2017年9月2日~4日 読売新道(1日目:新穂高~双六岳~鷲羽岳~水晶小屋)

体力の限界・・・・w
c0116856_20531270.jpg





この夏は天候が安定しない日が続いた。9月に入りそろそろ安定した週末をと期待したところ、ようやくその日が巡ってきたようだ。しかし数日前までは日本の東側を大型台風が通過する予報で、寒気も入り標高の高いところには初雪のマークも一時出ていた。それが直前に良い方に変わってくれたのだ。このチャンスを逃すわけにはいかない。

以前からの課題だった読売新道踏破をこの週末、月曜日有休を付け2泊3日で敢行することにした。ルートは新穂高から一直線に北に向かい、双六岳、三俣蓮華岳、鷲羽岳、水晶岳、そして最奥の赤牛岳を経由し、黒部ダムへと進む全長約55kmのロングコースになる。

初日は新穂高から水晶小屋までの3日間の中では一番長いコースであり、ピークの数も多い。当然夜明け前出発が必須になる。ということで、新穂高には前乗りし車中泊。夏休みも終わったことで到着時(19時半頃)はかなり空いていた駐車場だったが、実は夜中に満車になった。

起床は午前2時。それは3時には新穂高を出発したかったからだ。軽く食事をしまだ真っ暗な新穂高を出発する。新穂高センターで入山届を出して左俣へと向かう。いつもならこの時間で出発する人が数人いるのだが、この日は自分だけ。ちょっと寂しい。
c0116856_20300141.jpg
いよいよ左俣登山口から出発。いつも通り、登山道に向かって一礼をしてからのスタート。
c0116856_20300867.jpg
小池新道に入るまでは舗装路が続く。笠新道入口から10分程歩くと、わさび平小屋に到着。2、3人が出発の準備をしていた。ここでトイレを借りた。
c0116856_20324058.jpg
登山道に入り順調に進むが、前にも後ろにも誰もいない。ヘッデンで足元を照らし秩父沢に到着。真っ暗な沢はちょっと不気味だ。
c0116856_20301368.jpg
秩父沢で少し休憩してさらに進む。イタドリヶ原を過ぎたあたりから徐々に明るくなりはじめ、シシウドヶ原に着くころにはヘッデンは要らなくなった。徐々に雲も切れはじめ、先が楽しみな空模様になってきた。
c0116856_20301913.jpg
出発からちょうど3時間。午前6時に鏡池に到着。今年も槍ヶ岳を拝むことができた。ここを歩くのは5回目くらいになるが、実は槍ヶ岳が見えなかったことは一度もないのだ。
c0116856_20302735.jpg
鏡平山荘前で一本入れる。ここでも宿泊した方が出発の準備をされていた。
c0116856_20385372.jpg
ここまで来れば双六小屋は近い。鏡池を出発してからは少し上りが出てくる。そして弓折乗越に到着。ここで先に着いていたご夫婦と出会った。自分と同じく新穂高を今朝出発したとのこと。今朝と言っても1時だったらしいので自分より2時間も前に出ていたのだ。行先も水晶小屋ということで、この先、時折一緒に歩かせていただいた。
c0116856_20410546.jpg
弓折乗越を出発し、雪田花見平に到着。さすがに花はない。右側のハイマツにライチョウがよく出てくるのだが、この日は会えなかった。これだけ天気がいいのでしょうがないが。
c0116856_20440247.jpg
ようやくホッとした瞬間がやってきた。双六小屋と奥に鷲羽岳が見えた。このルートの最初のポイントはここだと思う。
c0116856_20412144.jpg
このルート最速タイムで双六小屋に到着した。
c0116856_20462054.jpg
双六小屋前で一息付いたら先へ進もう。まだまだ先は長いのであまりノンビリもしていられない。小屋前から10分程登ると巻き道と稜線ルートの分岐。ホントは巻き道の方が楽なのだろうが、あの景色を見たいので敢えて稜線ルートを選択。
c0116856_21430633.jpg
以外にキツイ登りをクリアすると展望が開ける。左手には笠ヶ岳。
c0116856_21431792.jpg
そしてあの景色がこれだ。カレンダーやいろんなところで見る景色だが、生で見るのが一番。昨年はガスで全く見えなかっただけに、来た甲斐があった。
c0116856_21432256.jpg
そしてこの日最初のピーク、双六岳に到着。この時点ではまだ青空だったのだが・・・・。
c0116856_21433187.jpg
双六岳から左は黒部五郎岳、正面に薬師岳が見える。
c0116856_21474175.jpg
双六岳から1時間ほどで三俣蓮華岳に到着。実はこの時間帯が疲れのピークを迎えていた。双六小屋まで飛ばしすぎたのが原因だと思う。
c0116856_21491400.jpg
三俣蓮華岳からは三俣山荘へ降りて行かねばならない。しかし、足がプルプルしはじめ、ゆっくりとしか降りれない。想定以上に時間がかかってしまった。
c0116856_21492217.jpg
三俣山荘では大休憩を取ることにした。この先目の前の鷲羽岳を登らねばならないから。山荘では2階の食堂でポロネーゼを注文(名物のジビエシチューは売切れ中だった)。これを食べたら体力復活!。単にシャリバテだったのかもしれない(笑)。
c0116856_21512978.jpg
三俣山荘では1時間も休憩してしまった。それでもまだ体に疲労感はある。最近の山登りでは経験したことのない疲労感。さあ力を振り絞って目の前の鷲羽岳を登ろう。
c0116856_21531156.jpg
鷲羽岳はジグザグの登山道が山頂まで延々と続いている。一定のペースを保てば思ったより大変ではない。今回見たい風景の一つが鷲羽池。一昨年来た時は雨で何も見えず、この道を下っていた。今日は少しガスが掛かったものの、池をみることができた。
c0116856_21535941.jpg
そしてようやく鷲羽岳山頂に到着。一つのピークをクリアした。東側は真っ白だが、西側はそこそこ視界はあった。
c0116856_21554141.jpg
今日のゴールはここではない、更に先へと進む。左手には黒部源流域が広がる。
c0116856_21555797.jpg
鷲羽岳からはワリモ岳を越え、ワリモ北分岐から水晶方面へと進む。この日最後の登りを迎えた。早く着きたい、すでに歩き始めてから10時間を超えていた。
c0116856_21570953.jpg
出発から11時間、ようやく今日の目的地、水晶小屋に到着。ホントにホッとした瞬間だった。しかし体力はすでに限界。途中から一緒になったご夫婦は、明日より今日のうちにと水晶岳へと向かっていったが、自分にその余裕はなく、小屋でゴロゴロすることにした(自分は明日通る予定なので)。
c0116856_21571946.jpg
まず受付を済ませて部屋へと上がる。水晶小屋は7月にトイレ回収に伴い新館ができた。自分は予約していたためか、この新館に割り当てられていた。しかし予想通り混雑するとのことで布団は2人で1枚と指定された。奥が新館。1階は外からも入れるトイレになっている。洋式で、清潔だった。
c0116856_22003007.jpg
新館2階はこんな感じ。まだ木の香りがしていた。
c0116856_22012932.jpg
夕食は午後5時。水晶小屋の夕食はカレーライス(お代わり自由)。ちょっとサラサラしたカレーで具も少ない。汁物とゼリーが付いた簡素なものだった。
c0116856_22025885.jpg
夕食後は夕暮れの風景を見に外に出てみた。小屋の前には雲海に浮かぶ野口五郎岳(裏銀座ルート)が見えている。
c0116856_22040129.jpg
そして雲海に浮かぶ槍ヶ岳。そして南岳、大キレットへと続く稜線。
c0116856_22041720.jpg
先ほど歩いてきた、鷲羽岳とワリモ岳。
c0116856_22042621.jpg
西の雲海に沈む夕陽。左側手前は祖父岳、奥は黒部五郎岳のピークだけが浮かんでいた。ここは標高2,900mあり、雲の上に出ているからこれだけの絶景を見れるのだ。
c0116856_22043306.jpg
かくして、ツアー1日目を無事終えることができた。実は夕食後、到着しない方がいたとのこと、新館は布団1人1枚になり快適に寝ることができた。さて明日はいよいよ、水晶岳から赤牛岳を通る読売新道の本番。天気を期待して早めに床に就いた。

【本日のコースタイム】
新穂高3:02---3:55わさび平----4:42秩父沢---6:00鏡平小屋----6:35弓折乗越----7:46双六小屋(4時間42分)
双六小屋8:03---8:52双六岳----9:55三俣蓮華岳----10:40三俣山荘(2時間37分)
三俣山荘11:34----12:33鷲羽岳---13:30ワリモ北分岐----14:05水晶小屋(2時間31分)
[行動時間:11時間3分(休憩含)]



[PR]
by sharizaka | 2017-09-04 20:55 | 富山県の山 | Comments(2)
Commented by fck_mototyan at 2017-09-10 06:53
生で見る景色うらやましい。年に一度くらいは山深いアルプスに行きたいです。
Commented by sharizaka at 2017-09-10 08:33
この景色は自分の目で見ることをお勧めしますw
黒部源流の奥深い自然を満喫できますよ。


山で心を洗ってます。


by sharizaka

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Now at the time

最新のコメント

先月いらしてたんですよね..
by sharizaka at 19:18
白山、お疲れ様でした! ..
by PALOMON at 20:33
この景色は自分の目で見る..
by sharizaka at 08:33
生で見る景色うらやましい..
by fck_mototyan at 06:53
この避難小屋は気に入りま..
by sharizaka at 17:03
かわいい小屋ですね。小屋..
by fck_mototyan at 13:56
何とか2日間とも晴れ間が..
by sharizaka at 07:44
や~歩きましたね!景色最..
by torasan-819 at 07:50
こんばんは。 朝日小屋で..
by sharizaka at 18:52
理由は解らないですが、左..
by sharizaka at 13:58

カテゴリ

全体
八甲田山・岩木山
岩手山・八幡平山系
鳥海山
蔵王山系
月山山系
飯豊連峰
朝日連峰
船形連峰
栗駒山
焼石連峰
神室連山
吾妻山系
北関東・南会津
立山
亘理地塁
和賀山塊
仙台近郊
新潟県の山
長野県の山
富山県の山
岐阜県の山
石川県の山
山梨県の山
Telemark Ski
スキー場
講習会
山道具など
Mountain / Trail
その他
震災関連
未分類

お気に入りブログ

親方のチャリと祭りな話
漕ぐログ -川遊び犬so...
ソロで生きる
ちょいと川へ

外部リンク

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
ウィンタースポーツ

画像一覧