カテゴリ:蔵王山系( 52 )

2010年11月7日 南蔵王(不忘山~屏風岳~水引入道)

今シーズン最後の山と決めたのが屏風岳。自宅を出る頃は霧が出ていたので好天を期待して一路白石スキー場へ。
c0116856_20282948.jpg
朝日が照らす屏風岳方面。数日前に雪が降ったらしく、駐車場へ向かう道からも屏風に雪があるのが見えた
c0116856_20293762.jpg
スキー場左手からスタート。ゲレンデに雪が積もるのももう少しかな
c0116856_2030143.jpg
快晴の不忘山山頂。風も弱く、こんな日は冬には味わえない
c0116856_20312129.jpg
遠くに雪を被った朝日連峰が眺められた。来年は縦走してみたい
c0116856_2032791.jpg
不忘山を過ぎると雪道が続く 南屏風岳山頂付近も雪に覆われていた
c0116856_20331100.jpg
熊野岳方面を望む。雪景色がキレイだった
c0116856_20332825.jpg
稜線はずっとこんな雪道が続いた。ちょっと冬を先取りした感じ
c0116856_20341126.jpg
誰もいない静かな屏風岳山頂
c0116856_203658.jpg
屏風岳からは水引入道経由、コガ沢コースへ。本日のコガ沢はこんな感じ
c0116856_20364431.jpg
コガ沢を過ぎると落ち葉トレイルを延々と・・・・、そして白石スキー場へ到着

9月に船形山に登ったのを機に、急に登山に目覚めてしまった。おがけで大小12の山に登ることができた。目的は、冬場に向けてのトレーニング、後はピークハントかな。だいぶ心肺機能が向上したような気がする。そして、あとはゲレンデに雪が積もるのを待つだけです。無積雪期の登山はこれで一応終わりにします。
c0116856_20515034.jpg

【参考タイム】
白石スキー場7:00--->7:25ユキトリ沢--->7:47弘法清水--->8:30不忘山
   不忘山8:40--->9:10南屏風岳9:15--->9:32水引分岐---9:41屏風岳(行き:2時間41分)

屏風岳10:00--->10:18水引平--->10:36水引入道--->10:59コガ沢---11:42白石スキー場
(帰り:1時間42分・休憩せず)
[PR]
by sharizaka | 2010-11-07 20:08 | 蔵王山系 | Comments(4)

2010年11月5日 青麻山

本日は代休で神室岳に行く予定だったが・・・・初歩的なミス。笹谷峠は冬期通行止めだった。
代替案があったのが幸いという訳で、青麻山へ急遽変更。一応こちらも東北百名山に名を連ねている。標高は799.9m(あと10cmで800mなんだけど)。電波等からのピストンでお散歩だった。
c0116856_23415433.jpg
電波等脇が上り口です。200mおきに看板があります。
c0116856_2342541.jpg
目の前が青麻山
c0116856_23421552.jpg
山頂からは太平洋が見えます。ところがここに忘れ物をしてしまった(熊鈴)。


【参考タイム】 往復1時間掛かりません。
[PR]
by sharizaka | 2010-11-05 23:45 | 蔵王山系 | Comments(0)

2010年1月24日 不忘山

c0116856_15233078.jpg
今シーズン初の不忘山へ。天気は期待通りの快晴だったが、上へ上がるほど風が強かった。雪質は予想通りのモナカ雪とガリガリバーンで滑りは×。ま、散策気分での山行だったので良しとしよう。
c0116856_15234278.jpg
今日は天気が良かったので山頂まで来てみた。山頂までは10年以上来ていなかったのですが、石碑って昔からありましたっけ?
c0116856_15235297.jpg
屏風がキレイでした。これ見れただけでも満足です。
c0116856_1524140.jpg
コースはいつも通りだが、ちょっとトラバースが早すぎたかも・・・・・。どうも帰りに板をやってしまったらしい(大きな傷)。おまけに木に突っ込んだ時に枝が服に刺さり穴が開いてしまった。いつも藪漕ぎに苦労する不忘でした。
[PR]
by sharizaka | 2010-01-24 15:31 | 蔵王山系 | Comments(2)

2010年1月10日 刈田岳

c0116856_1562099.jpg
天気予報はどうだったかな。こんなに天気悪いはずじゃ・・・・。暴風+視界なしは、刈田岳の定番です。そして今年は雪が少ない。
c0116856_1562953.jpg
取り敢えず刈田避難小屋までは行けました。たまにはトラックログを。ま、至ってやさしいコースを辿ってしまいました。ホントは井戸沢滑りたかったけど。
[PR]
by sharizaka | 2010-01-10 15:09 | 蔵王山系 | Comments(2)

2009年10月17日 雁戸山・南雁戸山

・期日:10月17日(土)
・場所:笹谷峠~雁戸山~南雁戸山往復
・天候:快晴・無風
・人数:ソロ

ここ2週間全く運動していなかったので、お手軽ハイキングで体慣らしです。雁戸山へ行くのは10年振りかな。笹谷トンネルだけ高速利用し、笹谷峠駐車場からの往復です。

c0116856_17521346.jpgc0116856_17522320.jpg
笹谷峠駐車場から鉄塔下を通り右側から登ります。                  蟻の渡からみた紅葉

c0116856_17524773.jpgc0116856_17525773.jpg
        雁戸山山頂                                雁戸山北面の紅葉

c0116856_17533042.jpgc0116856_17534143.jpg
     南雁戸山山頂                         帰りは川崎町の「支那そば」へ。

幸い天候に恵まれ、ちょっと早い紅葉を堪能することができた。時間があれば名号峰まで足を伸ばしたがったが今日はここまで。また次の機会に。

・往路:笹谷峠7:25 ---<山形側>---> 9:00雁戸山山頂9:15 ----> 9:35南雁戸山山頂
・復路:南雁戸山山頂10:00 ----> 10:20雁戸山山頂10:20 ---<カケスガ峰経由>--- 11:45笹谷峠
[PR]
by sharizaka | 2009-10-17 18:03 | 蔵王山系 | Comments(0)

2009年9月20日 大東岳

・期日:9月20日(日)
・天候:晴れ時々曇り
・人数:1名

久しぶりのハイキング。行き先は大東岳(標高1,365m)。
朝寝坊したので自宅を出発したのはAM6:10頃。二口の本小屋の駐車場にAM6:55着。先着は2台だった。早々に支度をし、本小屋を表コースから登り始める。何せ初めての山、ガイドブックやHPで概要は確認しているが、相手は自然である。取り敢えず自分のペースで上り始めた。

本小屋からちょうど1時間で5合目に到着。この山は1合目から9合目まで同じような石碑があるので目安になります。ここで小休憩(3分)。ここから徐々に斜度が上がってくる。6合目を過ぎたところで目指す大東岳山頂が見えてくる(でもここから結構あります)。
8合目を過ぎると「鼻こすり」の看板あり。9合目以降は、なだらかな斜面がだらだら続き、山頂に到着。
今日はちょっとガスが出ており、眺望がよくない。晴れていれば360度大パノラマ?なのかもしれないが。
c0116856_16375422.jpgc0116856_1638832.jpg

c0116856_1638293.jpgc0116856_16384286.jpg
山頂で30分程休憩。結構風が強く、寒い。山の上はすっかり秋というか初冬の装い。周りは紅葉が思いの他進んでいてきれいだった。出発しようとしたら、8合目で追い越したおじさんが登ってきて、しばらく談笑。大東岳に9回目の登頂らしい。目標が10回だとのことなのであと1回。素晴らしい。c0116856_16394168.jpgc0116856_1640381.jpg
※写真をクリックすると大きくなります。
下りは樋ノ沢避難小屋経由の裏コースを選んだ。表コースに比べると距離は1.5倍(8.6km)。下り始めてすぐに「弥吉ころばし」の看板が。かなりの急坂で、1度だけ思いっきりしり。山頂から1時間で樋ノ沢避難小屋着。立派な小屋です。ここを右に行くと小東岳へ続きます。今日はそのまま下山。いくつもの沢を渡り、途中裏磐司が見えますが、木立が邪魔でよく見えません。白滝・雨滝などを左にみて、ようやく本小屋駐車場に到着。下り所要時間2時間半でした。c0116856_16405535.jpgc0116856_1641554.jpg

今日は、山登りを楽しむと言うよりは、トレーニング的要素が強いので所要時間は一般よりかなり早いですので参考にはしないで下さい。

■コースタイム
行き(表コース):本小屋(7:12)----(8:15)5合目(8:18)----(9:10)大東岳山頂(1時間58分・休憩含む)
帰り(裏コース):大東岳山頂(9:35)----(10:35)樋ノ沢避難小屋(10:40)---(12:05)本小屋着(2時間30分・休憩含む)
[PR]
by sharizaka | 2009-09-20 15:06 | 蔵王山系 | Comments(0)

2009年3月1日 馬ノ神岳

馬ノ神岳(Manokami dake 1522m) 宮城県刈田郡蔵王町


本日は白石の馬ノ神岳へ。あまりツアーには向かない山ですが、不忘や刈田はもう飽きたので初めての山に挑戦となりました。南蔵王青少年野営場からのスタートです。北西ゲートを出るとこの看板があります。本来、白萩林道から登るようですが、ついついここから入ってしまいました。
c0116856_15452048.jpg

c0116856_15453136.jpg

このコースは全体的に↓こんな感じです。これはまだ良いほうで、かなり強烈な藪漕ぎがあります。

山頂付近が見えてきました。このやせ尾根を登ればすぐです。
c0116856_15454092.jpg

c0116856_15455023.jpg
山頂での一枚。後方は屏風岳です。左手には水引入道もハッキリ見えます。今日は快晴で素晴らしい景色を堪能できました。

下りが問題で、コースをなぜか南に取ってしまい沢に落ちそうになったり、藪に悪戦苦闘し、かなりタイムロスをしてしまいました。今日ほどGPSの威力を感じた日はありませんでしたね(元のコースへ戻るのに苦労しました)。
[PR]
by sharizaka | 2009-03-01 15:50 | 蔵王山系 | Comments(1)

2009年2月27日 刈田岳・熊野岳

先週に続いて刈田方面でした。

天気図的にはギリギリ快晴かなとの予想で家を出発。途中みちのく公園から見た屏風岳。うん、これなら行けそうと期待。
c0116856_1840478.jpg


先週同様リフトは一番乗り。後見ゲレンデでシールを貼り登り始めると刈田岳がクッキリ見えます。今日は中央コースを登りました。
c0116856_18405831.jpg

前山、杉ヶ峰方面を望む。
c0116856_18421354.jpg

今日の刈田小屋と刈田神社です
c0116856_18425424.jpg
c0116856_18433479.jpg
今日の”お釜”です。今日は刈田岳山頂付近~馬の背~熊野神社まで爆風が吹き荒れていました。ホントはもっと近づいて撮りたかったのですが、風で体が吹き飛ばされそうだったので断念。
c0116856_1845139.jpg

馬の背から避難小屋を経由して熊野神社に到着(11:15頃)
c0116856_18455723.jpg

帰りは刈田の小屋でラーメンを食し体もポカポカ。しかし今日の風には参りました。天気が良かったのがせめてもの救いですが、この「爆風」(暴風と言うレベルではない)だけはいただけませんね。
[PR]
by sharizaka | 2009-02-22 19:02 | 蔵王山系 | Comments(2)

2009年2月15日 刈田岳

先々週のリベンジで再び刈田岳へ。

今日は団体さんが多いようで、レストハウス前は雪上車がこんな状態。ハウス内も特に女性用トイレは大行列状態でした。
c0116856_14285969.jpg

午前8時45分。リフト一番乗りで刈田岳を目指します。さすがに前回より天候は良いものの、進むにつれて風が強くなってきます。大黒天のバス停はこんな感じ。昨日の雨の影響か、先々週より若干雪が少なくなった気がします。今日はここから上がります。
c0116856_14303177.jpg


途中から風がかなり強くなったが、なんとか10:35に刈田神社に到着(暴風の中、写真撮っていただいたテレマーカーの方ありがとうございました)。この先にもちょっと進みましたが、暴風と視界不良でとてもまともに歩けるような状況ではないので引き返します。
c0116856_14323213.jpg

手前の小屋はこんな感じ。強風で板を外すのが面倒くさいので入りませんでした。
c0116856_14325856.jpg


帰りはポールに沿って中央コースを降りてきました。
c0116856_14332955.jpg


11:40頃にレストハウス前に到着。とりあえず今日はピークハントで終わりです。この頃になると天候が回復。もう少し上に居ればよかったと少し後悔が・・・・・。そして午後1時前には帰宅。これから東京へ戻ります(今日も格安高速バスです)。
[PR]
by sharizaka | 2009-02-15 14:42 | 蔵王山系 | Comments(2)

2009年2月1日 刈田岳

昨日の天気から比べると数段よくなった、2月初日。目指すはスミカワスキー場。先日のリベンジとばかりに刈田岳へ心が逸る。

ゲレンデハウスでチケットを購入。実は刈田岳へ行くのは約10年ぶり。昔は1回券を3枚刈田記憶があるが、いまは登山者用に便利な「登山券」(3回分)ってのがあるんですね。ここで、先週も不忘山で遭遇したW氏と出会う。なんだか最近私と行動パターンが一緒では・・・・・(笑)。
c0116856_13484482.jpg
@400x3=1,200円也



c0116856_13502060.jpg
後見ゲレンデトップでシールを付け出発。ここまでは良かったのだが・・・・・


登り始めてエコーラインに出た途端に暴風が吹き荒れる。おまけに視界も悪い。この先登ったとしても、下りが楽しめないので、撤退を決意。

c0116856_13512899.jpg
今日はここ=「大黒天」まで。


来週再びリベンジか・・・・・
[PR]
by sharizaka | 2009-02-01 13:56 | 蔵王山系 | Comments(0)


山で心を洗ってます。


by sharizaka

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Now at the time

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

最新のコメント

今年のGWはちょこっとだ..
by sharizaka at 18:52
帰って来るんですね! ..
by PALOMON at 20:04
PALOMONさん、ご無..
by sharizaka at 20:22
立山、絶景ですね! 滑..
by PALOMON at 08:28
みいさん、お久し振りです..
by sharizaka at 21:43
fwixさん、日曜日はお..
by sharizaka at 21:40
私もビックラポン!! ..
by みい at 10:16
お疲れさまでした。 帰..
by fwix at 07:30
スイマセン、お声掛けでき..
by sharizaka at 19:15
合流できず残念だったなー..
by fck_mototyan at 09:59

カテゴリ

全体
八甲田山・岩木山
岩手山・八幡平山系
鳥海山
蔵王山系
月山山系
飯豊連峰
朝日連峰
船形連峰
栗駒山
焼石連峰
神室連山
吾妻山系
北関東・南会津
立山
亘理地塁
和賀山塊
仙台近郊
新潟県の山
長野県の山
富山県の山
岐阜県の山
石川県の山
山梨県の山
Telemark Ski
スキー場
講習会
山道具など
Mountain / Trail
その他
震災関連
未分類

お気に入りブログ

親方のチャリと祭りな話
漕ぐログ -川遊び犬so...
ソロで生きる
ちょいと川へ

外部リンク

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
ウィンタースポーツ

画像一覧