2017年8月13日~14日 北ノ俣岳・黒部五郎岳(2日目:飛越新道ルート)

今年も大展望でした

c0116856_21303060.jpg




2日目の朝は午前3時過ぎに起床。泊りの時はいつもこの時間に起きている。単に朝の準備に手間取るから。朝食を済ませ、サブザックに荷物を詰め込んで出発は4時半過ぎ。同宿のご夫婦の少し後を追った。
c0116856_21371762.jpg

木道に出ると少し空が白んできた。稜線も見えている。

c0116856_21373836.jpg

稜線が燃えている。

c0116856_21382087.jpg
右手には笠ヶ岳、乗鞍岳、御嶽山。
c0116856_21382506.jpg

1時間ほどでようやく稜線に合流。今回の登山で気づいたのは写真のようなトレランの方が多いこと。TJARの影響だろう、小さいザックに泊まり装備を詰め込み1日で長距離を歩き通すらしい。

c0116856_21382939.jpg
6時過ぎに北ノ俣岳に到着。水晶岳に赤牛岳も見えている。
c0116856_21394911.jpg

目の前には目指す黒部五郎岳。ここで撤退の理由はない。

c0116856_21400412.jpg

北ノ俣岳からはいくつかのアップダウンがある。帰りもほぼ同じ時間が掛かると思った方が良い。赤木岳はピークの下を道が巻いている。

c0116856_21411470.jpg
中俣乗越で少し休憩。徐々に黒部五郎岳が近づいてきた。
c0116856_21412329.jpg
最後の登りは30分程。振り返ると薬師岳もその雄姿を現していた。
c0116856_21423592.jpg
北ノ俣岳から2時間で黒部五郎岳に到着。ガスが切れて360度の大展望。針ノ木岳と同じく3年連続登頂。そして3回とも山頂からは絶景を見ることができた。
c0116856_21424184.jpg
薬師岳の右には、立山、剱岳、その奥には白馬岳をはじめとする後立山連峰まで臨める。
c0116856_21444985.jpg
そして眼下には黒部五郎のカールと黒部源流の山並み。右奥には黒部五郎小屋も見えている。一昨年は雨の停滞で2連泊した。
c0116856_21450085.jpg

槍ヶ岳。東西には西鎌尾根、東鎌尾根の稜線も。

c0116856_21451052.jpg
雲の平の奥には水晶岳から赤牛岳へつながる読売新道。ここは一度歩いてみたい。
c0116856_21451950.jpg
山頂で30分ほど展望を楽しんだら帰路に就く。まだ先は長い。一旦コルに下りて草原の奥に読売新道の稜線。
c0116856_21492401.jpg
この近くにトウヤクリンドウが咲いていた。
c0116856_21502790.jpg
毎回そうだが、帰りの赤木岳への登りで結構やられる。アップダウンを繰り返し最後の(ホントは最後じゃないが)北ノ俣岳への登り。この先のピークは山頂ではないが、あそこまで行けば後はほぼ平坦。
c0116856_21505976.jpg
黒部五郎岳から北ノ俣岳は、やはり行きと同じく2時間掛かってしまった。山頂で少し休憩してから、荷物をデポしている避難小屋へと向かう。稜線からの景色はこれが見納め。
c0116856_21510603.jpg
神岡新道を下っていく。避難小屋の少し上に「ガキの田」と呼ばれる池塘群がある。ここの雰囲気は個人的に好きなところ。ガスがなければ笠ヶ岳方面の景色とマッチするのだが。
c0116856_21511327.jpg
避難小屋でカップラーメンとおにぎりでお昼ご飯を済ませると体力も復活。そして荷造りと小屋の清掃をして下山した。寺地山へは一旦下がってから少し登り返すことになる。あのピークが寺地山。
c0116856_21512215.jpg
帰り道も同様に泥濘地獄を味わう。こんな逃げ場のない泥濘があちこちに。
c0116856_21513016.jpg
今回の秘密兵器?がこの長靴。登山靴を背負っていかなければならないので、荷物が増えるがこの泥濘を考えたら苦にならない。
c0116856_21514529.jpg
神岡新道との分岐を過ぎてから2つの登りがあるが、快調に飛ばしていく。この看板が見えたらあと10分くらい登山口に着くはず。
c0116856_21515299.jpg
想定通り、15時に飛越トンネル前の登山口に無事到着することができた。
c0116856_21515826.jpg
このお盆休みは天気予報が芳しくなく、遠征やロングルートの選択を諦めざるを得なかった。それでも静かな北アルプスに足を運ぶことが出来たことのは幸いなことである。昨年に続いての飛越新道は自分でも想定していなかったが、避難小屋にも快適に泊まることができたのが良い収穫だった。この先、天気が安定したら今回見えていた読売新道をぜひ歩いてみたいものだ。

【参考コースタイム】
避難小屋4:40---5:52神岡新道分岐---6:00北ノ俣岳(1時間20分)
北ノ俣岳6:09---6:34赤木岳---8:08黒部五郎岳(1時間59分)
黒部五郎岳8:40---10:04赤木岳---10:35北ノ俣岳(1時間55分)
北ノ俣岳10:49---11:56避難小屋(1時間7分)
避難小屋12:47---13:17寺地山---13:58神岡新道分岐---15:04登山口(2時間17分)
c0116856_21571647.jpg


[PR]
by sharizaka | 2017-08-14 21:30 | 富山県の山 | Comments(2)
Commented by fck_mototyan at 2017-08-19 13:56
かわいい小屋ですね。小屋まで泊まり装備で担ぎ上げてサブザックという選択肢が、、、昨年の薬師もそうすればよかったな。(頭悪い)
Commented by sharizaka at 2017-08-20 17:03
この避難小屋は気に入りました。
昨年の薬師岳は全部背負っていったんですか?同じところに戻るなら空身で行かないともったいないですよ。


山で心を洗ってます。


by sharizaka

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Now at the time

最新のコメント

先月いらしてたんですよね..
by sharizaka at 19:18
白山、お疲れ様でした! ..
by PALOMON at 20:33
この景色は自分の目で見る..
by sharizaka at 08:33
生で見る景色うらやましい..
by fck_mototyan at 06:53
この避難小屋は気に入りま..
by sharizaka at 17:03
かわいい小屋ですね。小屋..
by fck_mototyan at 13:56
何とか2日間とも晴れ間が..
by sharizaka at 07:44
や~歩きましたね!景色最..
by torasan-819 at 07:50
こんばんは。 朝日小屋で..
by sharizaka at 18:52
理由は解らないですが、左..
by sharizaka at 13:58

カテゴリ

全体
八甲田山・岩木山
岩手山・八幡平山系
鳥海山
蔵王山系
月山山系
飯豊連峰
朝日連峰
船形連峰
栗駒山
焼石連峰
神室連山
吾妻山系
北関東・南会津
立山
亘理地塁
和賀山塊
仙台近郊
新潟県の山
長野県の山
富山県の山
岐阜県の山
石川県の山
山梨県の山
Telemark Ski
スキー場
講習会
山道具など
Mountain / Trail
その他
震災関連
未分類

お気に入りブログ

親方のチャリと祭りな話
漕ぐログ -川遊び犬so...
ソロで生きる
ちょいと川へ

外部リンク

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
ウィンタースポーツ

画像一覧