2010年10月9日 岩手山(焼走登山口)

c0116856_21595681.jpg
わずかな紅葉と岩手山頂を望む
c0116856_21574491.jpg
一瞬の晴れ間に見える平笠避難小屋
c0116856_21575447.jpg
ピンボケではなく、高圧霧吹き状態の山頂のためレンズが濡れてます


天気予報があまり良くないにも関わらず、岩手山へ出撃。午前3時半自宅を出発。完全に寝坊・・・・。高速飛ばして(と言っても軽自動車なので、普通車の1.2倍は掛かります)、午前6時半に焼走登山口駐車場着。団体さん含めて大勢準備してます。

午前7:15焼走登山口出発。駐車場からは岩手山の山容が全てハッキリ見えていた。しばらくは林の中を進む。すぐに礫層の登山道になり歩きにくいったらありゃしない。途中、第二噴火口跡に立寄ると眼下に出発した登山口はじめ、西根の町まで一望できた。この頃はまだ天候がなんとか持っていた。

上坊コースとの分岐点ツルハシを過ぎると約30分で平笠避難小屋がある。だが、行きは通過し山頂を目指す。避難小屋過ぎた頃から風が強くなり視界も悪くなる。砂礫状の歩きにくい道を進み、午前10:00山頂に着いた。しかし、爆風が吹き荒れ立っているのもやっと。滞在5分で下山開始。砂礫層の道は下りには良かった。登山口には12:00過ぎに到着。すぐ横にある「焼走りの湯」で汗を流し、昼食は道の駅西根にて。

何とか天候ギリギリの登山だった。山頂を周回したかったけど、今日の風と視界では無理。次回のお楽しみに・・・・。

【参考タイム】
焼走登山口(7:15)------(8:45)ツルハシ-------(10:00)山頂着 [2時間45分]
山頂発(10:05)-----(10:24)平笠避難小屋(10:40)----(11:05)ツルハシ----(12:05)登山口着 [2時間]
[PR]
# by sharizaka | 2010-10-09 22:21 | 岩手山・八幡平山系 | Comments(0)

2010年10月2日 虎毛山

c0116856_19202342.jpg
高松岳分岐を過ぎると、虎毛山が見えます
c0116856_19203472.jpg
山頂近くの池糖と栗駒山。紅葉が始まりました
c0116856_19204130.jpg
山頂から鳥海山を眺める。日本一キレイな山だと思います


”雲上のオアシス”こと、虎毛山です。

雲一つない絶好の山日和。なぜかこの山に登ってみたくなった。理由は特にないけど。
実はこの山は、「虎」の字が付く山では日本一高いらしい。と言っても標高は1,433mしかない。されどこの「虎」、阪神タイガースファンが必勝祈願で登る山らしい(私は阪神ファンではありません)。

登山口からはつづら折の階段が多く、登りとしては物足りない。山頂まで登山口(駐車場から徒歩10分)から1時間45分。帰りは1時間5分。昼前には車に戻ってしまった。
山頂周辺は、謳い文句の「雲上のオアシス」っぽかった。花の咲く時期なら素晴らしい景色が約束されそうな場所。幸い今日は紅葉が少し始まりかけ、それなりにキレイだった。快晴に恵まれ360度山並みが眺められた。目の前には栗駒山、遠くは早池峰、岩手山、鳥海山、月山はもちろん、西吾妻方面までも。

【参考タイム】
登山口7:40-------8:27夫婦桧-----8:53高松岳分岐------9:25虎毛山頂 [1時間45分]
虎毛山頂10:27---------登山口11:32 [1時間5分]
[PR]
# by sharizaka | 2010-10-02 19:29 | 神室連山 | Comments(2)

2010年9月26日 一切経山・家形山・東吾妻山

c0116856_2233186.jpg
c0116856_22331051.jpg
c0116856_22331730.jpg
一切経山~東吾妻山です

午前3時起床、4時に自宅を出発。もちろん外は真っ暗。高速を一路福島飯坂ICへ向かう。
コンビニで用を済ませ、磐梯吾妻スカイラインを浄土平目指して走る。朝6時に浄土平駐車場着。
身支度を早々に、6:35駐車場を出発。

浄土平→一切経山→五色沼→家形山→五色沼→一切経山→鎌沼→東吾妻山→浄土平

こんなルートでぐるっと一周って感じです。東吾妻山は山頂以外の道が泥だらけ。メチャクチャ歩きにくいです。

五色沼(裏磐梯の五色沼とは違います)はキレイでした。鎌沼では人を全く気にしない鴨が餌を啄んでます。
東吾妻山頂からの眺めが絶景。一昨日、磐梯山から見えなかった桧原湖、小野川湖、秋元湖、喜多方の街、西大顛~家形山の尾根、360度の視界。紅葉にはまだまだ早いが、快晴の吾妻を堪能した。
c0116856_2256995.jpg


【参考タイム】
浄土平6:35----7:03酸ヶ平小屋-----7:23一切経山----8:02家形山頂-----8:40一切経山---->
--->9:32姥ヶ原登山口-----10:01東吾妻山頂-----10:51景場平-----11:15道路-----12:08浄土平
[PR]
# by sharizaka | 2010-09-26 22:30 | 吾妻山系 | Comments(4)

2010年9月24日 磐梯山(猪苗代口~翁島口)

c0116856_2221056.jpg
c0116856_2221873.jpg

磐梯山です。

裏磐梯から行きたかっただが、前日が大雨のため念のため表側(猪苗代登山口)からのアプローチになった。
この登山口、最初の1時間がスキー場のゲレンデを歩くという情けないルート・・・・。これが結構急で、一番疲れる。途中、赤埴山へ立寄って元のルートに合流。
沼の平からは沢のような道を歩くと弘法清水の小屋に到着。その手前で小屋の方と立ち話。磐梯山は登って良し、眺めて良しの山だと教えられた。
約2時間半で磐梯山頂着。この日は雲が掛かり麓が全く見えなかった。1時間程待ったが諦めて下山開始。帰りは翁島登山口へ。上部は岩場が続くが意外と短い。結局麓の猪苗代リゾートスキー場まで1時間掛からなかった。そこから猪苗代登山口までは車道を45分歩く。

アフターマウンテンはもちろん温泉。中ノ沢温泉にある「リゾートインぼなり」へ。乳白色の柔かいお湯で疲れを癒した。
[PR]
# by sharizaka | 2010-09-24 22:17 | 吾妻山系 | Comments(0)

2010年9月19日 早池峰山(河原坊~小田越)

c0116856_22142410.jpg
c0116856_2214527.jpg
c0116856_22141177.jpg
前日の船形山から直接移動。麓の河原の坊キャンプ場で車中泊。しかし花巻に着いた時から大雨になり、半ば諦め。
朝目が覚めると雨が上がっていた!雨具を着て出発。
スタートして3回の渡渉があり、そこから一気に急登。岩がデカイ。千丈ヶ岩で一緒になった長野からの方とその後、下山するまで一緒に行動した。
山頂まではちょうど2時間。意外と呆気なかった。時折雲が切れると麓までキレイに見渡せた。
下りは小田越コース。名物?のハシゴが2段、結構急です。以降は整備された登山道を一気に下る。
ハヤチネウスユキソウのシーズンは行列が出来るそう。晴れたときにもう一度登ってみたい山であった。
[PR]
# by sharizaka | 2010-09-19 22:17 | その他 | Comments(0)

2010年9月18日 船形山・蛇ヶ岳

c0116856_2295562.jpg
c0116856_2210572.jpg

ほぼ1年振りの山登りです。以前から気になっていた船形山を最初に選んだ。
前日夜のうちに旗坂キャンプ場跡へ。ちょっと朝寝坊したので、スタートは7時ちょうど。ブナの林を快適に上る。三光の宮を過ぎるとすぐに升沢小屋。そこからは前日の雨の影響か沢に結構水が流れていた。
山頂まで概ね3時間。天気は快晴、360度の視界が開ける。帰りは蛇ヶ岳経由だった。
[PR]
# by sharizaka | 2010-09-18 22:09 | 船形連峰 | Comments(0)

2010年5月3日 鳥海山(祓川)

・期日:5月3日(月)
・場所:鳥海山(七高山 祓川~山頂往復)
・天候:晴れ・爆風
・人数:ソロ

昨日の栗駒山で春スキーに目覚めたのか、翌日は車をかっ飛ばして鳥海山へ。
ここに来るのはほぼ10年振りくらい。そのときは、7週間連続鳥海山詣でをしていたこともあった。
また鳥海山は個人的になぜか思いの深い山である。今日は、この10年間の人生をリセット、いやあらたな10年への出発の意味も込めたツアーにした。

前夕、かろうじて明るいうちに祓川駐車場に到着。幸い駐車スペースがあったので、ここに停めて車中泊。しかし風がメチャクチャ強い。車で横になっていても車が風でひっくり返りそうになり、実際ほとんど寝れなかった。

午前4時半起床。白んだそらに鳥海山の容姿がクッキリと浮かんでいる。そう、この景色を見たかったのだ。
c0116856_21371774.jpg
午前5時半、祓川駐車場を出発。歩き始めると思いのほか、風は強くなかった(周期的に突風は来るが)。

午前8時半、無事七高山山頂に到着。今朝の一番乗りだった。しかしここで体力を使い果たし、大休憩。この休憩がいけなかった。下り始めようとしたらガスがかかり、いつまで経っても晴れない(5分前には大絶景だったのに・・・・)。30分ほどガマンしたが、もう無理。舎利坂(知ってました?私のHNはここからとっているんです)を慎重に折り始めた。舎利坂を下りきるとガスも消え、麓までクッキリ。あとは足がもつまで下るだけだ!
c0116856_21374386.jpgc0116856_21375515.jpg
左は七高山山頂にて。右は祓川から50分程登ったところにある「七ツ釜避難小屋」

下りはわずか40分ほど。しかし、下る頃には祓川ヒュッテから山頂に向かって数珠繋ぎの大行列状態(これはかなり興ざめ)。10年前にはあまりみかけない光景だが、最近のブームでGWとあれば全国各地から鳥海山を目指す観光客まで来てしまう。事故だけなければよいが。

10時50分、無事祓川駐車場に到着。荷物を積み込み早速お風呂、これまた久し振りの「フォレスタ鳥海」へ。

やはり鳥海山は人を惹きつける何かを持っている山だと思う。また、心を洗いに登りたい山であった。
[PR]
# by sharizaka | 2010-05-03 20:23 | 鳥海山 | Comments(4)

2010年5月2日 栗駒山(裏掛け)

・期日:5月2日(日)
・場所:栗駒山(いわかがみ平~山頂~いこいの村)
・天候:快晴
・人数:2名

久し振りのテレマークツアー。そういえば春のツアーってここ数年していなかったような。
なみのこさんのお誘いで栗駒山の内緒のツアーコースを案内いただきました。
c0116856_21471375.jpgc0116856_21472419.jpg
左:スタート地点は「いわかがみ平」   右:上り始めてすぐ山頂が見えてきます。
幸い28日からは、いわかがみ平まで道が通れるように(朝9時にゲートが開きますが)なったので、山頂へのアプローチは超楽チン。いわかがみ平から山頂までは約1時間20分。山頂直下の斜面は垂涎モノ。上り返しも考えた?が、今日は行くところがあるので一回降りてそのままトラバース。
c0116856_21474242.jpg

往復約3時間のスペシャルなコースでした。なみのこさん、THANKSです。
[PR]
# by sharizaka | 2010-05-02 20:09 | 栗駒山 | Comments(0)

増田川界隈

今朝からいい天気にも関わらず山に行かなかった・・・・勿体無い。でもなんだかモチベーションが上がらない。朝食を摂りながらどこへ行こうかと思案。結局、近所の増田川界隈の里山へ入ってみた。先日ebiyanさんのブログに乗っていたルートに興味があったので、そちら方面へ。
c0116856_1631043.jpgc0116856_16311193.jpg
樽水ダム上の駐車場に車を止めて、林道横根越線をひたすら終点まで登る。うさぎやかもしか等のアニマルトラック多数あり。MTBなんかだと楽しいかも。あとは、赤札を頼りにあっちに、こっちにと地図をろくに見ずに散策。一昨日の雪が林道を埋めており、トレランシューズでは厳しかった。c0116856_16312446.jpgc0116856_1633913.jpg
途中、中山の観音さんや、遠くは船形方面まで見える場所があった。
地図はのちほどアップします。
[PR]
# by sharizaka | 2010-02-13 16:39 | その他 | Comments(2)

2010年2月12日 スプリングバレースキー場

昨夕から湿り気のある雪が降り始めた。翌朝のパウダー狙いで、H氏とともにスプリングバレーへ。
c0116856_16233715.jpg
朝一のグルーミングされたバーンは良かったが、すぐに飽きてしまった。ちょっと横道に入ってみたが、思いの他雪は少なかった。4時間券を買ったので、一応昼過ぎまで滑ってオシマイ・・・・。トレーニングな半日でした。
[PR]
# by sharizaka | 2010-02-12 19:27 | スキー場 | Comments(2)


山で心を洗ってます。


by sharizaka

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Now at the time

最新のコメント

まだこの時期は地雷ありま..
by sharizaka at 19:36
この時期藪や岩の露出が悩..
by fck_mototyan at 10:40
ハハハ、ホントにいい景色..
by sharizaka at 21:37
素晴らしい景色ですね。撮..
by fck_mototyan at 08:28
krkdxさん、本当にあ..
by sharizaka at 20:21
そうです!ごめんなさい駅..
by Krkdx at 20:16
krkdxさん、コメント..
by sharizaka at 18:59
コメント失礼します。 ..
by Krkdx at 09:45
トラウトさん、お久しぶり..
by sharizaka at 19:21
こんにちは。 昨年八ヶ..
by トラウト at 21:44

カテゴリ

全体
八甲田山・岩木山
岩手山・八幡平山系
鳥海山
蔵王山系
月山山系
飯豊連峰
朝日連峰
船形連峰
栗駒山
焼石連峰
神室連山
吾妻山系
北関東・南会津
立山
亘理地塁
和賀山塊
仙台近郊
新潟県の山
長野県の山
富山県の山
岐阜県の山
石川県の山
山梨県の山
Telemark Ski
スキー場
講習会
山道具など
Mountain / Trail
その他
震災関連
未分類

お気に入りブログ

親方のチャリと祭りな話
漕ぐログ -川遊び犬so...
ソロで生きる
ちょいと川へ

外部リンク

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
ウィンタースポーツ

画像一覧