き合い下さいませ。


山で心を洗ってます。


by sharizaka

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Now at the time

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新のコメント

やっとー、会えましたね!..
by sharizaka at 07:37
本当に、やっとーやっとー..
by みい at 10:09
5日に鳥海山だったんです..
by sharizaka at 20:25
こんばんは~、鳥海山遠征..
by PALOMON at 19:45
今年のGWはちょこっとだ..
by sharizaka at 18:52
帰って来るんですね! ..
by PALOMON at 20:04
PALOMONさん、ご無..
by sharizaka at 20:22
立山、絶景ですね! 滑..
by PALOMON at 08:28
みいさん、お久し振りです..
by sharizaka at 21:43
fwixさん、日曜日はお..
by sharizaka at 21:40

カテゴリ

全体
八甲田山・岩木山
岩手山・八幡平山系
鳥海山
蔵王山系
月山山系
飯豊連峰
朝日連峰
船形連峰
栗駒山
焼石連峰
神室連山
吾妻山系
北関東・南会津
立山
亘理地塁
和賀山塊
仙台近郊
新潟県の山
長野県の山
富山県の山
岐阜県の山
石川県の山
山梨県の山
Telemark Ski
スキー場
講習会
山道具など
Mountain / Trail
その他
震災関連
未分類

お気に入りブログ

親方のチャリと祭りな話
漕ぐログ -川遊び犬so...
ソロで生きる
ちょいと川へ

外部リンク

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
ウィンタースポーツ

画像一覧