2016年10月30日 大門山・奈良岳・袴腰山(富山県南砺市)

冬の足音を感じて
c0116856_20363962.jpg




標高2,000mを超す山からは初雪の便りが届くようになった。今週から里山歩きを始めようと思う。その最初に選んだのが、富山県西部にある大門山と奈良岳。まだ未踏の地だが、この山は南に大笠山、笈ヶ岳、北には猿ヶ山、袴腰山へと繋がる長い稜線がある。その一部だが素晴らしい景色に出会うことができた。

今朝は早朝に家を出て一路五箇山へと向う。登山口に近い「道の駅上平」でトイレ休憩するも、眠気が我慢できずに車中仮眠。ちょっと寝すぎたか、慌てて登山口のブナオ峠へ向かった。道中素晴らしい紅葉のなか、予定より遅れて6時半過ぎに到着。先着は2台あったが、後を追うように7時前に登山口から大門山へと向かった。
c0116856_20334992.jpg

この日は放射冷却の影響かかなり冷え込んだ。少し登ると稜線が見えてきて、そこに白いものが見えた。霧氷だ。今シーズン初めてお目にかかる。
c0116856_20343436.jpg

振り返るとブナオ峠の反対側に登山口がある猿ヶ山が見えてきた。ここは冬のバックカントリーでも有名なところ。今年の冬はぜひ滑ってみたい。
c0116856_20352321.jpg

登山口から40分程で分岐に到着。まずは大門山へ向かうので右手へ進む。
c0116856_20355766.jpg

青空に朝陽が注ぎ霧氷が一層引き立つ。
c0116856_20362997.jpg

分岐から10分と掛からず大門山山頂に到着。
c0116856_20365273.jpg

山頂からは北アルプスを一望。槍の穂先がここからでもハッキリと見える。
c0116856_20373132.jpg

稜線は霧氷と紅葉が同居している。
c0116856_20375446.jpg

大門山から奈良岳へは2つのピークを越えねばならない。その一つ目が赤摩木古山。これで「あかまっこやま」と読む。難読山名の一つだろう。
c0116856_20384811.jpg

ここからの景色は、実はこの日で一番だった。南側に連なる大笠山からその奥に笈ヶ岳。更に奥には霊峰白山。左手には三方岩山から三方崩山など。
c0116856_20402855.jpg

そして北アルプスの山並み。剱岳から立山連峰。
c0116856_20404420.jpg

この山頂には方位盤がある。眺めがいい証拠だ。帰りにここでランチをしているご夫婦に出会ったのも頷ける。
c0116856_2042883.jpg

赤摩木古山から次は見越山へと向かう。奈良岳がようやく視界に入ってきた。
c0116856_20424769.jpg

見越山への最後の登りは結構急だ。一息で登り切って山頂に到着。
c0116856_20433470.jpg

西には石川県側の町が見える。
c0116856_20441598.jpg

あと一登りで奈良岳。その先にはホントは行ってみたい大笠山。ここからまた結構下ってから登り返さねばならない。
c0116856_20452845.jpg

ようやく今日の目的地、奈良岳に到着した。じっとしていると結構寒い。
c0116856_20455524.jpg

大笠山は目の前のように見えるが、この先はかなりの藪漕ぎとの情報があり、先を進むのは諦めた。ましてやここへ戻ってくるとなると時間的には厳しい。
c0116856_20465196.jpg

山頂は寒かったので暖かいコーヒーを一杯飲んで早々に引き上げることにした。見越山を反対側から見るとこんな形をしている。
c0116856_20474445.jpg

そして赤摩木古山も反対側からの形はこうだ。行きとは全然違う形を見せている。
c0116856_20482062.jpg

赤摩木古山から下っている途中で、なんと山仲間の福ちゃん夫妻と三郎さんという方のパーティーと遭遇。こんな静かな山で会うとはびっくり。この後やはり赤摩木古山でランチをして帰るのだそうだ。
c0116856_20494628.jpg

自分は先があるので、ここで別れて12時半頃、ブナオ峠に無事下山となった。

さて、この日はここで終わりではない。おまけに取っておいたのが袴腰山。ブナオ峠から一旦下界へ降りて国道156号線から峰越登山口へと向かう。行きはネットで調べてみた、たいらスキー場からの道で向かったがこれが良くなかった。最後はひどい林道を延々と進まねばならなかった。
着いてみると路肩に一台だけあった。
c0116856_2058179.jpg

登山口から500m程で、袴腰山小屋に到着。この山小屋は地元の城端山岳会が管理されているとのこと。その奥に袴腰山が見える。
c0116856_2059227.jpg

この山は山頂までわずか30分程だが、直登の道のため、結構急な登りが続く。その途中に一カ所だけ休憩ポイント(ベンチ)がある。先ほど走ってきた林道も見える。
c0116856_2103061.jpg

山頂付近到着するとこのような看板がある。左に南展望台、右に北展望台があるとのこと。
c0116856_2111062.jpg

南展望台へと向かう道の途中に最高地点の標柱があった。しかしここは展望なく少し先に行ったところが南展望台になる。
c0116856_2115384.jpg

再び分岐に戻り、今度は北展望台へ。
c0116856_2121632.jpg

この裏に櫓がある。
c0116856_2123640.jpg

櫓の梯子を上って南に猿ヶ山方面の山並みが見える。再び来た道を戻り往復1時間少々で登山口へと戻ってきた。
c0116856_213466.jpg

この日はこれで終了。昨日は富山は終日雨だったこともあり山へは出かけられなかった。その分、日曜日に好天のもと終日山を歩けてとても充実した一日となった。袴腰山を以て、「富山の百山」70座登頂を果たした。まだ先は長いがこの冬も低山をゆっくり歩いて行こうと思う。
【本日のトラック① 大門山・奈良岳】
コースタイム
ブナオ峠6:51---7:40分岐---7:51大門山8:05---8:32赤摩木古山---9:30見越山---9:52奈良岳(3時間1分)
奈良岳10:10---10:30見越山---11:23赤摩木古山11:31---11:52分岐---12:33ブナオ峠(2時間23分)
c0116856_2161720.jpg

【本日のトラック② 袴腰山】
c0116856_2175369.jpg

[PR]
by sharizaka | 2016-10-30 20:36 | 富山県の山 | Comments(0)


山で心を洗ってます。


by sharizaka

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Now at the time

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新のコメント

「山形人」とは、スゴイ見..
by sharizaka at 20:02
人形山の由来は興味深いで..
by fck_mototyan at 20:56
元やんさんも板納めでした..
by sharizaka at 21:39
KIYOちゃん、遠路お疲..
by sharizaka at 21:37
私もスキー板片付けました..
by fck_mototyan at 18:24
二日間お世話になりました..
by KIYO at 20:04
やっとー、会えましたね!..
by sharizaka at 07:37
本当に、やっとーやっとー..
by みい at 10:09
5日に鳥海山だったんです..
by sharizaka at 20:25
こんばんは~、鳥海山遠征..
by PALOMON at 19:45

カテゴリ

全体
八甲田山・岩木山
岩手山・八幡平山系
鳥海山
蔵王山系
月山山系
飯豊連峰
朝日連峰
船形連峰
栗駒山
焼石連峰
神室連山
吾妻山系
北関東・南会津
立山
亘理地塁
和賀山塊
仙台近郊
新潟県の山
長野県の山
富山県の山
岐阜県の山
石川県の山
山梨県の山
Telemark Ski
スキー場
講習会
山道具など
Mountain / Trail
その他
震災関連
未分類

お気に入りブログ

親方のチャリと祭りな話
漕ぐログ -川遊び犬so...
ソロで生きる
ちょいと川へ

外部リンク

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
ウィンタースポーツ

画像一覧