2016年7月31日 黒部五郎岳2,840m(富山県富山市)

昨日は家でゴロゴロ、今日は黒部の五郎ゴロ・・・・
c0116856_20132319.jpg




昨日は午前3時に起きて1泊登山へ出掛けるはずだった。確かにそうだった。なのに・・・・、起きたら何故か行く気が起きない。こんなことは滅多にないが、こればかりは気持ちの問題なのでどうしようもない。二度寝してあっさり今日の山行は中止。家でゴロゴロ過ごすことになった。まあそんな日があっても良かろう。無理は禁物だ。

だが日曜日もそれでは、〇〇が廃る。もう一度気合を入れ直して明日からの山歩きに備えて1年振りに折立へと向かった。学生が夏休みに入ったこともあり、さすがに駐車場は混んでいた。しかし夕方行けば下山した人も多いので、メインの駐車場には案外停められるものだ。無料のキャンプ場にはテントは10張ほど。明日は早いので早めに寝ることにした。

さて、今朝は3時起床。これでも予定より1時間寝坊している・・・・。困ったもんだ。まずはメシ食って出発の準備。当然外は真っ暗。周りも徐々に出発の準備をしている。

久しぶりにヘッデン付けての出発は4:15。ここから登るのは1年振りになる。
c0116856_19494313.jpg

今回はテント装備は持たず軽量なので、順調に歩を進める。まずはアラレちゃんにご挨拶。
c0116856_19505414.jpg

雨は降っていないものの、空模様は芳しくない。1時間程で三角点に到着。ちなみに今日の行先は、薬師岳か北ノ俣岳、あわよくば黒部五郎岳という何ともいい加減な山歩き。ようやく空が明るくなってきたのでヘッデンはもう要らない。
c0116856_19521357.jpg

五光岩ベンチに到着するも薬師岳は見えず。昨年もこんな感じだったっけ。取り敢えず太郎平小屋まで行こう。
c0116856_19533278.jpg

と思ったら、徐々に光が射してきた。これをご来光と呼んで良いのやら?
c0116856_19542490.jpg

昨日の雨に濡れた木道が続く。だが空は確実に明るさを増している。
c0116856_19545860.jpg

今年は花が早い。既にチングルマは穂になっていた。それはそれで美しいが。
c0116856_19555791.jpg
c0116856_195636.jpg

この日はいつもよりゆっくり歩いたつもりだが、着いてみればやはり2時間15分で太郎平小屋。それにしてもスゴイ人の数。6時半に着いたので出発する人が小屋の前で準備をしているところだった。
c0116856_19574589.jpg

残念ながらここから水晶岳・鷲羽岳方面の景色は見えず・・・・。
c0116856_202773.jpg

さて、ここで右へ進むか(北ノ俣岳方面)、左へ進むか(薬師岳方面)を決めねばならない。ホントは昨日、薬師岳を越えて立山への縦走を考えていたのだ。まあ、そちらはいつでも行くことができるだろうと、右へ進むことにした。薬師沢へ降りたい気持ちにも駆られるが、ここは直進。しかし、看板を見ると黒部五郎岳9.6kmと書いてある。絶望的なまでの距離(笑)。
c0116856_204146.jpg

そうとなれば、まずは北ノ俣岳へ。ガスが取れて山並みがいい感じに見えてきた。
c0116856_207153.jpg

振返れば薬師岳。こちらもガスが取れてきたぞ。
c0116856_209187.jpg

太郎山を越えると、北ノ俣岳から奥には黒部五郎岳、右にちょこんと笠ヶ岳も。
c0116856_2010533.jpg

実は北ノ俣岳手前のお花畑を期待していたのだが、時既に遅し・・・・。ま、いいか。
c0116856_201159.jpg

と思って歩いていたら、今日も出会った雷鳥の親子。
c0116856_20133514.jpg

そうこうしているうちに北ノ俣岳山頂に到着。ここでノンビリと最初は考えていたのだが・・・・。
c0116856_20142191.jpg

山頂でいろんな方とご挨拶。札幌から来たご夫婦や、ここが初めてという方々など。さて自分はどうしようと、ここでナント30分もThinking Time!してしまった。一度は戻って雲が取れた薬師岳へ行こうかと思ったが・・・・、やはり答えは黒部五郎岳だった。この景色見ちゃったら行くしかないでしょ。但し、帰りも長いのでタイムリミットは11時とした。
c0116856_20163261.jpg

ここからは快適な稜線歩き。まずは赤木岳。道は山頂を巻いている。
c0116856_20171755.jpg

途中には池塘もあったり。奥には薬師岳。あっちも良かったかな。
c0116856_2019347.jpg

黒部五郎岳への最後の登り。この手前でエネルギー補給。
c0116856_20193926.jpg

今歩いて来た稜線を振返る。
c0116856_20203046.jpg

カールコースからのルートが近づいて来た。奥に見えるのは三俣蓮華岳だろうか。
c0116856_20205435.jpg

タイムリミットより大幅に早く、黒部五郎岳山頂に到着!素晴らしい青空。
c0116856_20224640.jpg

山頂から見る直下のカール。右には黒部五郎小屋が見える。奥には黒部源流の山々。
c0116856_202452100.jpg

そして雲ノ平。真ん中に山荘も見えている。
c0116856_20252010.jpg

太郎平、黒部五郎小屋両方からの登山者で賑わい始めた。帰りも長いのでそうそうに引き上げる。お昼も近くなりガスが上がってきた。稜線が壁になっているが、時々はみ出てくる。
c0116856_2026218.jpg

一輪だけコバイケイソウ。
c0116856_20272348.jpg

黒部源流方面に鷲羽岳。昨年歩いたときは大雨で何も見えなかった。また行きたい山の一つ。
c0116856_20283188.jpg

帰り道のアップダウンが疲れた体に堪える。いくつものピークを越えてようやく木道。しかし視界はなく、黄泉の国状態。まあ直射日光に当たらないだけ涼しくて済むが。
c0116856_20301743.jpg

帰り道は思ったより時間が掛かってしまった。ようやく太郎平小屋に到着。軽食はまだ受付ていたが、手持ちの食料で最後の燃料補給。
c0116856_20314279.jpg

太郎平小屋で30分のロング休憩を取り、折立への下りに備えた。そろそろ足の疲れが出てきた頃だが、もうひと踏ん張り。三角点からは久しぶりにストックを使ってみた。やっぱり楽だしスピードが出せる。2時間掛けて降りる予定が、1時間45分で折立に到着してしまった。結果オーライ。
c0116856_20334836.jpg

聞いたところでは昨日は昼前から結構な雨に降られたそうで、テント泊した方は大変な目にあったそうだ。結果的に家でゴロゴロしていたのは正解だったのかもしれない。そんな状況で今日は、1年振りの黒部五郎岳をいい天気で楽しむことができたのはラッキーとしか言いようがない。帰りも幸い雨に降られることなく下山することができた。

【本日の参考タイム&トラック】
折立4:13---4:47アラレちゃん---5:12三角点---6:29太郎平(2時間16分)
太郎平6:39---7:48北ノ俣岳(悩み時間)8:23----10:11黒部五郎岳(3時間32分)
黒部五郎岳10:32---12:19北ノ俣岳12:36---13:30太郎平(2時間58分)
太郎平14:01----15:01三角点----15:22アラレちゃん----15:44折立(1時間43分)
歩行距離:往復31km。
c0116856_20532826.jpg

[PR]
by sharizaka | 2016-07-31 20:13 | 富山県の山 | Comments(2)
Commented by fck_mototyan at 2016-08-04 20:32
気が乗らない時は行って何かあると後悔しますよねー。でも悩み時間30分はなげー。結果オーライだったんでしょうか。私なんかは即直感で行動しちゃいそうです。
Commented by sharizaka at 2016-08-04 21:41
30分も悩むなんて・・・・、そもそも行先をハッキリ決めてなかったのでね。一応いろんな想定をしてた時間ですが、長すぎたかもしれませんね(笑)。


山で心を洗ってます。


by sharizaka

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

Now at the time

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新のコメント

理由は解らないですが、左..
by sharizaka at 13:58
私も以前はちょっとつまづ..
by torasan-819 at 11:42
医者からは「靭帯損傷して..
by sharizaka at 05:48
あら~やっぱり、前距緋靭..
by fwix at 23:56
「山形人」とは、スゴイ見..
by sharizaka at 20:02
人形山の由来は興味深いで..
by fck_mototyan at 20:56
元やんさんも板納めでした..
by sharizaka at 21:39
KIYOちゃん、遠路お疲..
by sharizaka at 21:37
私もスキー板片付けました..
by fck_mototyan at 18:24
二日間お世話になりました..
by KIYO at 20:04

カテゴリ

全体
八甲田山・岩木山
岩手山・八幡平山系
鳥海山
蔵王山系
月山山系
飯豊連峰
朝日連峰
船形連峰
栗駒山
焼石連峰
神室連山
吾妻山系
北関東・南会津
立山
亘理地塁
和賀山塊
仙台近郊
新潟県の山
長野県の山
富山県の山
岐阜県の山
石川県の山
山梨県の山
Telemark Ski
スキー場
講習会
山道具など
Mountain / Trail
その他
震災関連
未分類

お気に入りブログ

親方のチャリと祭りな話
漕ぐログ -川遊び犬so...
ソロで生きる
ちょいと川へ

外部リンク

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
ウィンタースポーツ

画像一覧