<   2012年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2012年4月29日 栗駒山(裏掛け)

今日はGW恒例の栗駒山でした。
天気は快晴、暑いくらいでいい汗掻きました。

今日はnaminokoさんと、北海道から転勤してきたFさん、そして飛び入り参加?KMRさんとの4人ツアーに。KMRさんとは昨年の鳥海山で10年ぶりにバッタリ会って以来でしたね。

午前8時過ぎ、「いこいの村」に到着。身支度をしてもまだゲートは開きません。午前9時ちょうどにゲートが開き、いわかがみ平へ。それにしても車が多かった。今日は毎年のコースを滑るのが目的です。まずは栗駒山山頂へ。

c0116856_2133432.jpg
さあ、これから登る栗駒山が見えてきました。
c0116856_21331335.jpg
もう暑い!Tシャツで十分でした。
c0116856_21332086.jpg
間もなく山頂です。いわかがみ平から1時間半とお手軽です。
c0116856_21332792.jpg
奥に見えるのは焼石連峰
c0116856_21333739.jpg
栗駒山山頂にて。月山や鳥海山もハッキリ見えました。
c0116856_21334543.jpg
栗駒山山頂からは南面をちょっと滑ってトラバース。後は快適斜面をクルージング。
c0116856_21335280.jpg
この斜面がお楽しみでした。登り返してもう一本いっちゃいました!
c0116856_2134038.jpg
雪は汚れてたけど、いい感じでした。
c0116856_2134680.jpg
最後は林間をトラバースして、「いこいの村」に到着。

今年は雪が多いのか、今月の雨のせいか、あちこち割れてました。昨年より多かったような。これから栗駒山に行かれる方はお気をつけください。それにしてもいい天気すぎて、暑いのなんの。
帰りはハイルザーム栗駒で汗を流して帰路に着きました。
[PR]
by sharizaka | 2012-04-29 21:42 | 栗駒山 | Comments(4)

2012年4月15日 月山・姥ヶ岳(姥沢~山頂~石跳川)

先週スキー場がオープンしたばかりの、月山へ。月山は昨年のGW以来、1年ぶりです。
前夜に姥沢駐車場に入り(志津から先は19時以降夜間通行止めです)、車中泊。一人宴会して8時半には就寝。
午前4時半に目が覚めて暖房を掛けます。外気温は0℃。三ツ石の時に比べれば(-6℃)暖かい朝ですが、やっぱり寒い・・・・。6時過ぎに姥沢駐車場を誰もいないスキー場目指して歩き始めます。やっぱり山は静かな方がいいな。

リフト上駅で一休みして、トラバース気味に月山を目指します。金姥の下をトラバース、紫灯森の先から鳥海山が見えました。何度も書いてますが、一番キレイな山だと思います(個人的には祓川からみた姿がいいですが)。紫灯森を過ぎるといよいよ急登、このときまだ朝8時。斜面はやっとお日様が当たり始めたばかりで、表面が解けません。しばらくはシールで登るも、昨年と同じところでギブアップ。板をザックに着けてここからはキックステップで上がります。午前9時過ぎに快晴の山頂に到着。ちょいと時間掛かりすぎでした。
山頂では30分ほど散策・休憩して下ります。が、当然まだ山頂直下はガリガリ。エッジが効かないので下りにもかかわらず、板を担ぐ羽目に。雪が柔くなったところを見計らって滑り込みます。

さてお次は、姥ヶ岳への登り返しです。結構ヘバッてたので、チンタラ登ります。ボーダーも一列になってステップを使って上がっていたので利用させてもらい、姥ヶ岳山頂へ。さすがに人が多いです。パンチパーマの兄ちゃんがいたり、下界と変わらないのが変です。
さあ、ここから姥沢へ帰ろうかと思っていたところ、変なおじさんに遭遇。格好は、Yシャツ・ネクタイ・スラックス。板はショートスキーにテレ金具、なのに滑りは完全アルペン(全くテレマーク姿勢しなかった)。齢70歳位に見える方が、「ネイチャーセンターまで行くか?」と。その場は帰りのこと(バスしかない)を考えて断ったが、どうせ来たんだからと、遅れて石跳川目指して滑り込む。姥ヶ岳の西面は最高でした!その後は石跳川沿いに下りネイチャーセンターに無事到着(12:50)。バスに乗るため月山荘前のバス停まで歩きます。

ここで、勘違いが判明!実はバス(月山荘前)の時間は、14:51。自分はなぜか13:51と勘違い。つまり約2時間待つ羽目に・・・・。そこへ救世主現る!バス停で待つこと1時間ほど、ネイチャーセンターから月山荘前の駐車場へ向かう一人の山スキーヤーと挨拶。ん、ん、あれWさん?なんとWさんと遭遇(湯殿山へ行っていたそうです)。姥沢への送りを快くお引き受けいただき、あと1時間待つことなく姥沢駐車場へ帰還しました。ホント感謝です。

快晴に恵まれ、いい塩梅のザラメが楽しめたツアーでした。
c0116856_18271035.jpg
午前6時半のリフト下駅。当然誰もいません。
c0116856_18271534.jpg
下駅から約30分で上駅。月山を望みます。いい天気、いい山です。
c0116856_18272653.jpg
紫灯森の先から鳥海山がキレイに見えました。
c0116856_18273152.jpg
月山山頂です。午前9時、誰もいません。
c0116856_18274285.jpg
山頂から朝日連峰を望みます。
c0116856_18274674.jpg
下る頃になるとリフトで上がって来たスキーヤーが行列をなして山頂目指していきます。しかしこの頃もまだガリガリバーン。皆さん苦戦してました
c0116856_18275765.jpg
帰りは姥ヶ岳へ登り返し、西面を石跳川目掛けて滑り込みます。この斜面は最高でした!
c0116856_1828088.jpg
ネイチャーセンター前の石跳川。まだまだ雪に埋まってます。
c0116856_18341354.jpg
トラックでは山頂まで記録ありませんが、手前にザックをデポしたので・・・・

[PR]
by sharizaka | 2012-04-15 17:18 | 月山山系 | Comments(4)

フレッツ光

遅ればせながら、我が家も「フレッツ光」を導入しました。
これまで、ADSLで10年ほどネットしてましたが、我が家は基地局からかなり遠く、減衰が大きいためメチャクチャ遅かったのです。転勤で戻ってきたこともあり、この機会に光にしてみました。
c0116856_211001.jpg
車のシールには、宮城県らしく、「116116」さ、お電話してけさい」と。


使ってみると快適そのもの(当たり前ですが)。無線LANの設定も完了したので配線はスッキリ!です。
[PR]
by sharizaka | 2012-04-09 21:12 | 山道具など | Comments(2)

春の嵐

昨日から今日にかけての暴風。皆さんは大丈夫でしたか?

昨夜、眠れないほどの風の強さに参りましたが、今朝起きて家の前を見ると見慣れないものが鎮座していました。お隣さんの家にはその本体と思われる巨大な物体が、道路の1車線を塞いでいます。大きさにして、幅4m、高さ2mほどのアルミ製で格子状の外壁のようなもの。これです↓
c0116856_2171752.jpg


どうもその巨大な物体は空中を舞ってどこからか飛んできたらしく、その際に我が家の電話線を見事に切断したのです。

と言うわけで、我が家の通信網は遮断されしまいました(今は携帯があるから問題ないですけど)。電話ダメなので当然ネットも使えません(今は会社のPCで接続中)。

今週末にフレッツ光の工事を控えているので、それまで我慢かな・・・・・。

それにしてもあれ(写真は後日)が人に当ったら、大怪我じゃ済みません。
[PR]
by sharizaka | 2012-04-04 21:46 | 山道具など | Comments(0)

2014年4月1日 秋田駒ヶ岳&三ツ石山ツアー 2日目

4月1日:三ツ石山ツアー

午前5時起床。3時頃から駐車場の除雪車が走り回りうるさくて寝れなかった。スキー場の駐車場で車中泊するのも考えものだな。それにしても寒い・・・ナント-6℃。しかし、起きてみると昨日の天気はウソのように青空まで見える。少々風が強いが日の出を待つとなんとご来光が!
c0116856_2123413.jpg
休暇村の玄関前からの日の出。これはツアー行けるぞ!

S.I.Mくんもお目覚め。今日の計画を思案。結論としては、一日券を買っておいてツアーがダメならゲレンデで遊ぼうということに。どちらにしても第3リフトが9時に動くのでそれまでゲレンデでウォーミングアップ。

そして9時過ぎに第3リフトでゲレンデトップへ移動。三ツ石山へのツアーコースは通常、林間コース上にある10番から入りますが、遠回りだし、標高も下がってしまうので第3リフト近くから夏道に向けてショートカットで入ります。
c0116856_21265917.jpg
ショートカットするとこんな感じのところへ入ります。

天気は晴れ!少し登って振り返ると岩手山もクッキリ!見えます。これはいい!夏道の手前まで来るとナント今日の目的地、三ツ石山が見えるじゃありませんか。
c0116856_21295958.jpg
手前は大松倉山。奥に三ツ石の石が見えます。

間もなく夏道に合流し、まずは大松倉山を目指します。前方には先客が数人歩いているのが見えました。
c0116856_21333996.jpg
岩手山をバックに大松倉山を歩く

大松倉山からは三ツ石避難小屋まではシールを外し、ツリーランです。昨日の大雨で雪質を心配しましたが夜のうちに結構雪が降ってくれたのか、クリーミーなパウダーいただきました。
c0116856_21361182.jpg
三ツ石避難小屋です。入口は2階になってました。

休憩をもそこそこに、三ツ石山を目指します。小屋から約30分で三ツ石山に到着です!
c0116856_21385599.jpg
c0116856_2139139.jpg
山頂からは360度の大パノラマ。早池峰山や森吉山も見えました。

さあ、お待ちかねの三ツ石山山頂直下の大斜面です。雪質を心配しましたがこちらもクリーミーなノートラックパウダーをバッチリいただきました!いやあ最高です。

c0116856_21507100.jpg
いやあ最高の斜面でした。いい気になって滑ったらちょっと下まで行き過ぎちゃいました
c0116856_21433220.jpg
帰りはツアーコース10番を目指してツアーを締め括りました。

c0116856_21253439.gif

今日のツアーは今シーズン満足に滑れなかった分を天気といい、雪質といい、取り返してくれた大満足なツアーとなりました。これからは春スキーシーズンですね。月山に鳥海山、栗駒山などが待ってます。
[PR]
by sharizaka | 2012-04-02 21:32 | 岩手山・八幡平山系 | Comments(4)

2012年3月31日 秋田駒ヶ岳&三ツ石山ツアー 1日目

3月31日:秋田駒ヶ岳ツアー ・・・・のはずが。

盛岡在住のスキーヤーS.I.Mくんと今月初めから計画していた、秋田駒ケ岳&三ツ石山ツアー!

3月30日(金)、この日は引越し休暇?のためお休み。という訳で夕方には仙台を出発し明日からのスキーツアーのために一路田沢湖を目指します。しかし、北上を過ぎた頃から心配していた雨が。盛岡に着いた頃には本降りになってました。21時頃田沢湖のアルパこまくさに到着。濃霧と大雨で視界が利かない中、車を停めて車中泊。

c0116856_1946176.jpg
翌朝のアルパこまくさにあるキャット。

土曜日は午前5時起床。でもご覧の通りの濃霧と相変わらずの大雨。この時点で100%ツアーは無理な状態になりました。ここで盛岡のS.I.Mくんと合流。スキーあきらめてどこへ行こうかと相談。田沢湖と言えば温泉です。そう、今回は「鶴の湯」を目指しました。
c0116856_19465327.jpg
雨の中の露天風呂は温すぎて、ゆっくり入れませんでした。早々に内湯に移動して温まりなおします。それにしても観光客の多いこと。この時点でまだ11時過ぎ。翌日のことも考えて秋田を後にし、取りあえず雫石の道の駅「あねっこ」へ移動。ここで簡単に昼食を済ませ(行動食余ってたんで消費しました)。車内でS.I.Mくんと山談義をするも、まだ15時。せばと、再び温泉目指して翌日の出発地である網張へ移動開始!

まずは網張ビジターセンターでDVDを鑑賞し、翌日の三ツ石へのイメージをインプット。そして隣の温泉館でまったりと過ごします
c0116856_19472973.jpg
湯上りにソフトクリーム!なかなか美味いです。

温泉館は19時で閉館のため、休暇村網張の駐車場へ移動し、車内宴会!
c0116856_22292461.jpg
ノアのYYってなかなかいいです。3人までなら広々宴会できます。翌日の天気を心配しながら、21時には就寝。この時点でも雨でした。

こんな日もあるんですねぇ・・・・。
[PR]
by sharizaka | 2012-04-01 20:03 | 岩手山・八幡平山系 | Comments(0)


山で心を洗ってます。


by sharizaka

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

Now at the time

最新のコメント

krkdxさん、本当にあ..
by sharizaka at 20:21
そうです!ごめんなさい駅..
by Krkdx at 20:16
krkdxさん、コメント..
by sharizaka at 18:59
コメント失礼します。 ..
by Krkdx at 09:45
トラウトさん、お久しぶり..
by sharizaka at 19:21
こんにちは。 昨年八ヶ..
by トラウト at 21:44
先月いらしてたんですよね..
by sharizaka at 19:18
白山、お疲れ様でした! ..
by PALOMON at 20:33
この景色は自分の目で見る..
by sharizaka at 08:33
生で見る景色うらやましい..
by fck_mototyan at 06:53

カテゴリ

全体
八甲田山・岩木山
岩手山・八幡平山系
鳥海山
蔵王山系
月山山系
飯豊連峰
朝日連峰
船形連峰
栗駒山
焼石連峰
神室連山
吾妻山系
北関東・南会津
立山
亘理地塁
和賀山塊
仙台近郊
新潟県の山
長野県の山
富山県の山
岐阜県の山
石川県の山
山梨県の山
Telemark Ski
スキー場
講習会
山道具など
Mountain / Trail
その他
震災関連
未分類

お気に入りブログ

親方のチャリと祭りな話
漕ぐログ -川遊び犬so...
ソロで生きる
ちょいと川へ

外部リンク

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
ウィンタースポーツ

画像一覧