2017年8月4日~5日 朝日岳・雪倉岳周回(2日目:朝日小屋~雪倉岳~蓮華温泉)

いや~長かった・・・・。

c0116856_18170092.jpg




2日目は午前3時過ぎに起床。栂海新道方面へ向かう方は出発し始めていた。
軽い朝食と身支度を済ませて4時に小屋の外へ。

4:10 まだ外は暗いがヘッデンを点けて朝日小屋を出発。長い一日なりそうだ。
c0116856_13383573.jpg
すぐに朝日岳へ続く登り道と水平道の分岐。今日はここを右に進む。
c0116856_13385638.jpg
前日水平道を歩いてきた方の話では、道は決して良い訳ではなく稜線ルートの方が歩きやすいとの話だったが、どうも初心者には大変なルートという意味だったようだ。水平とは名ばかりでアップダウンが大きいとのことだったが、大したことはなくこのルートを選んで正解だった。ここは完全に水平な木道だが、沢を超えるところは道が崩れていたり、鎖場もある。
c0116856_13391695.jpg
途中に雪渓が4ヶ所残っていた。朝早いこともあってカチコチの雪渓もあり用心したい(一つは先に目印の小石が置いてあるが、そちらは逆に危険なので、ルートをちゃんと見ること)。
c0116856_13400560.jpg
新たな水平道の建設箇所があった。まだ完成していないのでここは右に折れ一旦沢へ降りる。この道ができると楽になるだろう。
c0116856_13403061.jpg
ようやく出会ったキヌガサソウ。
c0116856_19320180.jpg
小屋から1時間足らずで稜線ルートからの合流点に到着。朝日小屋は奥、朝日岳は右手に登り口がある。
c0116856_19321675.jpg
日が昇り朝日岳に陽が当たる。
c0116856_19333415.jpg
正面には雪倉岳が待ち構えているが、道のり遠い。
c0116856_19334427.jpg
しばらく樹林帯を進むと、小桜ヶ原に到着。名前の通り、ハクサンコザクラが多く咲く。
c0116856_19345426.jpg
白いのはイワイチョウ。
c0116856_19350194.jpg
右手には朝日に照らされる駒ケ岳と僧ヶ岳の稜線が見える。
c0116856_19355990.jpg
赤男山の麓を道が廻り込む。雪倉岳への登りが始まり標高が上がってきた。振り返ると朝日小屋が見えた。
c0116856_19361091.jpg
雪倉岳への登りで少々シャリバテ気味になり、一段上がったところで小休止。雪倉岳まであと僅かだがエネルギーが足りなかったw。
c0116856_19384268.jpg
朝日岳を見ながらパンを頬張る。
c0116856_19390920.jpg
10分程休憩したら、九十九折りのザレ道をハイクアップ。ここでミヤマダイモンジソウに出会う。
c0116856_19393409.jpg
山頂まではあと3分。
c0116856_19402901.jpg
午前9時過ぎ、朝日小屋からちょうど3時間で雪倉岳に到着。ここで取り敢えず一息付ける。天気は快晴。ガスも掛からず絶景が広がる。
c0116856_19403888.jpg
清水尾根の奥に剱岳から立山連峰まで臨める。スバラシイ景色。
c0116856_19424694.jpg
そして正面には白馬岳と旭岳。あの稜線まではまだ長い道のり。
c0116856_19425434.jpg
その左手には小蓮華山と白馬大池へ続く稜線。
c0116856_19430334.jpg
ここからも朝日岳に朝日小屋、その先には黒部川扇状地と日本海。誰もいない山頂で絶景を独り占めである。
c0116856_19431154.jpg
山頂からの景色を十分に堪能したら雪倉岳避難小屋へと降りて行く。途中で最後のウルップソウを見つけた。もう少しで枯れそう。
c0116856_19463898.jpg
雪倉岳避難小屋。ここは緊急時以外の宿泊は禁止されている。この時期は管理人がいて、泊まろうとすると注意されるようだ。だが、キレイな小屋で思わず宿泊したくなってしまう。
c0116856_19482201.jpg
鉢ヶ岳の下を進む道にはまだ多くの雪渓が残っていた。長いものでは50m近いものも。全てトラバース系なので、不安な人は軽アイゼンがあったほうが良いだろう。この写真は水平を取って撮影しているので、どれくらいの傾斜か判るだろう。
c0116856_19494465.jpg
ここもお花畑。白に紫に赤に色とりどりの花が一面に咲いていた。
c0116856_19512034.jpg
三国境への登りが続く。右手には旭岳からの稜線が美しい。
c0116856_19530314.jpg
三国境への登りはザレた道。途中に鉱山道の分岐があった。鉱山道の方が蓮華温泉は近いのだが、道の状況を把握していないので、遠回りだが三国境へと向かう。
c0116856_19535817.jpg
三国境へ向かったはずが最後のザレ場で道を間違え(少々意図的に)、ショートカットする形で稜線に出てしまった(結果オーライ)。この頃からガスが出始めご覧の有様。
c0116856_19554424.jpg
ここから白馬大池まではメインストリートなので、人だらけ。小蓮華山の山頂も人だかり。ここは一応新潟県最高峰になる。
c0116856_19560648.jpg
白馬大池まであと一息。上から大池がが見えている。
c0116856_19563049.jpg
白馬大池でお昼ご飯にすることにしたので、あともう一歩き。稜線の右下には白馬大雪渓の末端と白馬尻小屋を見ることができた。
c0116856_19563604.jpg
実はここまで雷鳥を一羽も見ていなかった。ライチョウの定休日かと思った矢先、やっとオス一羽を発見。ホントはメスがヒナを連れて歩く姿を見たかったのだが・・・・。
c0116856_19564528.jpg
小蓮華山から1時間ほど、予定より大幅に早く10:50に白馬大池に到着。池の周りはチングルマやハクサンイチゲのお花畑だった。
c0116856_19565248.jpg
白馬大池で45分ほどランチタイム。今までの山歩きでこれだけ休憩したのは記憶にない。蓮華温泉まであとC/Tで2時間だと思うと、気が楽になる。
c0116856_19571533.jpg
ここからは多くの人が栂池へ向かうが、蓮華温泉へ降りる人も思ったより多かった(この時間だと糸魚川駅行きのバスに間に合うからだろう)。白馬大池から30分で天狗の庭に到着。ガスがなければ目の前に雪倉岳が見えるのだが。
c0116856_19590396.jpg
眼下にはきっと鉱山道があるはずだ。
c0116856_19591079.jpg
天狗の庭からは歩きやすい道が続くが、コースタイムがオカシイ。山と高原の地図では天狗の庭~蓮華温泉は1時間となっている。途中にあったジオパークの表示の方が正しいと思う。ここはかなりスピードを上げないと1時間では降りられない。
c0116856_19591832.jpg
後半、白馬岳日帰りのトレランの方に追いつき、話をしながら下り、13時過ぎに無事蓮華温泉に戻ってくることができた。
c0116856_19592821.jpg
露天風呂には入らず、山荘でジュースを1本買って今回の山行を締め括った。駐車場に戻ると案の定満車だった。
c0116856_19593612.jpg
懸案だった朝日岳・雪倉岳周回を歩き通すことができた。しかし思ったよりハードなコースだと感じた。1日目12km、2日目は倍近い21kmだった。前回の山歩きから3週間振りだったが、何とか予定の時間で歩くことができた。そして景色に食事に満足のいく山行だった。
 
【参考コースタイム】
朝日小屋4:12---5:13水平道分岐---7:12雪倉岳(3時間0分)
雪倉岳7:30---9:37小蓮華山9:55---10:50白馬大池(3時間20分)
白馬大池11:35---12:12天狗の庭---13:04蓮華温泉(1時間29分)(合計8時間52分・休憩含)
c0116856_20055024.jpg

[PR]
by sharizaka | 2017-08-06 18:17 | 富山県の山 | Comments(4)
Commented at 2017-08-06 21:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sharizaka at 2017-08-08 18:52
こんばんは。 朝日小屋ではお世話になりました。このブログご覧いただいてたのですね。いやービックリです。世の中狭いですねw。
蓮華温泉への最後の登りキツかったですか。ですよね。
こちらは前日の倍近いロングコースでした。雪倉岳からの絶景を見れたので満足です。
またこちらに来られることがあればぜひご連絡ください。
またお会いしましょう!
Commented by torasan-819 at 2017-08-10 07:50
や~歩きましたね!景色最高で素晴らしいです。
仲間が再来週に栂海新道に行く計画ですが、5日間の日程なのでワタクシは不参加です。
でも歩いてみたいですね。
sharizakaさんが富山にいるうちに北アに行かなければ(^^)v
Commented by sharizaka at 2017-08-11 07:44 x
何とか2日間とも晴れ間があったので良かったです。栂海新道は一度歩いてみたいですね。秋にでも挑戦してみようかな(最低3日ないと無理ですが)。
私がいるうちに北アに遊びにお越し下さい(当分いると思いますがw)。


山で心を洗ってます。


by sharizaka

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Now at the time

最新のコメント

この避難小屋は気に入りま..
by sharizaka at 17:03
かわいい小屋ですね。小屋..
by fck_mototyan at 13:56
何とか2日間とも晴れ間が..
by sharizaka at 07:44
や~歩きましたね!景色最..
by torasan-819 at 07:50
こんばんは。 朝日小屋で..
by sharizaka at 18:52
理由は解らないですが、左..
by sharizaka at 13:58
私も以前はちょっとつまづ..
by torasan-819 at 11:42
医者からは「靭帯損傷して..
by sharizaka at 05:48
あら~やっぱり、前距緋靭..
by fwix at 23:56
「山形人」とは、スゴイ見..
by sharizaka at 20:02

カテゴリ

全体
八甲田山・岩木山
岩手山・八幡平山系
鳥海山
蔵王山系
月山山系
飯豊連峰
朝日連峰
船形連峰
栗駒山
焼石連峰
神室連山
吾妻山系
北関東・南会津
立山
亘理地塁
和賀山塊
仙台近郊
新潟県の山
長野県の山
富山県の山
岐阜県の山
石川県の山
山梨県の山
Telemark Ski
スキー場
講習会
山道具など
Mountain / Trail
その他
震災関連
未分類

お気に入りブログ

親方のチャリと祭りな話
漕ぐログ -川遊び犬so...
ソロで生きる
ちょいと川へ

外部リンク

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
ウィンタースポーツ

画像一覧