2015年9月27日 奥穂高岳・前穂高岳(新穂高~白出沢~岳沢~上高地)

結果的に紅葉狩り・・・・
c0116856_18504937.jpg




9月も最後の週となった。10月ともなれば高い山では雪が降ることも珍しくない。その前に行っておくべき山がまだ残っていた。それが、奥穂高岳である。穂高の峰々はどこも1泊しないと行けそうもないと思っていた。それでも先週は槍ヶ岳に日帰りで行けたことで、奥穂高も狙えると感じていた。

前夜に深山荘前の無料駐車場に入る。シルバーウイークが終わったこともあり、さすがに空いていた。相変わらずボロの軽自動車(代車)で仮眠を取った。

今シーズン、ここには何度来ただろうか。今日も出発は新穂高センターである。
c0116856_22574721.jpg


奥穂高岳へは、右俣へ向かう。この日は槍ヶ岳へ向かうという方と一緒に歩いた。白出沢で別れ右へと進む。
c0116856_2258088.jpg


白出沢から登山道となる。まずは重太郎橋が最初のポイントだ。実はここでトラブル?発生!ここで先行者を見つけてその人に気を取られたせいか、何でもないところで左足を登山道から踏み外し、2mほど滑落。今歩いていた登山道が何故か頭の上だった。幸い、草を掴んで事なきを得たが、一歩間違えれば(既に間違っているが)、崖下へ転落していた・・・・。やはり余所見は気をつけよう。
c0116856_2324662.jpg


そのすぐ先に、重太郎橋が掛かる。その上には長い梯子があり右岸へ上がる。
c0116856_2333759.jpg


梯子を登るとこのような細い崖についた道を沢に沿って上っていく。濡れていたら結構怖い。
c0116856_2365041.jpg


ここが鉱石沢。左岸へ渡る。
c0116856_238944.jpg


鉱石沢から20分ほどで荷継沢に着く。この辺りから紅葉が始まる。この先のルートが分かりにくい。左の沢には入り込まず、右の沢の右岸側に登山道が付いているので気をつけたい。
c0116856_23103120.jpg
c0116856_23111158.jpg


荷継沢からは紅葉を楽しみながら登る。
c0116856_23142491.jpg
c0116856_23143243.jpg


さあ、ここからは穂高岳山荘へ一気に登る。上に見えているのだが、かなり遠い。
c0116856_23181929.jpg
c0116856_23183664.jpg
c0116856_23184580.jpg


新穂高センターから4時間。穂高岳山荘に無事到着。
c0116856_23212879.jpg


穂高岳山荘から眼下に涸沢カールを一望する。紅葉が素晴らしい。
c0116856_816454.jpg


山荘前で一休みしたら、いよいよ奥穂高岳へ向かおう。すぐ北側には涸沢岳がある。ここにも登っておけばよかったかな・・・・。
c0116856_8175338.jpg


標高をあげると北奥に先週登った槍ヶ岳が見えてきた。手前は北穂だろうか。
c0116856_818414.jpg


あと少しで山頂のところで右手に見えるのが、あの「ジャンダルム」。いつかこの道を歩いてみたいが・・・・。
c0116856_819277.jpg


穂高岳山荘から30分ほどで、奥穂高岳山頂に無事到着!連休ではないので山頂は空いていた。ホッ。
c0116856_8201892.jpg


さて、帰ろうか・・・・と思ったがちょっと待てよ。まだ8時半にもなっていない。このまま新穂高へ戻るのももったいない。何かいい案はないかと考えてみた。閃いたのが、このまま先へ(ジャンダルムじゃない)進み、前穂高岳を登り、岳沢へ降りよう。そして今まで二の足を踏んでいた上高地へ足を向けてみることにした。車は新穂高に置いてあるので、上高地から平湯乗換えで新穂高へ取りには行ける。

と、決まればいざ出発。まずは吊尾根を歩いて紀美子平へ向かう。
c0116856_23451587.jpg
c0116856_23463911.jpg


吊尾根から見た涸沢カールの紅葉。素晴らしかった。
c0116856_23491560.jpg


そしてここに、ハクサンイチゲが咲いていた。この時期に咲いているのは二度咲きだろう。
c0116856_23502522.jpg


紀美子平に到着。ここでは多くの人が休憩していた。前穂高岳へはここにザックをデポして空身で登っていく。
c0116856_23513338.jpg


結構キツイ登りだが、前穂高岳山頂に到着した。
c0116856_23531917.jpg


前穂高岳から奥穂高岳を見る。左の稜線はジャンダルム。
c0116856_23543291.jpg


再び紀美子平へ戻り、岳沢へ向かう。ここから先は重太郎新道と呼ばれている急な坂道である。降りていきなりが、一番厳しいかもしれない。巨大な一枚岩で表面が平らで足場がない。右の鎖を掴みながら慎重に降りていく。
c0116856_23572513.jpg


南岳新道(先週歩いたばかり)を髣髴とさせる下りが続く。
c0116856_23595090.jpg


徐々に高度を下げていくと、岳沢紅葉ショーの始まりだ!
c0116856_045158.jpg
c0116856_05136.jpg
c0116856_051566.jpg
c0116856_052318.jpg


10時半過ぎに岳沢小屋に到着した。この日の宿泊予約は満室のようだった。
c0116856_072592.jpg


岳沢小屋でようやくゆっくりと休憩。ここからの紅葉は素晴らしかった。
c0116856_092180.jpg
c0116856_093079.jpg


11時ちょうどに岳沢小屋を出発し、上高地へと向かう。1時間程で上高地の登山口に到着した。ここからは一般の観光客に混じってバスターミナルを目指す。
c0116856_0122110.jpg


上高地はホントに観光地。よく旅行雑誌等で見かける風景の実物がこれだったのだ。
c0116856_0144674.jpg
c0116856_0145552.jpg


河童橋を渡って、400mほど歩くと上高地バスターミナルに到着。ここは各地へバスが出ている(一般車両は入れないので)。自分は新穂高へ戻るために、平湯温泉行きに並んだ。平湯バスターミナルまで片道1,160円。なお、終点はあかんだな駐車場である。この日も観光客は多く、積み残しが出るくらいバスは混雑していた。
c0116856_0181813.jpg


14時前に平湯バスターミナルに到着。新穂高行きのバスまで40分ほどあったので、ここでゆっくり休憩。14:40発新穂高行きバス(始発は高山)に乗り、車が置いてある「深山荘前」で下車(820円)。無事に車の回収ができ、奥穂高岳山行を締め括った。

北アルプスにある日本百名山は15座あると書いた。立山・剱岳・薬師岳・水晶岳・鷲羽岳・黒部五郎岳・白馬岳・五竜岳・鹿島槍ヶ岳・常念岳・槍ヶ岳・奥穂高岳・焼岳・乗鞍岳・笠ヶ岳。今日の奥穂高岳を以って、4月に富山に引越してちょうど6ヶ月で全て制覇することができた。別に日本百名山を狙っている訳ではないが、せっかく北アルプスが近いので、登る価値はあるだろう。雪が降る前に終えられてホッとしている。

今後はあくせくせず、ゆっくりと山歩きを楽しもうと思う。


【参考コースタイム】
新穂高3:22---4:31白出沢分岐---5:21重太郎橋---5:35鉱石沢---5:52荷継沢6:00---7:30穂高岳山荘(4時間8分)
穂高岳山荘7:47---8:12穂高岳山頂(25分)
穂高岳山頂8:27---9:15紀美子平9:25---9:44前穂高岳10:02---10:25紀美子平10:31---11:38岳沢小屋
岳沢小屋12:00----13:04上高地BT (Total 9時間42分)
[PR]
by sharizaka | 2015-09-27 18:51 | 長野県の山 | Comments(0)


山で心を洗ってます。


by sharizaka

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Now at the time

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新のコメント

やっとー、会えましたね!..
by sharizaka at 07:37
本当に、やっとーやっとー..
by みい at 10:09
5日に鳥海山だったんです..
by sharizaka at 20:25
こんばんは~、鳥海山遠征..
by PALOMON at 19:45
今年のGWはちょこっとだ..
by sharizaka at 18:52
帰って来るんですね! ..
by PALOMON at 20:04
PALOMONさん、ご無..
by sharizaka at 20:22
立山、絶景ですね! 滑..
by PALOMON at 08:28
みいさん、お久し振りです..
by sharizaka at 21:43
fwixさん、日曜日はお..
by sharizaka at 21:40

カテゴリ

全体
八甲田山・岩木山
岩手山・八幡平山系
鳥海山
蔵王山系
月山山系
飯豊連峰
朝日連峰
船形連峰
栗駒山
焼石連峰
神室連山
吾妻山系
北関東・南会津
立山
亘理地塁
和賀山塊
仙台近郊
新潟県の山
長野県の山
富山県の山
岐阜県の山
石川県の山
山梨県の山
Telemark Ski
スキー場
講習会
山道具など
Mountain / Trail
その他
震災関連
未分類

お気に入りブログ

親方のチャリと祭りな話
漕ぐログ -川遊び犬so...
ソロで生きる
ちょいと川へ

外部リンク

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
ウィンタースポーツ

画像一覧