2016年9月4日 涸沢槍・涸沢岳(北穂高小屋~涸沢岳~新穂高)

昨日より怖い・・・・
c0116856_195523100.jpg




昨夜は20時前には床に就いたが眠りは浅かった。最近、山小屋に泊まると必ず頭痛に悩まされている。軽い高山病なのだろう。先週の双六小屋では頭痛で目が覚め、鎮痛剤を飲んで凌いだ。そしてこの日の朝も頭痛でよく眠れなかった。

朝3時頃、窓に雨が当たる音に気付いた。予報では午後から崩れるとのことだったが、もう降り出してしまったのかと、がっかり。濡れた涸沢槍は危険なので、帰路は上高地へ降りてバスで車を回収することにした。

4時には起き始める人も増え、自分も下の食堂で朝食を済ませた。外へ出てみるとガスで何も見えない。しかし、幸い雨は上がっていた。雨具を着て出たがすぐに脱いでザックに入れた。
c0116856_19593298.jpg

一旦部屋へ戻り出発の準備をする。5時前に小屋を出ると、少し空が明るくなりはじめた。天候回復の気配だ。まずは北穂高岳の山頂へと向かう。すると徐々にガスが切れ始め、周りの山々が見えるようになってきた。これは期待できる。前穂高岳には薄い雲がベールのように纏わりついていて何とも幻想的。
c0116856_19594236.jpg
東の空が赤く染まってきた。正面には常念岳のシルエット。
c0116856_19595384.jpg

槍ヶ岳から鷲羽岳、黒部五郎岳までの山並みが赤く染まる。
c0116856_200544.jpg

朝日に燃える前穂高岳、奥穂高岳、涸沢岳。右奥にはジャンダルム。既に5時半を過ぎているが、この景色を見逃すわけにはいかず、出発が遅れた。
c0116856_2001580.jpg

5時40分、ようやく北穂高岳山頂を後にした。歩いてすぐのところに北穂分岐がある。実は上高地へ降りることにしていたので、この分岐を一旦下に降りてしまった。しかし、天候が回復してきており岩場もそれほど濡れていない。であれば、この機会に難路である涸沢岳方面へ足を運ぶしかないと判断。当初予定通りのルートを進むことにした。
c0116856_2002411.jpg

さあ、ここから心臓に良くない道が始まる。基本的にペンキ印通りに進めば問題ない。
c0116856_2004085.jpg
c0116856_2005082.jpg

絶壁の鎖場、梯子は当たり前のように出てくるから、いちいちビビッてはいけない。
c0116856_2005910.jpg

一つのポイント、最低のコル。この先に涸沢槍の難所が待っている。
c0116856_201723.jpg

涸沢槍への登りは2つの梯子と長い鎖場が続く。そして矢印の辺りが一番恐怖を感じる場所だ。以前、岩があったらしいが崩壊したので足場がない。ボルト2本と鎖だけが頼りで、自分は腕の力でよじ登った。しかし下を見れば奈落の底である(写真撮る余裕はない)。
c0116856_2011647.jpg

涸沢岳への最後の垂直の鎖場。ここはそれ程怖くない。ここを登り切れば一安心だ。
c0116856_2012617.jpg

涸沢岳山頂に無事到着。緊張から解放された瞬間。
c0116856_2013597.jpg

いま歩いてきた道を振返る。
c0116856_202235.jpg

山頂のすぐ下には穂高岳山荘。
c0116856_2021180.jpg

山頂から10分ほどで穂高岳山荘に到着。既に宿泊客は出払っていて静かな山荘だった。
c0116856_2021827.jpg

左手のザイテングラートを下った先に涸沢ヒュッテが見えている。
c0116856_2022884.jpg

今日は奥穂高岳にはいかず、このまま帰路に就く。山荘裏から白出沢を下っていく。これが結構長い。右岸側にある荷継沢まで1時間は掛かる。
c0116856_2023678.jpg

そして鉱石沢を越えると重太郎橋が見えてきた。この梯子を慎重に降り、河原でクールダウンしてから橋を渡った。
c0116856_2024312.jpg

重太郎橋から先は普通の登山道。最後は森の中を快適に飛ばすことができる。重太郎橋から30分程で白出沢に到着。ここからは林道を走ったり歩いたり・・・・。途中、穂高平小屋が開いていた。何度か歩いているが営業しているのを始めて見た。
c0116856_2025311.jpg

11時過ぎ、新穂高指導センターに到着。岩場と戯れた2日間が無事終わった。
c0116856_203151.jpg


これで今年の夏休みの宿題は無事完了。十分満足のいく2日間であった。下山してから何となくだが、今シーズンの山登りが一区切りした感じがした。今年も山登りができるのは、あと1ヶ月少々。これからは紅葉が楽しみな季節。来週からはもっとゆっくりと景色を楽しみながら歩いてみたい。

【本日のコースタイム】
北穂高岳5:40---5:45北穂分岐---6:29最低のコル---7:21涸沢岳---7:41穂高岳山荘8:08---9:12荷継沢9:21---9:48重太郎橋---10:06白出沢---11:16新穂高(5時間36分)
c0116856_2031156.jpg

[PR]
by sharizaka | 2016-09-04 19:55 | 長野県の山 | Comments(2)
Commented by fck_mototyan at 2016-09-08 12:21
たしか高所恐怖症だったような、、、私も岩場歩きが怖くて苦手です。
Commented by sharizaka at 2016-09-08 17:23
高所恐怖症は相変わらずです(笑)。
でもこういうところは行っちゃうんですね。でも、やっぱり怖い・・・・。
岩場は歩きに集中して他のこと一切考えられないです。それがいいのかな。


山で心を洗ってます。


by sharizaka

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Now at the time

最新のコメント

krkdxさん、本当にあ..
by sharizaka at 20:21
そうです!ごめんなさい駅..
by Krkdx at 20:16
krkdxさん、コメント..
by sharizaka at 18:59
コメント失礼します。 ..
by Krkdx at 09:45
トラウトさん、お久しぶり..
by sharizaka at 19:21
こんにちは。 昨年八ヶ..
by トラウト at 21:44
先月いらしてたんですよね..
by sharizaka at 19:18
白山、お疲れ様でした! ..
by PALOMON at 20:33
この景色は自分の目で見る..
by sharizaka at 08:33
生で見る景色うらやましい..
by fck_mototyan at 06:53

カテゴリ

全体
八甲田山・岩木山
岩手山・八幡平山系
鳥海山
蔵王山系
月山山系
飯豊連峰
朝日連峰
船形連峰
栗駒山
焼石連峰
神室連山
吾妻山系
北関東・南会津
立山
亘理地塁
和賀山塊
仙台近郊
新潟県の山
長野県の山
富山県の山
岐阜県の山
石川県の山
山梨県の山
Telemark Ski
スキー場
講習会
山道具など
Mountain / Trail
その他
震災関連
未分類

お気に入りブログ

親方のチャリと祭りな話
漕ぐログ -川遊び犬so...
ソロで生きる
ちょいと川へ

外部リンク

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
ウィンタースポーツ

画像一覧