2017年7月15日~16日 針ノ木岳・七倉岳縦走(1日目)

人生も山道も遠回りしてます・・・・

c0116856_20241521.jpg





先月の左足首靭帯損傷から日も経ち、先週は足慣らしもできた。いよいよ夏の北アルプスに踏み込むための肉体的、精神的準備ができたような気がする。そしてこの3連休、どこも混雑することは解っているので、できるだけ人静かな北アルプス、まだ歩いたことのない路を求めて針ノ木岳界隈を縦走することにした。


針ノ木岳自体には何度も足を運んでいるし、大混雑はしょうがない。しかしここはちょっと頭を使って違うルートから登ることに。その先にも未踏のルートが残っている。おまけにシーズン初っ端からテント泊。それだけの荷物を背負ってロングルートを歩けるだろうか少し不安もあったり・・・・。

初日は午前2時起床。当然、扇沢に前乗りし車中泊。ロングルートの上、稜線上にあるいくつもアップダウンがあるので、できるだけ早くに出発したかった。午前3時半。爺ヶ岳登山口から柏原新道へと入る。意外にもこの時間に出発するご夫婦がいた。久しぶりにヘッデン点けてのスタートとなり、気持ちも新鮮だった。

c0116856_09375959.jpg

少し登ると徐々に明るくなり30分程でヘッデンは消した。

左には針ノ木岳と雪渓が正面に見えてくる。こちらのルートを選んだ理由の一つは、モルゲンロートの針ノ木岳を見たかったから。

c0116856_20241521.jpg
柏原新道はルート上に2カ所雪渓が残るところがある。ここは2カ所目。雪切りしていただいているので安心して渡れるが、早朝は結構硬いので念のため用心を。
c0116856_09425294.jpg
順調に歩を進め、登山口から2時間半程で種池山荘に到着。
c0116856_09433929.jpg
山荘前から遠くに富士山が見える。
c0116856_09442735.jpg
さあ、ここから針ノ木岳へ長い稜線歩きが始まる。山荘近くに種池山荘のテン場がある。道は写真右側へ続いている。
c0116856_09452553.jpg
ここからしばらく残雪が続く。踏み抜きに注意しながら歩く。
c0116856_09453379.jpg
これから続く稜線を見る。何とも贅沢な景色。
c0116856_09464995.jpg
振り返ると鹿島槍ヶ岳の雄姿。今日も多くの人が登っているだろう。
c0116856_09481453.jpg
鹿島槍ヶ岳から続く後立山連峰を見る。
c0116856_09493950.jpg
この稜線は右手に立山連峰、剱岳をずっと見ながら歩ける。
c0116856_09503129.jpg
最初のピーク、岩小屋沢岳に到着。ここも北アルプス独特の黄色い山頂標識板。
c0116856_09514643.jpg
次のピークは鳴沢岳だが、その手前に新越山荘が見えてきた。
c0116856_09524409.jpg
新越山荘に到着。この前後だけは残雪が多い。宿泊客はすでに出払っていて静かなものだ。
c0116856_09533168.jpg
次は鳴沢岳。この辺りから岩場が出てくる。
c0116856_21095417.jpg
3つ目のピーク。鳴沢岳頂上到着。ここからの景色も絶景!
c0116856_21111794.jpg
次はいよいよ「富山の百山」の一つ「赤沢岳」。この山に登るにはこのルートしかない。徐々にアップダウンの差が大きくなってくる。
c0116856_21132097.jpg
赤沢岳山頂ゲット!正面には次の「スバリ岳」が。
c0116856_21133041.jpg
赤沢岳を過ぎると右下に黒部湖が大きく見えてくる。観光船のガルベ号も見える。
c0116856_21134057.jpg
スバリ岳手前の岩場。
c0116856_21374610.jpg
振り返ると赤沢岳。こちら側から見るとなかなかの山容。東からのガスが稜線で堰き止められている。
c0116856_21375724.jpg
ようやくスバリ岳に到着。かなり疲れが出てきたので、ここでも一休み。
c0116856_21381599.jpg
さあ、本日最後の登りは針ノ木岳へ。まだまだ登りは続く。山頂に多くの登山者がいるのが見える。
c0116856_21395079.jpg
マヤクボのコルを見る。5月にはここからマヤクボ沢(右側)へと滑り込んだ。
c0116856_21395903.jpg
最後のピーク、針ノ木岳山頂に到着。ここからは人だらけ。
c0116856_21400903.jpg
テント場の混雑が気になるので、写真撮って早々に下山開始。しかし、ここからはまだ多くの残雪がある。途中でアイゼン装着。
c0116856_21415987.jpg
駆け足で下って12時過ぎに針ノ木峠に到着。まずは小屋でテントの受付を。既に混雑しており、指定場所はなく空いているところに適当に張ってほしいとの指示。幸い小屋のすぐ下のスペースで、テントの向きを変えてもらい一張分のスペースを分けて貰えた。
c0116856_21434618.jpg
テントを張り終えたら、まずはビール!喉カラカラで美味かったあ!で、マイホームからの景色がこれ!明日歩く予定の左のピークが北葛岳、右が七倉岳になる。
c0116856_21450732.jpg
夕方ガスが切れたので、針ノ木雪渓を見に行った。左の稜線は先ほど歩きて来た道。そりゃあ長いわ。
c0116856_21452387.jpg
かくして縦走初日を無事終えることができた。扇沢から針ノ木峠へ、この遠回りルートを歩く人は自分くらいだろう。ケガ明けだったが今のところ問題なく歩けている。明日の天気が心配だが、様子を見て場合によってはこのまま雪渓を下山することも考えなければ。
【参考コースタイム】
爺ヶ岳登山口3:32---4:00八見ベンチ---4:21ケルン---5:14水平道---5:54種池山荘(2時間22分)
種池山荘6:13---7:23岩小屋沢岳---7:55新越山荘8:00---8:34鳴沢岳---9:17赤沢岳(3時間4分)
赤沢岳9:37---10:59スバリ岳11:08---11:49針ノ木岳---12:15針ノ木峠(2時間38分)(Total:8時間43分:休憩含)

[PR]
by sharizaka | 2017-07-16 20:24 | 長野県の山 | Comments(0)


山で心を洗ってます。


by sharizaka

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Now at the time

最新のコメント

まだこの時期は地雷ありま..
by sharizaka at 19:36
この時期藪や岩の露出が悩..
by fck_mototyan at 10:40
ハハハ、ホントにいい景色..
by sharizaka at 21:37
素晴らしい景色ですね。撮..
by fck_mototyan at 08:28
krkdxさん、本当にあ..
by sharizaka at 20:21
そうです!ごめんなさい駅..
by Krkdx at 20:16
krkdxさん、コメント..
by sharizaka at 18:59
コメント失礼します。 ..
by Krkdx at 09:45
トラウトさん、お久しぶり..
by sharizaka at 19:21
こんにちは。 昨年八ヶ..
by トラウト at 21:44

カテゴリ

全体
八甲田山・岩木山
岩手山・八幡平山系
鳥海山
蔵王山系
月山山系
飯豊連峰
朝日連峰
船形連峰
栗駒山
焼石連峰
神室連山
吾妻山系
北関東・南会津
立山
亘理地塁
和賀山塊
仙台近郊
新潟県の山
長野県の山
富山県の山
岐阜県の山
石川県の山
山梨県の山
Telemark Ski
スキー場
講習会
山道具など
Mountain / Trail
その他
震災関連
未分類

お気に入りブログ

親方のチャリと祭りな話
漕ぐログ -川遊び犬so...
ソロで生きる
ちょいと川へ

外部リンク

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
ウィンタースポーツ

画像一覧