2017年8月4日~5日 朝日岳・雪倉岳周回(1日目:蓮華温泉~朝日小屋)

北アルプス最北端のご馳走!

c0116856_19140393.jpg




 梅雨明けが遅れた北陸地方。しばらく天候が安定せず山に行けない週末が続いた。しかしそろそろガマンの限界だ。ようやく8月2日に梅雨明けしたので早速出撃する準備を始めた。
 当初、梅雨明け最初の週末は金曜日に有休取って2泊3日で赤牛岳へ行く予定だった。しかし、台風5号の進路が何ともハッキリせず、直前の予報では日曜日が雨予報のため、金土の1泊2日に変更。その結果、赤牛岳は断念せざるを得なかった。
 そこで今回選んだのが昨年秋に悪天候で断念した、蓮華温泉起点の朝日岳・雪倉岳周回ルート。朝日小屋の夕食も楽しみだし、花が見頃のこの機会に行くしかないと判断。木曜夜に蓮華温泉に前乗りするべく出発した。
 蓮華温泉には夜9時に到着。木曜日の夜だというのに駐車場は車で溢れていた。幸い数台分の空きがあったので止めることはできたが、翌朝出発時点では1、2台分しか空いてなかった。

 さて、1日目は蓮華温泉から白高地沢橋まで長い下り坂を降りてから朝日岳を経由して朝日小屋へ向かうルート。距離もさることながら登山口から標高差で約300mも下らなければいけない珍しいルートなので早出は欠かせない。


3時に起床。軽い食事を済ませて4:20に蓮華温泉を出発。だいぶ日が短くなり、まだ暗いのでヘッデンを点けて出発した。

c0116856_21112157.jpg
蓮華温泉からはすぐに下り坂。このルートは北アルプスでは唯一?登山口から下る登山道である(南アルプスにはあるが)。
c0116856_21114412.jpg
歩き始めて20分ほどで、兵馬の平。ここは平坦な湿地帯で花がたくさん咲いていた。
c0116856_21124097.jpg
最初の橋が、「瀬戸川橋」。山登りに来たのに、まだまだ降りる・・・・。
c0116856_21132797.jpg
このルートには時折環境省の標識がある。まだ最低地点に辿り着いていないのに、4.7kmも歩いてた。
c0116856_21141297.jpg
ここがルート上の最低地点、白高地沢橋。頑丈な橋に見えるが結構揺れる。
c0116856_21163470.jpg
ここから先は、カモシカ坂といわれる登り。このルートの特徴はとにかく木道や木の階段が多いこと。足に堪える。しばらく登るとようやく出発地点の蓮華温泉より標高が高い地点に来た。振り返ると蓮華温泉が見える。
c0116856_21181838.jpg
花園三角点に到着。三角点だがピークではなく平坦な道にあった。ここで小休止。日差しが暑く、日陰を選んで休んだ。
c0116856_21191965.jpg
花園三角点周辺は地名の通り、花の宝庫だった。ヒオウギアヤメは初めてみたかも。
c0116856_18554962.jpg
一面のワタスゲもキレイだった。
c0116856_18555614.jpg
お花畑の途中、右手に水場があった。コップも置いてあり冷たい湧き水を一杯いただいた。
c0116856_18570203.jpg
北アルプスではあまり見かけない気がするが、タカネマツムシソウ。
c0116856_18575025.jpg
ようやく朝日岳をロックオン。吹上のコルも近いか。
c0116856_18581759.jpg
水芭蕉が僅かに残っていた。最近まで雪があったのだろう。
c0116856_18585274.jpg
朝日岳まであと1.3kmだ。この辺りは一面チングルマ。
c0116856_18590966.jpg
まだ大きな雪渓が残っている。アイゼンは必要ないが、注意が必要だ。
c0116856_18592046.jpg
ようやく吹上のコルに到着。ここは栂海新道との分岐になる。まだ時間は9時。今なら栂海新道へ突入し、栂海山荘まで行く時間はある。気持ちは揺らぐが、食料も水もそこまでない。グッと堪えてここは左(朝日岳)へと進んだ。
c0116856_19024330.jpg
コルからは、日本海が見える。眼下に見えるのは黒部川扇状地である。
c0116856_19035437.jpg
まだまだお花畑は続く。ハクサンイチゲも咲き乱れる。
c0116856_19043538.jpg
予定より大幅に早く、9時半前に朝日岳山頂に到着。幸いまだガスに巻かれていない。そして誰もいない静かな山頂。
c0116856_19053535.jpg
山頂からの景色がこれだ。少し雲が掛かっているが、駒ケ岳と僧ヶ岳の稜線。左には僅かに毛勝山も見えている。
c0116856_19055875.jpg
北側には初雪山が近い。ここは昨年の残雪期に往復20kmのロングツアーで辛かった思い出がある。
c0116856_19060462.jpg
山頂では30分程待機したがガスが切れないので、朝日小屋へ降りることにした。途中で稜線の雲が切れた。これが清水尾根。尖ったピークが旭岳。その左が白馬岳だ。清水尾根も一度歩いてみたいところの一つ。
c0116856_19061015.jpg
10時半にもならないのに、朝日小屋に到着してしまった。当然今日の一番乗り。まずは受付。今夜は小屋泊夕食付。何といってもこの小屋の夕食が目当てだったから。
c0116856_19061744.jpg
取り敢えず部屋に荷物を入れたらこれ!
c0116856_19135777.jpg
お昼は持ってきたカップラーメンとおにぎりで済ました。午後1時頃から登山客が到着し始める。ほとんどが白馬山荘か白馬大池からの人。蓮華温泉から来た人は少なかった。数人は明日、栂海新道へ向かうらしい(羨ましい・・・・)。
部屋はゆったり使うことができた。10畳部屋に7名。もちろん布団1枚行き渡った。

夕食は16:45。しかも全員揃って食前酒で乾杯することから始まる。目の前に並んだ食事は下界でも見かけない豪華さ。ここは富山県朝日町なので、富山の食材を使ったメニューが多い。富山おでん、カジキの昆布〆、ホタルイカの沖漬け。
c0116856_19140393.jpg
夕食後は同室になったソロの方々と山談義。横浜と千葉から来られたとのこと。千葉の方は自分と同じルートだった。

しばらく部屋にいたが、そろそろ日が沈むころだ。ちょうど部屋(2階)の前にベランダがあり、そこから日本海を臨むことができた。夕陽が沈んだ後に西の空の雲を赤く染めていた。近くで聞きつけた方々も我々の部屋に乗り込んでこの絶景を共有した。
c0116856_19231027.jpg

明日は今日以上のロングルート(実は1日目の倍近い)になる。20時に消灯して翌日に備えることにした。
【参考コースタイム】
蓮華温泉4:28---5:17瀬戸川橋---5:58白高地沢橋---6:56花園三角点(2時間28分)
花園三角点7:05---8:56吹上のコル---9:27朝日岳(2時間22分)
朝日岳9:54---10:20朝日小屋(26分)(合計:5時間52分/山頂での晴待ち含)


[PR]
by sharizaka | 2017-08-05 21:20 | 富山県の山 | Comments(0)


山で心を洗ってます。


by sharizaka

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Now at the time

最新のコメント

krkdxさん、本当にあ..
by sharizaka at 20:21
そうです!ごめんなさい駅..
by Krkdx at 20:16
krkdxさん、コメント..
by sharizaka at 18:59
コメント失礼します。 ..
by Krkdx at 09:45
トラウトさん、お久しぶり..
by sharizaka at 19:21
こんにちは。 昨年八ヶ..
by トラウト at 21:44
先月いらしてたんですよね..
by sharizaka at 19:18
白山、お疲れ様でした! ..
by PALOMON at 20:33
この景色は自分の目で見る..
by sharizaka at 08:33
生で見る景色うらやましい..
by fck_mototyan at 06:53

カテゴリ

全体
八甲田山・岩木山
岩手山・八幡平山系
鳥海山
蔵王山系
月山山系
飯豊連峰
朝日連峰
船形連峰
栗駒山
焼石連峰
神室連山
吾妻山系
北関東・南会津
立山
亘理地塁
和賀山塊
仙台近郊
新潟県の山
長野県の山
富山県の山
岐阜県の山
石川県の山
山梨県の山
Telemark Ski
スキー場
講習会
山道具など
Mountain / Trail
その他
震災関連
未分類

お気に入りブログ

親方のチャリと祭りな話
漕ぐログ -川遊び犬so...
ソロで生きる
ちょいと川へ

外部リンク

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
ウィンタースポーツ

画像一覧