<   2011年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2011年5月22日 金時山(トレイルラン)

今日は箱根に行ってみました。箱根なんて何十年振りだか記憶にないくらいです。

今日の目標は「金時山(標高1,212m)」に決めました!それも箱根湯本駅からの”トレイルラン”です。金時山は小学校の遠足で一度登ったことがあります。しかし今日の天気予報は最初から良くないことは分っていたので、午前中勝負に賭けて早朝東京を出発して箱根湯本駅へ向かいました。

早朝4:42発の山手線の「初電」(飲んでも電車があるうちに帰ります)で品川へ。品川から東海道線、小田原で小田急線に乗換え、6:44に箱根湯本駅着。当然駅は閑散としてます。駅を降りると早速小雨が・・・・
一瞬躊躇いましたが、ここまで来たからには、なんとしてもトレイルに入ります。c0116856_19355990.jpgc0116856_19361216.jpg

午前7:00箱根湯本駅をスタート。最初は駅前の箱根登山鉄道のガード下を潜って、阿弥陀寺まで急坂の車道を歩きます(とても走れる傾斜ではありません)。阿弥陀寺の右手に塔ノ峰へのハイキングコースがあるので、ここからようやくトレイルです。まだ眠いせいもあり足取り重く、とてもトレイルランなんて言えるほどの
スピードはでませんでしたね。コースは一本道なので間違えようがありません。湯本駅から約40分で塔ノ峰に到着。c0116856_19394257.jpgc0116856_1941269.jpg
塔ノ峰(標高566m)からは尾根道を進み、明星ヶ岳(標高923m)、明神ヶ岳(1,169m)を越えます。途中、宮城野(バス停がある)へ降りる道があるので脱落も可能ですが、それでは勿体無いので先を進みます。火打石岳からは比較的平坦な道が続き結構飛ばせます。c0116856_19441948.jpgc0116856_19465443.jpg
c0116856_1949127.jpgc0116856_1949174.jpg

しかし、矢倉沢峠手前から苦しい登り(疲れてるから)が始まり足が重くなります。茶屋の分岐からいよいよ金時山への登りです。最後の登りはキツかった。斜度もあるし、足場は悪いし、それでも箱根湯本駅から4時間20分で到着(ちょっと時間掛かりすぎだな)。
c0116856_19542425.jpgc0116856_19543887.jpg

晴れてれば目の前に雄大な富士山と芦ノ湖など、最高の景色を堪能できるのですが、今日は視界ゼロ!なにも見えません。当然、キレイな写真は一枚も撮れませんでした。ここまで来ると登山客も多く、東北ではあまり見かけない「山ガール」が沢山いました。そしてカップルの多いこと。

強風吹き荒れる山頂で20分ほど休憩し、帰りは金時神社へ降りて、仙石原を目指します。この下りは雨のせいでぬかるみが多く歩きづらかった。金時神社(正しくは公時神社のようです)からは国道138号線を15分ほど歩くと仙石バス停に到着です。今日の最終ゴールはここでした。近くのコンビニで着替えと荷物整理をして、バスに乗り込み再び箱根湯本駅に向かいます。c0116856_19573814.jpgc0116856_19585745.jpg

帰りは小田急線のロマンスカーで新宿へ。ロマンスカーって子どもの頃の憧れでしたね。別に鉄っちゃんではないですが、これに(それも最新型)に乗りたくて窓側の席もゲット。缶ビールとかまぼこ(小田原名産)を買い込んで乗り込み、ほろ酔い気分1時間半で新宿駅に到着。c0116856_2015192.jpgc0116856_2021314.jpg

たまの東京の休日はこんなのもいいですね。晴れていればなぁ~。
実走行距離は、19.33kmだったようです(GPS計測)
[PR]
by sharizaka | 2011-05-22 17:31 | その他 | Comments(0)

2011年5月14日 姥ヶ岳(ネイチャーセンター~石跳川~金姥)

石跳川、でもカヌーではありません。山形県立自然博物園ネイチャーセンターから石跳川沿いを登り、姥ヶ岳までの往復を考えていたのですが、天候があまり良くなかったので、途中で引き返しました。
c0116856_20333838.jpg
ご存知、ネイチャーセンターです。
c0116856_2033507.jpg
何とか石跳川の左岸は雪が繋がっていますが、ところどころ狭くなってます。要注意!
c0116856_2035134.jpg
石跳川を振り返る。後半少しだけ埋まってます。
c0116856_20361092.jpg
装束場の小屋でしょうか。右側は掘ってあるので入れそうでしたが。
c0116856_20371725.jpg
装束場から金姥方面を望むが、雲の中。今日は一日こんな感じでした。
c0116856_20372798.jpg
今日はここまで。4/30に来た時は完全に雪の中だったけど、解けましたね。
c0116856_20393580.jpg
帰りに少し視界が開けました。この斜面はグッドでした。
c0116856_20401123.jpg
午後からは、ネイチャーセンターが行っているガイドウォークに参加してみました。2時間ほどですが、ナント無料!結構参加者いるようです。ニオイコブシ(タムシバ)の花が咲いていました。
c0116856_20424689.jpg
ネイチャーセンターでm-freeの和田さんとバッタリ遭遇、お久しぶりでした。湯殿山へ向かわれたので途中までご一緒させていただきました。
湯殿山ですが、東面は当然滑走不可。装束場からの湯殿山への尾根道は雪がありません、夏道で出てました。石跳川右岸も雪がだいぶ解けてますので、川を渡る場所が限られてきました。姥ヶ岳は雪が繋がっているのか、ちょっと微妙な感じ。そろそろ終わりかもしれませんね。
[PR]
by sharizaka | 2011-05-14 20:45 | 月山山系 | Comments(2)

2011年5月5日 鳥海山(祓川)

4/29涙の撤退後、ようやく祓川が開きました(後で調べたら、29日もこのルートは行けた模様)。まずはアクセス状況の報告。
5/5現在、祓川には行けますが、猿倉口からは相変わらず堰口で通行止めです。アプローチは矢島口側からに限ります。駐車場は下の第2駐車場のみ利用可能。第1駐車場は雪の中ですので、トイレは使えません。おそらく猿倉口への道と、祓川第1駐車場を除雪する意志はないと思われます。自然融雪に任せるのでしょう。中島台へ行く道も全く除雪していませんでした。

今朝は朝靄が立ち込める不安な状況でしたが、5:40に第2駐車場を出発。
c0116856_20344142.jpg
右上に見えるのが第1駐車場のトイレとアンテナです
c0116856_20345255.jpg
七ツ釜小屋を過ぎた頃から天候が回復、山頂もクッキリ見えます
c0116856_2035093.jpg
最後の舎利坂に苦しめられました。朝早すぎたせいで、斜面はアイスバーン。シールが効かないので板を担いだが、キックステップも蹴り込めず、つま先数ミリでバランスを保ちつつ、何とか登りきりました。
c0116856_2035949.jpg
山頂では”ひばり”が迎えてくれました。第2駐車場から3時間20分の長旅?でした
c0116856_2035177.jpg
いつもの場所で記念写真。奥は新山


雪はたっぷりあります。湯殿山や栗駒山のような怖い亀裂もありません。ただ、震災の影響か例年ほど人は多くありませんでした。今日の天候は概ね快晴、無風の申し分のないコンディション。雪も七ツ釜小屋くらいまではいい感じでした。
[PR]
by sharizaka | 2011-05-05 20:55 | 鳥海山 | Comments(4)


山で心を洗ってます。


by sharizaka

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Now at the time

最新のコメント

krkdxさん、本当にあ..
by sharizaka at 20:21
そうです!ごめんなさい駅..
by Krkdx at 20:16
krkdxさん、コメント..
by sharizaka at 18:59
コメント失礼します。 ..
by Krkdx at 09:45
トラウトさん、お久しぶり..
by sharizaka at 19:21
こんにちは。 昨年八ヶ..
by トラウト at 21:44
先月いらしてたんですよね..
by sharizaka at 19:18
白山、お疲れ様でした! ..
by PALOMON at 20:33
この景色は自分の目で見る..
by sharizaka at 08:33
生で見る景色うらやましい..
by fck_mototyan at 06:53

カテゴリ

全体
八甲田山・岩木山
岩手山・八幡平山系
鳥海山
蔵王山系
月山山系
飯豊連峰
朝日連峰
船形連峰
栗駒山
焼石連峰
神室連山
吾妻山系
北関東・南会津
立山
亘理地塁
和賀山塊
仙台近郊
新潟県の山
長野県の山
富山県の山
岐阜県の山
石川県の山
山梨県の山
Telemark Ski
スキー場
講習会
山道具など
Mountain / Trail
その他
震災関連
未分類

お気に入りブログ

親方のチャリと祭りな話
漕ぐログ -川遊び犬so...
ソロで生きる
ちょいと川へ

外部リンク

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
ウィンタースポーツ

画像一覧