2016年7月10日 僧ヶ岳1,855m・駒ヶ岳2,002m(東又谷口・富山県魚津市)

激登1時間!
c0116856_17271581.jpg




梅雨に入ってから、当たり前だが雨続きの週末が続いている。山に入れず悶々としていたところ、ようやく梅雨の中休みがやってきた。日曜日は終日天気は良さそうだ。では、どこへ行こうかと考える時間も楽しい。結局、未踏の富山の百山狙いで、僧ヶ岳と駒ケ岳へ行くことにした。ここは先月、嘉例沢森林公園から鋲ヶ岳、烏帽子山へ行ったとき、その先に僧ヶ岳と駒ヶ岳へと通じる登山道があることは知っていたが、藪漕ぎが酷いとの情報で、諦めていた。

さて、当日は自宅を5時過ぎに出発。今回選んだ登山口は、一番ハードな「東又谷口」。伊折山までの激登りが待ち構えている。そのため?贅沢にも高速を利用して魚津ICで降りる。山を見ると黒い雲が稜線を覆っているのがわかる。しかし予報は晴れのはず。それを信じて片貝第四発電所へ車を走らせた。

午前6時過ぎ、登山口前の駐車スペースに到着すると既に4台の車があった。既に僧ヶ岳へ向かったのか、もしくは対岸から毛勝山を目指したのかは定かではない(毛勝山も同じところが駐車地点となっている)。
c0116856_19475570.jpg

登山口はこの駐車スペースの目の前にある。
c0116856_1950530.jpg

このルートは、登山口からウォーミングアップ無しで最初の伊折山までヘビーな急登が1時間続く。登山道のほとんどにロープが掛かるくらい急である。
c0116856_1951060.jpg

標高を少し上げると、対岸に毛勝山が見えてきた。右は大明神山。
c0116856_1952142.jpg

何とか急登を登り切り、伊折山に到着。汗ダクで既に足に来ている感じ(笑)。この登りは3月の大地山を彷彿とさせる。
c0116856_19523120.jpg

伊折山を過ぎれば普通の登山道となるが、昨日までの雨のせいで草が濡れており、ズボンがビチャビチャ。まあ暑さに比べれば多少涼しい感じがするが・・・・。道も泥濘が増えて歩きにくい。すると木々の間からようやく駒ケ岳への稜線が見えてきた。
c0116856_19572162.jpg

次の成谷山には案外あっさりと到着。
c0116856_19573589.jpg

徐々に木が低くなり視界が拓けてくる。更に稜線の全体が見えてきた。左が僧ヶ岳。いつの間にか雲はなくなり、きれいな青空となった。
c0116856_19595588.jpg

西には白山も見えている。
c0116856_2012966.jpg

最後は、突然現れた感じで山頂に到着。誰もいなかった・・・・。さすがに久しぶりの急登、正直ちょっと疲れた感があった。ここから駒ケ岳へは1時間程度を予定していたので、一瞬ここで帰ろうかと思ったくらい。
c0116856_2031239.jpg

僧ヶ岳山頂から駒ケ岳を臨む。その後ろには後立山連峰が連なっているのが見える。
c0116856_208514.jpg

とは言っても、やはり駒ケ岳は外せない。少し長めの休憩を取り、9時ちょうどに駒ケ岳へ向けて歩き始めた。
c0116856_209361.jpg

僧ヶ岳からは一旦下る(と言うことは帰りは登りか・・・・)。東の谷にはまだ雪が残っていた。
c0116856_2039371.jpg

実は駒ケ岳の手前に、北駒ケ岳というピークが一つあるのがミソ。その奥がホントの駒ケ岳。
c0116856_20411436.jpg

山頂まであと僅かのところで、ここをどうやって登るのか一瞬考えてしまうところ。右側に僅かに道が繋がっている。
c0116856_2044091.jpg

このルート最大の難所がここ。垂直の壁にロープがぶら下がっている。辛うじて足場があるが程度でちょっとばかり苦労する。
c0116856_2045435.jpg

僧ヶ岳から1時間程で無事に駒ケ岳山頂に到着。先客1名のみ。宇奈月温泉から登ってきたとのこと。後で分かったが、普通は宇奈月尾根ルートで登るのだそうだ。
c0116856_20461753.jpg

駒ケ岳山頂からの眺めは素晴らしかった。まずは後立山連峰の鹿島槍ヶ岳、五竜岳、唐松岳。
c0116856_20485545.jpg

そして白馬三山。
c0116856_204911100.jpg

剱岳と毛勝山。手前の稜線は毛勝山へと通じる積雪期、それもエキスパート限定のルートらしい。その奥に針ノ木岳も見えている。
c0116856_20494669.jpg

山頂ではかなりまったりと景色を楽しんでしまった。帰りも長いのでそろそろ僧ヶ岳へ戻ることにしよう。と思ったら雲が上がってきた。
c0116856_20534014.jpg

再び僧ヶ岳山頂に着くとスゴイ人。ガスで真っ白になり視界がなくなった。皆さんここでお昼ご飯。ほとんどの方が僧ヶ岳を目的に登ってきているが、数人だけが駒ケ岳へ向かっていった。
c0116856_2057124.jpg

山頂にいた方からの情報で、宇奈月尾根方面に10分程降りたところにお花畑があるらしい。そこそこ疲れていたが、せっかくここまで来て往復30分ならガマンできるかなと思い、足を運んでみた。すると一面のニッコウキスゲ。歩いて来た甲斐があった。
c0116856_211289.jpg
c0116856_2115425.jpg

三度僧ヶ岳山頂に戻り、いよいよ下山する。
c0116856_213367.jpg

下りは歩きに集中するためにカメラはザックに入れたので写真なし。伊折山までは快調に歩を進めたが、その先は激下り。ロープを掴みながら慎重に下る。河原が真下に見えるくらい急なのだ。伊折山からは標高差約600mを45分で下りきって、ようやく登山口に到着。ホッとした瞬間だ。
c0116856_2154143.jpg

疲労困憊まではいかないが、ほぼ3週間振りの山歩きが堪えたのは言うまでもない。ましてこの急登と今日の暑さは、体力を奪うには十分だった。夏本番を前に少し鍛えられた感のある山歩きは満足のいくものであった。次回は絶対に宇奈月尾根ルートで登ろう(笑)。
【参考タイム】
東又谷口6:25---7:24伊折山---7:57成谷山---8:45僧ヶ岳(2時間20分)
僧ヶ岳9:00---10:05駒ケ岳10:55--11:44僧ヶ岳(お花畑散策)(行き:1時間5分・帰り:49分)
僧ヶ岳12:35---13:08成谷山---13:29伊折山---14:20東又谷口(1時間45分)
[PR]
by sharizaka | 2016-07-10 17:29 | 富山県の山 | Comments(0)


山で心を洗ってます。


by sharizaka

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

Now at the time

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新のコメント

理由は解らないですが、左..
by sharizaka at 13:58
私も以前はちょっとつまづ..
by torasan-819 at 11:42
医者からは「靭帯損傷して..
by sharizaka at 05:48
あら~やっぱり、前距緋靭..
by fwix at 23:56
「山形人」とは、スゴイ見..
by sharizaka at 20:02
人形山の由来は興味深いで..
by fck_mototyan at 20:56
元やんさんも板納めでした..
by sharizaka at 21:39
KIYOちゃん、遠路お疲..
by sharizaka at 21:37
私もスキー板片付けました..
by fck_mototyan at 18:24
二日間お世話になりました..
by KIYO at 20:04

カテゴリ

全体
八甲田山・岩木山
岩手山・八幡平山系
鳥海山
蔵王山系
月山山系
飯豊連峰
朝日連峰
船形連峰
栗駒山
焼石連峰
神室連山
吾妻山系
北関東・南会津
立山
亘理地塁
和賀山塊
仙台近郊
新潟県の山
長野県の山
富山県の山
岐阜県の山
石川県の山
山梨県の山
Telemark Ski
スキー場
講習会
山道具など
Mountain / Trail
その他
震災関連
未分類

お気に入りブログ

親方のチャリと祭りな話
漕ぐログ -川遊び犬so...
ソロで生きる
ちょいと川へ

外部リンク

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
ウィンタースポーツ

画像一覧