2015年10月10日 立山(室堂~雄山~別山)

過去は振り返らない
c0116856_1841059.jpg




10月に入り、標高3,000m前後の北アルプスでも初雪の便りが聞こえるようになった。これからの山行は、天気予報を今まで以上に充分確認してからの入山が必要となろう。

さて、10月の3連休、車も無事納車され出掛けることができるようになった。今回はマルイさんが遠征してくるとのことで、1泊(大日小屋)で称名滝~奥大日岳~立山のルートを歩く予定にしていた。しかし、直前の予報で日曜日が大荒れ(積雪)になるとのことで、前日にルートを変更して立山三山(二山だったが)を日帰りでグルッと歩くことにした。

当日朝、羽田から飛行機で富山へやって来たマルイさんを迎えに富山空港へ。その足で立山駅へ向かった。折りしも3連休、駅前の無料駐車場は朝6時で満車だったらしく、かなり手前の臨時駐車場に停めることとなった(駅まで800m)。駅でチケットを買おうとすると、立山駅から室堂直行の臨時バスが出ているとのことで、9:40に立山駅を出発。ちょうど1時間で室堂に到着した。つまりこの時点で10:40である。

今日は稜線をグルッと一周する予定だが、実際どれくらい掛かるか把握できていなかった。そのため準備も早々に、11時に室堂を出発することとなった。
まずは一ノ越山荘を目指す。幸い天気は高曇りで稜線もハッキリ見えている
c0116856_6274231.jpg


30分ほどで一ノ越山荘に到着。ここからは北アルプスの山並みを一望できる。正面には裏銀座ルートや読売新道が見える。
c0116856_6301664.jpg
c0116856_6302650.jpg


続いて雄山へ。さすがに観光客が多い。
c0116856_6315846.jpg


30分ほどで雄山に到着。ここまではまさに観光地。風が強かったこともあり、手前の建物の影に多くの人が集まっていた。
c0116856_63315100.jpg


雄山から黒部湖方面を望む。眼下にはまだ大きな雪渓が残っていた。
c0116856_634362.jpg


雄山からは登山者も少なくなる。稜線は風が強く、少し停まるだけで寒かった。
c0116856_6374790.jpg


最近雪が降ったのか、雄山周辺にはこのように氷が張り付いいていた。これから3,000mクラスまで登るにはアイゼンは必携となるだろう。
c0116856_6384584.jpg


稜線から眼下に黒部湖。その先に船窪岳、針ノ木岳、蓮華岳が間近に見える。
c0116856_6412078.jpg


その左には、右から爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳、五竜岳の後立山連峰が聳える。ここは7月に歩いたルート。八峰キレット小屋に1泊し素晴らしい景色を楽しんだことを思い出す。
c0116856_643062.jpg


雄山からは間もなく大汝山に到着。立山の中では一番標高が高い場所。珍しく可愛らしい看板である。
c0116856_6442563.jpg


更に歩を進める。右手に見えてきたのが内蔵助カール。こちらにも雪が残っている。
c0116856_6474684.jpg


白馬鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳の白馬三山が見えてきた。来年は唐松岳から先、不帰ノ剱を通って白馬三山を歩くのも宿題の一つである。
c0116856_6493542.jpg


最後に別山への登り。既に午後1時を過ぎ、歩く人もまばら。ちょっと寂しささえ覚える。
c0116856_653413.jpg


別山に到着。ここに来てようやく剱岳の全容を見ることができる。圧倒的な存在感だ。時間は既に14時を過ぎている。今日の最終バスは17:05。地図のコースタイムを見ると急いで戻らないと間に合わない。少し焦りを感じていた。
c0116856_6561826.jpg


剱御前小屋の手前にはこのような看板があった。右の看板の通り、予報では明日明後日は大荒れになるらしい。そのためにも予定を変更してきたのだ。そして既に小屋閉めしているところもあるので気をつけたい。この3連休で大半の山小屋は春まで閉じることになる。
c0116856_724033.jpg


剱御前小屋からの雷鳥平の眺め。紅葉も終わり、冬の装いをする準備をしているようにも見える荒涼としたした山肌である。奥に見えるのは鍬崎山。
c0116856_74363.jpg


剱御前小屋から雷鳥沢を下る。沢に近いところは草紅葉がキレイだった。大日方面の景色。ここも来月には白い雪に覆われることになるだろう。
c0116856_774315.jpg
c0116856_782631.jpg


雷鳥平のテン場に到着。立山には雪のある時期にしか来たことがないので、このような感じになっているとは知らなかった。時間は15:12。これならゆっくり歩いてもバスには間に合うだろう。雷鳥沢は駆け足で降りたが、ここまで来れれば一安心である。
c0116856_711631.jpg


雷鳥荘前から下にテン場、そして今歩いてきた稜線を眺める。雷鳥荘には毎年11月にスキー合宿で宿泊している。来月も初滑りで来る予定。
c0116856_7123451.jpg


みくりが池から浄土山と雄山。
c0116856_714528.jpg


16時過ぎ、室堂に戻って来ることができた。最終バスには充分間に合った。
c0116856_717943.jpg


3連休ということでバスはかなり増便していて、時刻表は意味をなしていなかった。室堂に到着してすぐにバスに乗ることができ、暗くなる前に立山駅へ降りることができた。

せっかくの3連休、そしてマルイさんが遠征してきたこともあり、泊まりでガッツリ歩きたかったが、どの天気予報も明日は暴風、降雪の予報だったので、安全を考え行程短縮せざるを得なかった。日帰り、それも出発が11時という遅さにも関わらず、立山三山(今日は二山)を歩くことができて充実感はあったように思う。

その「立山三山」という呼び名だが、三山とは、浄土山・雄山・別山の3つを指す。それぞれが、「過去」、「現在」、「未来」を現しているらしい。今日は「過去」である浄土山には登らず、「現在」と「未来」を歩いてきた。
そんなわけで過去を振返らず、未来向かう山行であった・・・・。

【参考コースタイム】
室堂11:00 --- 11:32一ノ越山荘 --- 12:22雄山 --- 14:11別山 --- 14:35剱御前小屋
---15:12雷鳥平 --- 16:02室堂 (Total:5時間2分)
[PR]
by sharizaka | 2015-10-11 18:04 | 立山 | Comments(0)


山で心を洗ってます。


by sharizaka

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Now at the time

最新のコメント

krkdxさん、本当にあ..
by sharizaka at 20:21
そうです!ごめんなさい駅..
by Krkdx at 20:16
krkdxさん、コメント..
by sharizaka at 18:59
コメント失礼します。 ..
by Krkdx at 09:45
トラウトさん、お久しぶり..
by sharizaka at 19:21
こんにちは。 昨年八ヶ..
by トラウト at 21:44
先月いらしてたんですよね..
by sharizaka at 19:18
白山、お疲れ様でした! ..
by PALOMON at 20:33
この景色は自分の目で見る..
by sharizaka at 08:33
生で見る景色うらやましい..
by fck_mototyan at 06:53

カテゴリ

全体
八甲田山・岩木山
岩手山・八幡平山系
鳥海山
蔵王山系
月山山系
飯豊連峰
朝日連峰
船形連峰
栗駒山
焼石連峰
神室連山
吾妻山系
北関東・南会津
立山
亘理地塁
和賀山塊
仙台近郊
新潟県の山
長野県の山
富山県の山
岐阜県の山
石川県の山
山梨県の山
Telemark Ski
スキー場
講習会
山道具など
Mountain / Trail
その他
震災関連
未分類

お気に入りブログ

親方のチャリと祭りな話
漕ぐログ -川遊び犬so...
ソロで生きる
ちょいと川へ

外部リンク

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
ウィンタースポーツ

画像一覧