2015年9月21日 槍ヶ岳(新穂高~飛騨沢~南岳新道)

行列のできる日本百名山!?。
c0116856_2131306.jpg




降雪前の山登りシーズンも終盤を迎えつつある。そろそろ槍・穂へ足を踏み込まないとチャンスがなくなってしまいそうである

前回は剱岳・早月尾根を日帰りをやることができ、日帰りルートのバリエーションが増えてきたと実感することができた。では、次なる山は、と考えたのが「槍ヶ岳」であった。ヤマレコ等で槍ヶ岳の日帰り記録を見ていたので、深夜発であれば行けるだろうと考え、実行に移すことにした。

しかし懸念があった。この日はシルバーウイーク真っ只中!新穂高の無料駐車場に車を停められるかが、一番の心配であった。念のため早めに家を出発し、19時半に深山荘に到着すると、なんとギリギリセーフで停めることができた。これで第一関門クリア!後で聞いた話だが、20時過ぎに満車となり、鍋平に停めることになった方が結構いたらしい。この日は代車の軽で狭いながらも車中泊で仮眠となった。

当日だが、2:45に新穂高指導センターを出発した。さすがにシルバーウイーク、この時間でも出発する人が結構いるものだ。ここからは、右俣へ向かう人と一緒に歩いていくことになった(心強い)。
c0116856_21323320.jpg


新穂高から1時間程で、白出沢の分岐に到着。ここで一緒だった方々は奥穂高へ向かうということで別れ、この先は一人寂しく暗闇の中を歩くこととなった。
c0116856_21335675.jpg


分岐のすぐ先に白出沢がある。立派な水場もあるので安心だ。
c0116856_21353838.jpg


白出沢を過ぎると本格的な山道となる。しかしこの時間は真っ暗なので写真なし・・・・。最初に出てくるのが、滝谷である。ここには避難小屋があり、開けてみると数人が宿泊していた。小屋の前にはこんな橋が掛かっており、対岸へ渡る(槍平小屋のライブカメラも設置されている)。
c0116856_21371579.jpg


実はこの先「チビ沢」に出会うのだが、暗闇のため対岸の登山道を見つけられずで迷ってしまい、沢を結構登ってしまった。ここで15分程タイムロスする。途中まで沢に入って明らかに違うと判断して元に戻ると、登山道が見つかりホッとした。ここから先は徐々に空が明るくなってくる。

新穂高から2時間半で槍平小屋に到着。すっかり夜は明けてヘッデンはザックに収めた。
c0116856_2140316.jpg


小屋奥のテン場には色採りどりのテントが並んでいた。ここでのテント泊は気持ちがいいだろう。ここにテントを張って槍ヶ岳日帰りする方もいるらしい。
c0116856_21405756.jpg


槍平小屋からは飛騨沢を目指して徐々に高度を上げていく。そして間もなく「最終水場」の標識。ここが槍ヶ岳へ向かう最後の水場となる。
c0116856_2142745.jpg


飛騨沢へ向かう道の木々の葉は徐々に色付き始めている。
c0116856_21424238.jpg


背後には笠ヶ岳から抜戸岳・大ノマ岳・弓折岳の山並みが間近に見える。
c0116856_21434084.jpg


そして飛騨沢の全容である。春先に滑ったら気持ち良さそうな広大な沢である。
c0116856_21442588.jpg


ここからの登りは結構長い。先が見えているのだがなかなか辿り着かないのは精神衛生上よろしくない(笑)。振返ると広大な飛騨沢が広がっている。
c0116856_21453953.jpg


新穂高から5時間で飛騨乗越に到着!長い長い登りを無事クリア。実はこれまでの道のりでは槍ヶ岳は見えず、飛騨乗越に着くと、ようやく槍ヶ岳を拝むことができるのだ。
c0116856_2147143.jpg


飛騨乗越からはすぐ上にあるテン場を通り抜けると、槍ヶ岳山荘に到着。ここに来るとスゴイ人混みだった。、まさに山の大都会である。
c0116856_2150717.jpg


一息ついて槍の穂を目指そうと思ったら、この有様!この方々、別に景色を楽しんでいるのではない。槍ヶ岳の山頂へ向かうために並んでいるのだ。噂で聞いていた「大渋滞」とはこのことだったのだ・・・・。
c0116856_21515431.jpg


8:05 自分もこの列に並ぶことにした。最初の1時間はほとんど動かなかった。暇なので前後の方と山談義をしながら時間を潰すことに。時には岩に座り込んでまったりと過ごす。上の方では梯子を登る人の姿も見えるが、遅々として進まない・・・・。

9:45 ようやく1つ目の梯子を上ることができた。ここまで1時間半を過ぎていた。
c0116856_2154894.jpg


10:10 徐々に登るペースが速くなってきて2つ目の梯子を登ると槍ヶ岳山頂に到着!ナント登りに2時間以上も要したのだ。恐るべし槍ヶ岳!まあこれもいい経験としよう(二度とこんなのは嫌だけど)。
c0116856_21583917.jpg


実は並んでいるうちに快晴の空にガスが掛かり始めてしまい、完璧な景色とは言えなくなってしまった。それでも東側には、東鎌尾根から西岳方面の稜線がキレイに見える。そして、すぐ下には小槍が。一人登っているのが見える。
c0116856_2263840.jpg
c0116856_227578.jpg


山頂では写真を撮ったら長居できないので、早々に降りる。下りはスイスイと進み、槍ヶ岳山荘に戻ってきたのは10:30だった。並び始めてから2時間半。どんなに美味しいお店でもここまで並ばないだろう・・・・(笑)。
降りて山荘へ行くとこの看板。すでにテント場は満席となっていた(元々スペースが少ないこともあるが)。
c0116856_22121449.jpg


結果的に昼食にちょうどよい時間になったので、槍ヶ岳山荘でお昼ご飯を食べることにした。ラーメンと迷ったが、やっぱりここはカレー。具沢山で美味しかった!
c0116856_22132659.jpg


お腹が満たされ帰路に就くことなるが、ピストンではつまらないので、このまま稜線を南岳まで歩き、南岳新道から槍平小屋へ下りるルートを歩くことにした。
c0116856_22145561.jpg


ここからは、大喰岳・中岳・南岳の3つのピークを踏んでいくことになる。左手には槍沢が見えている。
c0116856_22154572.jpg


山荘から15分程で最初のピーク、大喰岳(おおばみだけ)に到着。いいペースだ。
c0116856_22164068.jpg


大喰岳から次は中岳へ向かう。途中に梯子があったりで結構登る。
c0116856_22171892.jpg


先ほどからガスが取れず、特に飛騨側は何も見えなくなってしまった。晴れていれば素晴らしい稜線が見れるはずなのだが・・・・。
c0116856_22181183.jpg


長野側がかろうじて景色を確保できている。
c0116856_22185768.jpg


天狗原への分岐を過ぎて左手を見ると尾根を下っていく登山者が見えた。結構な傾斜に見える。
c0116856_22193680.jpg


槍ヶ岳山荘から1時間半ほどで南岳に到着。ガスで視界は良くなかった。
c0116856_2220912.jpg


展望が楽しめなかったので早々に小屋へ向かう。南岳小屋は山頂から10分程南下したところにある。こじんまりした小屋で一度泊まってみたいと思った。ここでは珍しくジンジャーエールを売っていたので1本購入。
陽が射さず、じっとしていると寒いくらいだ。
c0116856_2221681.jpg


13:00 日が暮れる前に帰るためにもそろそろ出発しよう。もう登りはなくなるが、この先の下りが衝撃的だった。はじめはこんな感じの沢を下っていく。道は左手の稜線へ続いている。
c0116856_22243159.jpg


右手には中岳の山肌。紅葉の頃はキレイなのだろう。
c0116856_2225875.jpg


徐々に傾斜がキツくなってくる。下から見るとこんな感じ。飯豊連峰の梶川尾根のようだ。
c0116856_22254760.jpg


この後も、急激な下りの樹林帯を延々と下りていく。最後は沢へ降りる。ここまで来れば、槍平小屋は近い。
c0116856_22262573.jpg


南岳小屋から1時間半強で槍平小屋に到着(かなりハイペース)。今までいろんな急坂を経験しているが、ここまで急な坂はあまりないと思う。
c0116856_22285767.jpg


あとは来た道を戻るだけだ。行きは暗くてよくわからなかったが、滝谷の橋がこれ。
c0116856_22294752.jpg


そして白出沢の渡渉点(と言っても水は流れていない)は、大きな石(岩)が重機を使って並べてあるので歩きやすい。
c0116856_2230182.jpg


白出沢からは林道歩きとなる。不定期に営業しているらしい、穂高平小屋。この日は静かだった。
c0116856_22305699.jpg


穂高平小屋を過ぎれば舗装路も出てくる。実はこの道のために、今回は登山靴ではなく、トレランシューズで歩くことにしたのだ。これは正解だった。
c0116856_2232179.jpg


暗くなる前に新穂高ゲートに無事戻ることができた。ここまで実は槍ヶ岳で山頂へ一緒に並んでいた方と、南岳小屋から一緒に歩いてきた。道中、話をしながらなので、時間を感じずに歩くことができたのが良かった。
c0116856_2233523.jpg


夕方5時半前には新穂高センターに無事到着。これで一つ大きな課題をクリアすることができ、達成感と満足感でいっぱいである。次はもう一つの課題である奥穂高岳へ、いつ挑戦するかである。

【参考コースタイム】
新穂高2:45---3:50白出沢---4:50滝谷---5:29槍平小屋(2時間44分※15分のルートロス含む)
槍平小屋5:41----6:41千丈乗越分岐---7:46飛騨乗越---7:56槍ヶ岳山荘(2時間15分)

槍ヶ岳の肩8:05---10:10槍ヶ岳山頂10:15---10:35槍ヶ岳の肩(往復2時間半!)

槍ヶ岳山荘11:00---11:18大喰岳---11:39中岳---12:23南岳---12:31南岳小屋(1時間31分)
南岳小屋12:58---14:36槍平小屋(1時間38分)
槍平小屋15:03---17:26新穂高(2時間23分)(Total:14時間41分)
[PR]
by sharizaka | 2015-09-21 21:32 | 長野県の山 | Comments(4)
Commented by NON at 2015-10-01 23:37 x
お疲れ様、歩いていてクシャミ出なかった?!
栗駒で噂してたのよ^^
槍の行列すごいね、シルバーウィーク、アルプスはどこも大賑わいだったらしいから、しかたないわね。
ある小屋では、ひとつの布団に三人とか4人とか聞きましたよ
あ~こんな混雑した小屋には泊まりたくないわ
11月なめこ取り山行ありますよ~ん
Commented by sharizaka at 2015-10-02 21:47
クシャミばかりしてましたよ(笑)。
栗駒山がいいって情報は歩きながら逐次入っておりました。
槍の行列はホント凄かったです。いい経験になりました。山荘は寝返りも打てない程の混雑だったそうですよ。
あ、なめこ取りっていつなんですかね?
Commented by デンキ at 2015-10-02 23:34 x
槍ヶ岳、お疲れ様でした。
やはり人気の山は7月の初めころが良いみたいですね。
自分は槍ヶ岳登頂待ち時間無しの20分。山頂には貸切居放題。山小屋はたったの12人でした。
山でも渋滞何て考えられない。でも槍ヶ岳山荘で、小屋前から並んでいる写真を見ました。

鳥海山も初雪が降りました。後二ケ月でシーズンインですね。
Commented by sharizaka at 2015-10-03 00:40
>デンキさん
こんばんは。槍ヶ岳待ち無しでしたか。羨ましいです。まあシルバーウイーク真っ只中ですから文句も言えませんけどね(笑)。小屋から並んでる写真あるんですね。私も似たり寄ったりの行列に並んじゃいました。
鳥海山も初冠雪のようですね。そろそろ冬支度しなきゃ。


山で心を洗ってます。


by sharizaka

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Now at the time

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新のコメント

今年のGWはちょこっとだ..
by sharizaka at 18:52
帰って来るんですね! ..
by PALOMON at 20:04
PALOMONさん、ご無..
by sharizaka at 20:22
立山、絶景ですね! 滑..
by PALOMON at 08:28
みいさん、お久し振りです..
by sharizaka at 21:43
fwixさん、日曜日はお..
by sharizaka at 21:40
私もビックラポン!! ..
by みい at 10:16
お疲れさまでした。 帰..
by fwix at 07:30
スイマセン、お声掛けでき..
by sharizaka at 19:15
合流できず残念だったなー..
by fck_mototyan at 09:59

カテゴリ

全体
八甲田山・岩木山
岩手山・八幡平山系
鳥海山
蔵王山系
月山山系
飯豊連峰
朝日連峰
船形連峰
栗駒山
焼石連峰
神室連山
吾妻山系
北関東・南会津
立山
亘理地塁
和賀山塊
仙台近郊
新潟県の山
長野県の山
富山県の山
岐阜県の山
石川県の山
山梨県の山
Telemark Ski
スキー場
講習会
山道具など
Mountain / Trail
その他
震災関連
未分類

お気に入りブログ

親方のチャリと祭りな話
漕ぐログ -川遊び犬so...
ソロで生きる
ちょいと川へ

外部リンク

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
ウィンタースポーツ

画像一覧