2016年10月16日 霞沢岳(徳本峠~霞沢岳~上高地)

今シーズン最後の北アルプス
c0116856_21572074.jpg




昨夜は久しぶりにぐっすり眠れた。頭痛もなく目覚めのは午前4時。まだ真っ暗な中、食堂を借りて朝食と身支度をする。空は星が出ていた。今日も一日いい天気に恵まれる予感。
今日はメインの霞沢岳へ。徳本峠からはピストンになる。小屋横のテント場の中を通っていく。テントの方は既に出発済も多いようだ。
c0116856_21272377.jpg

すぐ上にある展望台から前穂高岳を見る。
c0116856_21274583.jpg

ようやく陽が差してきた。木々の間から明神岳のモルゲンロート
c0116856_2128159.jpg

徳本峠から1時間程でジャンクションピークに到着。東の空から日が昇る。
c0116856_21282216.jpg

その少し南には八ヶ岳の山並み
c0116856_21284091.jpg

このルートは基本的に樹林帯だが、ところどころ拓けたところがある。乗鞍岳と左に御嶽山を臨む。
c0116856_21285759.jpg

ようやく霞沢岳のピークが見えてきた。しかしここからまだ結構ありそうだ。
c0116856_21291421.jpg

いくつかのアっぷダウンを繰り返すと正面に霞沢岳K1ピークが見えてきた。結構な急登である。
c0116856_21293244.jpg

ようやくK1ピークに到着。最後の急登は結構厳しかった。
c0116856_21301412.jpg

K1ピークからの奥穂高岳方面。岳沢小屋が真ん中に見えている。吊尾根から右が前穂高岳。左にはジャンダルムも見えている。
c0116856_21305191.jpg

西には眼下に上高地温泉と上は笠ヶ岳。
c0116856_2131636.jpg

K2ピークからは焼岳の全容が見える。
c0116856_21312313.jpg

ようやく最後の霞沢岳山頂に到着。今シーズンの北アルプスでのラストジャンプ。
c0116856_21313765.jpg

景色はK1ピークが一番良さそう。山頂でコーヒーで一息ついてから帰路に就く。正面に穂高の山並みを見ながらとは何とも贅沢。
c0116856_21315890.jpg

右奥には蝶ヶ岳から常念岳への稜線が見える。
c0116856_21322282.jpg

このルートは終始こんな感じで、ジャンクションピークまでいくつものアップダウンがある。
c0116856_21324299.jpg

ジャンクションピークから少し下ったところに、「スタジオジャンクション」という場所がある。ここで年配のグループの方々が明神岳の写生をされていた。何とも優雅な遊びではないか。
c0116856_213357100.jpg

帰りは思ったより早めに徳本峠小屋に戻ることができた。取り敢えずホッと一息。
c0116856_21343642.jpg

徳本峠から明神へ降りていく。正面にはその名の通り、明神岳の険しい山容が見える。
c0116856_2135848.jpg

道が平坦になったら都会は近い。
c0116856_21352948.jpg

ここからは山の大都会となる明神登山口に到着。ここから観光客に混じって上高地まで歩いて行く。
c0116856_21355322.jpg

河童橋からの奥穂高岳。
c0116856_21361629.jpg

上高地バスターミナルで安曇支所までのバスチケットを買う(1,900円)。さすがに好天に恵まれた週末のせいもあり、バスターミナルは大混雑。バスは整理券を貰って指定のバスに乗ることになる。我々は新島々行きの路線パスだが、時間帯によっては整理券が終わり、次の便まで待たなければいけないこともあるらしい。
c0116856_21372494.jpg

上高地バスターミナルから50分近く掛かって、ようやく安曇支所に到着。ここで車を回収して今回の山旅を締め括ることができた。
c0116856_21382862.jpg


それにしても長い長い道のりだった。島々谷のクラシックルートからの霞沢岳は歩く人が少なく静かでいいルートだった。秋の締め括りには持ってこいのツアーだったことは間違いない。また来年、北アルプス来ることができる日を楽しみにしたい。

【本日のトラック】
徳本峠5:11---6:05ジャンクションピーク---7:56K1ピーク8:20----8:55霞沢岳
霞沢岳9:25---9:51K1ピーク---11:30ジャンクションピーク12:07徳本峠12:23---13:25明神12:33----14:12上高地バスターミナル
[PR]
by sharizaka | 2016-10-17 21:57 | 長野県の山 | Comments(2)
Commented by madokau at 2016-10-19 23:28 x
お疲れさまでした。
前週のアクシデントで一時はどうなることかと思いましたが、無事に行くことができてほんとによかったです。
すべてが充実した楽しい山旅でした。

そうそう初日の橋もお疲れさまでした。これで下の廊下もきっと大丈夫…では?
Commented by sharizaka at 2016-10-21 18:10
こちらこそ、お疲れさまでした。
天気にも恵まれ、いい山旅でした。クラシックルートからの霞沢岳はホントに味のあるルートですね。
あの程度の橋であのへっぴり腰ですから、情けないです(笑)。


山で心を洗ってます。


by sharizaka

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Now at the time

最新のコメント

まだこの時期は地雷ありま..
by sharizaka at 19:36
この時期藪や岩の露出が悩..
by fck_mototyan at 10:40
ハハハ、ホントにいい景色..
by sharizaka at 21:37
素晴らしい景色ですね。撮..
by fck_mototyan at 08:28
krkdxさん、本当にあ..
by sharizaka at 20:21
そうです!ごめんなさい駅..
by Krkdx at 20:16
krkdxさん、コメント..
by sharizaka at 18:59
コメント失礼します。 ..
by Krkdx at 09:45
トラウトさん、お久しぶり..
by sharizaka at 19:21
こんにちは。 昨年八ヶ..
by トラウト at 21:44

カテゴリ

全体
八甲田山・岩木山
岩手山・八幡平山系
鳥海山
蔵王山系
月山山系
飯豊連峰
朝日連峰
船形連峰
栗駒山
焼石連峰
神室連山
吾妻山系
北関東・南会津
立山
亘理地塁
和賀山塊
仙台近郊
新潟県の山
長野県の山
富山県の山
岐阜県の山
石川県の山
山梨県の山
Telemark Ski
スキー場
講習会
山道具など
Mountain / Trail
その他
震災関連
未分類

お気に入りブログ

親方のチャリと祭りな話
漕ぐログ -川遊び犬so...
ソロで生きる
ちょいと川へ

外部リンク

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
ウィンタースポーツ

画像一覧