カテゴリ:月山山系( 30 )

2013年4月29日 月山(東斜面)

ゴチソウサマデシタ!
c0116856_19594121.jpg


More
[PR]
by sharizaka | 2013-04-30 20:38 | 月山山系 | Comments(4)

2013年4月20日 月山(品倉尾根)

尾根って、英語でOne?いや、Ridgeです。
c0116856_2091673.jpg


More
[PR]
by sharizaka | 2013-04-21 08:49 | 月山山系 | Comments(8)

2013年4月14日 姥ヶ岳

OPENは明日です
c0116856_1746643.jpg


More
[PR]
by sharizaka | 2013-04-14 18:10 | 月山山系 | Comments(8)

1月27日 湯殿山(IDEHAツアー)

15年ぶりの湯殿山へ
c0116856_17332789.jpg


More
[PR]
by sharizaka | 2013-01-27 18:18 | 月山山系 | Comments(4)

1月20日 姥ヶ岳方面

看板に手が届き・・・・
c0116856_2265283.jpg


More
[PR]
by sharizaka | 2013-01-22 22:09 | 月山山系 | Comments(2)

1月4日 IDEHAツアー

初めてIDEHAツアー(初心者ツアー)に参加!
c0116856_18444783.jpg
以前から参加してみたかったIDEHAのツアーへようやく申込みました。まずは初心者ツアーからと言う訳で、冬の月山を体験(今まで春しか行ったことないので)をしようと思ったら、天候を鑑みて、前日に行き先変更だったらしいのです(ブログを見てなかっただけ)。

当日はかなり早めに着いたのだが、集合場所を思いっきり勘違いしていて、私と同じ考えの方がいたので助けられましたけど、5分遅れで到着。

で、肝心の行き先は・・・・・、湯殿山神社方面ということでした。

初心者ツアーとは言うものの、ほとんどの人が経験者。前日当日も雪が降り続いたため、最初からラッセル状態。2時間ほどハイクアップして、ちょっと小高いピークからパウダー2本滑って終了でした。いい雪でした!

今度はキャッツツアーだな。※写真は、IDEHAのブログから勝手に拝借
[PR]
by sharizaka | 2013-01-04 20:55 | 月山山系 | Comments(2)

2012年4月15日 月山・姥ヶ岳(姥沢~山頂~石跳川)

先週スキー場がオープンしたばかりの、月山へ。月山は昨年のGW以来、1年ぶりです。
前夜に姥沢駐車場に入り(志津から先は19時以降夜間通行止めです)、車中泊。一人宴会して8時半には就寝。
午前4時半に目が覚めて暖房を掛けます。外気温は0℃。三ツ石の時に比べれば(-6℃)暖かい朝ですが、やっぱり寒い・・・・。6時過ぎに姥沢駐車場を誰もいないスキー場目指して歩き始めます。やっぱり山は静かな方がいいな。

リフト上駅で一休みして、トラバース気味に月山を目指します。金姥の下をトラバース、紫灯森の先から鳥海山が見えました。何度も書いてますが、一番キレイな山だと思います(個人的には祓川からみた姿がいいですが)。紫灯森を過ぎるといよいよ急登、このときまだ朝8時。斜面はやっとお日様が当たり始めたばかりで、表面が解けません。しばらくはシールで登るも、昨年と同じところでギブアップ。板をザックに着けてここからはキックステップで上がります。午前9時過ぎに快晴の山頂に到着。ちょいと時間掛かりすぎでした。
山頂では30分ほど散策・休憩して下ります。が、当然まだ山頂直下はガリガリ。エッジが効かないので下りにもかかわらず、板を担ぐ羽目に。雪が柔くなったところを見計らって滑り込みます。

さてお次は、姥ヶ岳への登り返しです。結構ヘバッてたので、チンタラ登ります。ボーダーも一列になってステップを使って上がっていたので利用させてもらい、姥ヶ岳山頂へ。さすがに人が多いです。パンチパーマの兄ちゃんがいたり、下界と変わらないのが変です。
さあ、ここから姥沢へ帰ろうかと思っていたところ、変なおじさんに遭遇。格好は、Yシャツ・ネクタイ・スラックス。板はショートスキーにテレ金具、なのに滑りは完全アルペン(全くテレマーク姿勢しなかった)。齢70歳位に見える方が、「ネイチャーセンターまで行くか?」と。その場は帰りのこと(バスしかない)を考えて断ったが、どうせ来たんだからと、遅れて石跳川目指して滑り込む。姥ヶ岳の西面は最高でした!その後は石跳川沿いに下りネイチャーセンターに無事到着(12:50)。バスに乗るため月山荘前のバス停まで歩きます。

ここで、勘違いが判明!実はバス(月山荘前)の時間は、14:51。自分はなぜか13:51と勘違い。つまり約2時間待つ羽目に・・・・。そこへ救世主現る!バス停で待つこと1時間ほど、ネイチャーセンターから月山荘前の駐車場へ向かう一人の山スキーヤーと挨拶。ん、ん、あれWさん?なんとWさんと遭遇(湯殿山へ行っていたそうです)。姥沢への送りを快くお引き受けいただき、あと1時間待つことなく姥沢駐車場へ帰還しました。ホント感謝です。

快晴に恵まれ、いい塩梅のザラメが楽しめたツアーでした。
c0116856_18271035.jpg
午前6時半のリフト下駅。当然誰もいません。
c0116856_18271534.jpg
下駅から約30分で上駅。月山を望みます。いい天気、いい山です。
c0116856_18272653.jpg
紫灯森の先から鳥海山がキレイに見えました。
c0116856_18273152.jpg
月山山頂です。午前9時、誰もいません。
c0116856_18274285.jpg
山頂から朝日連峰を望みます。
c0116856_18274674.jpg
下る頃になるとリフトで上がって来たスキーヤーが行列をなして山頂目指していきます。しかしこの頃もまだガリガリバーン。皆さん苦戦してました
c0116856_18275765.jpg
帰りは姥ヶ岳へ登り返し、西面を石跳川目掛けて滑り込みます。この斜面は最高でした!
c0116856_1828088.jpg
ネイチャーセンター前の石跳川。まだまだ雪に埋まってます。
c0116856_18341354.jpg
トラックでは山頂まで記録ありませんが、手前にザックをデポしたので・・・・

[PR]
by sharizaka | 2012-04-15 17:18 | 月山山系 | Comments(4)

2011年5月14日 姥ヶ岳(ネイチャーセンター~石跳川~金姥)

石跳川、でもカヌーではありません。山形県立自然博物園ネイチャーセンターから石跳川沿いを登り、姥ヶ岳までの往復を考えていたのですが、天候があまり良くなかったので、途中で引き返しました。
c0116856_20333838.jpg
ご存知、ネイチャーセンターです。
c0116856_2033507.jpg
何とか石跳川の左岸は雪が繋がっていますが、ところどころ狭くなってます。要注意!
c0116856_2035134.jpg
石跳川を振り返る。後半少しだけ埋まってます。
c0116856_20361092.jpg
装束場の小屋でしょうか。右側は掘ってあるので入れそうでしたが。
c0116856_20371725.jpg
装束場から金姥方面を望むが、雲の中。今日は一日こんな感じでした。
c0116856_20372798.jpg
今日はここまで。4/30に来た時は完全に雪の中だったけど、解けましたね。
c0116856_20393580.jpg
帰りに少し視界が開けました。この斜面はグッドでした。
c0116856_20401123.jpg
午後からは、ネイチャーセンターが行っているガイドウォークに参加してみました。2時間ほどですが、ナント無料!結構参加者いるようです。ニオイコブシ(タムシバ)の花が咲いていました。
c0116856_20424689.jpg
ネイチャーセンターでm-freeの和田さんとバッタリ遭遇、お久しぶりでした。湯殿山へ向かわれたので途中までご一緒させていただきました。
湯殿山ですが、東面は当然滑走不可。装束場からの湯殿山への尾根道は雪がありません、夏道で出てました。石跳川右岸も雪がだいぶ解けてますので、川を渡る場所が限られてきました。姥ヶ岳は雪が繋がっているのか、ちょっと微妙な感じ。そろそろ終わりかもしれませんね。
[PR]
by sharizaka | 2011-05-14 20:45 | 月山山系 | Comments(2)

2011年4月30日 月山・姥ヶ岳

鳥海山を断念し、そのまま帰るのも癪なので月山へ向かいました。月山は10年ぶりくらいかも。鳥海山からは一旦日本海側へ出て、酒田から高速(無料)で。なんだかんだで今日は500km以上走ってしまいました。夜10時前には姥沢駐車場着。
c0116856_5474327.jpg
姥沢駐車場を6時に出発。沢コースを登り、7時前まだ誰もいないリフト上駅から月山を望む
c0116856_547523.jpg
Tバー沿いに登って姥ヶ岳山頂
c0116856_548124.jpg
帰りに再び姥ヶ岳へ登り返し最後の大斜面へ。 この頃には山頂はスキーヤーがたくさん
c0116856_5481498.jpg
登りは姥ヶ岳から尾根沿いにルートと取りました。紫灯森から徐々にアイスバーンに苦戦し、残念ながら1850m付近で断念。いまだ山頂には行ったことがないので、リベンジします。リフト上駅の先には、小屋ほどの大きな雪庇崩れの塊りがありました。地震の影響と思われる亀裂もありますので、気を付けないといけません。
帰りは水沢温泉で汗を流して、帰路に着きました。それにしても滑らない雪だったな。

今日初めて、COMMBAckを登りで使ってみました。まず、”重い!”が第一印象でした。あとは慣れですけどね。ツアービンディングの威力は深雪でないと分りませんでした。
[PR]
by sharizaka | 2011-04-30 22:45 | 月山山系 | Comments(0)

2010年10月24日 村山葉山(畑~岩野)

昨日の大朝日岳からリハビリ?を兼ねて近くの村山葉山へ。虎毛山ではないが、「葉山」と名の付く山では日本一高いらしい。その昔は出羽三山に数えられていたが、現在は湯殿山に取って代わられたとのこと。

c0116856_21102980.jpg
出発は寒河江市畑集落にある「葉山市民荘」、立派な建物と入口に長命水がある。
c0116856_21121626.jpg
登山口は林道を10分歩いたところから。立入禁止と書いてあるが両側の民家のこと。真っ直ぐ進む。
c0116856_2113127.jpg
まもなく広い道に出て斜度の無い道を登る。
c0116856_21161499.jpg
昨日登った大朝日岳をはじめとする朝日連峰を望む
c0116856_21171664.jpg
雲海の上に鳥海山。いつまでも眺めていたかった。
c0116856_21175946.jpg
目の前には月山の全貌が見える

c0116856_2126541.jpg

葉山にはいくつかコースがあるが、今回は畑コースから登り奥の院まで。帰りはお花畑から岩野コースへ降りる周回コースを辿った。登山口からお花畑分岐まではあまり眺望は無いが、その先は一気に展望が開ける。葉山までは、小僧森、大僧森、大ツボ石等、4つのアップダウンを繰り返す。元々眺望の良い山として知られており、目の前の月山はじめ、鳥海山、昨日登った朝日連峰、栗駒山に船形山、蔵王、吾妻連峰と一通りの山は一望できた。
帰りはお花畑から岩野コースへ。こちらの方が東側の展望が良い。八丁坂を過ぎると間もなく岩野口に到着。ここからは車道を15分程歩いて葉山市民荘へ。ちょっとマイナーな山のせいか、行きは誰もいなく、帰りも一組としかすれ違わなかった。あまり人気がないと熊さんの心配が....。熊鈴をガンガン鳴らしながらの山行だった。

【参考タイム】
葉山市民荘6:15---->7:08聖仏平--->7:30お花畑分岐---->8:20葉山山頂---->8:36奥の院(2時間21分)
奥の院8:55--->9:38お花畑分岐--->10:22三宝荒神---->10:41岩野口--->11:02葉山市民荘(2時間7分)
[PR]
by sharizaka | 2010-10-24 21:33 | 月山山系 | Comments(2)


山で心を洗ってます。


by sharizaka

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Now at the time

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新のコメント

「山形人」とは、スゴイ見..
by sharizaka at 20:02
人形山の由来は興味深いで..
by fck_mototyan at 20:56
元やんさんも板納めでした..
by sharizaka at 21:39
KIYOちゃん、遠路お疲..
by sharizaka at 21:37
私もスキー板片付けました..
by fck_mototyan at 18:24
二日間お世話になりました..
by KIYO at 20:04
やっとー、会えましたね!..
by sharizaka at 07:37
本当に、やっとーやっとー..
by みい at 10:09
5日に鳥海山だったんです..
by sharizaka at 20:25
こんばんは~、鳥海山遠征..
by PALOMON at 19:45

カテゴリ

全体
八甲田山・岩木山
岩手山・八幡平山系
鳥海山
蔵王山系
月山山系
飯豊連峰
朝日連峰
船形連峰
栗駒山
焼石連峰
神室連山
吾妻山系
北関東・南会津
立山
亘理地塁
和賀山塊
仙台近郊
新潟県の山
長野県の山
富山県の山
岐阜県の山
石川県の山
山梨県の山
Telemark Ski
スキー場
講習会
山道具など
Mountain / Trail
その他
震災関連
未分類

お気に入りブログ

親方のチャリと祭りな話
漕ぐログ -川遊び犬so...
ソロで生きる
ちょいと川へ

外部リンク

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
ウィンタースポーツ

画像一覧