2013年5月26日 飯豊 石転び沢

懐は本当に深かった・・・・
c0116856_22373772.jpg




長年の夢だった石転び沢へのツアー。メンバーは先週同様の3名+加○さんの4名。

まず今回運が良かったのが、梅花皮荘から先の道路が開通したことだった。木曜日に飯豊朝日のHPを見ていたら、開通の情報が入ったので、早速リーダーのトラ山さんに連絡。予定では今回、梅花皮荘からは自転車を使って温身平まで行く予定だった。往復10km近く距離を節約できたのは大きい。

前日夜に梅花皮荘駐車場に到着。小国の街で買った晩御飯を車中で食べてゆっくりした。
夕暮れの飯豊連峰。明日が楽しみである。
c0116856_20151155.jpg


さて、当日だが出発は午前6時を予定していたが、できるだけ早めに出発できるよう、前日入りしていたKIYOさんと4時過ぎには起きて準備を始めた。
トラ山さんと加○さんは予定通り5時半頃には飯豊山荘先の駐車場に到着。さあ出発かと思った瞬間、突然の雨と雷である。先行き不安にさせる天候。これは我々への試練か、それとも歓迎の雨か。

雨は間もなく止み、周りの方々も準備を始める。我々も準備万端整い、6:03天狗平を出発した。見ての通り、ザックに板とブーツを付けてのスタートである。これが本当に重い・・・・(この格好で登るのは初めて)。
c0116856_20224689.jpg


天狗平から約20分で温身平に到着。これから向かう飯豊連峰が見える。右には今日の目的地でも梅花皮小屋も小さくだが見えていた。
c0116856_20243870.jpg


間もなく堰堤越えの階段を上る。看板には「石転び出合いまで3km」とある。遠いか近いかは・・・・。
c0116856_20272647.jpg


いよいよ石転びへ沢への道である。しばらくはこのような雪渓や夏道を交互に歩くことになる。
c0116856_20294697.jpg


下ツブテ石と上ツブテ石が見えてきた。奥にある尖った石が、上ツブテ石である。ここから雪渓に乗れれば楽だが、さすがにこの状態では無理だ。
c0116856_20313319.jpg


そして、最大の難所である「婆マクレ」がこれだ。崖下には沢が流れており、足を滑らせたら当然・・・・。
c0116856_20332937.jpg


婆マクレを通過すれば間もなく地竹原に出る。ここで板に履き替え、シール登行になる。
履いてきた山靴(トラ山さんだけ長靴)はここにデポしていく。
c0116856_19384377.jpg
c0116856_19421948.jpg


右が門内沢、左が石転び沢である。まだこの辺りは斜度も緩くお散歩気分で登っていく。
c0116856_19454127.jpg


石転び沢へ入っていく。トラ山さんのスピードが速いこと・・・付いていくのがやっと。
c0116856_19485383.jpg


ホン石転び沢の出合い。ここは来年の課題としよう。
c0116856_19493937.jpg


徐々に斜度が厳しくなってくる。
c0116856_19505252.jpg


北股沢である。この先から斜度が更に急になるので板を外し、最後はツボ足で登ることにした。
c0116856_19525123.jpg


この斜度ではシール登行はさすがにムリ。幸いキックステップの階段ができていたので楽をさせてもらった。
c0116856_19553723.jpg
c0116856_19562757.jpg


ようやく梅花皮小屋が見えてきた。ゴールは間もなく。
c0116856_19583488.jpg


午前11時過ぎに、梅花皮小屋に到着した。出発からちょうど5時間の道のりだった。
大日岳をバックに、今日の4人である。
c0116856_2004742.jpg


小屋前に着いてからというもの、トラ山さんは早々に北股沢へ滑りに、加○さんは北股岳と梅花皮岳まで登ってきたりと精力的であったが、KIYOさんと自分(一応若い部類?)は、まったりと小屋の前で過ごした。天気も良く、この日も水平環アークが見れた。

予定の13時半前に、いよいよ今日のメインイベント!石転び沢の滑降である。
KIYOさん。この日ボーダーは彼一人だけだった。そもそも石転び沢に来るボーダーはそういないだろう。
c0116856_206129.jpg
c0116856_209551.jpg

トラ山さん。いつもアグレッシブな滑りだ。
c0116856_2015166.jpg
c0116856_20143161.jpg

私と同じくテレマーカーの加○さん。今回はずいぶん先滑ってたので写真少なくてスイマセン。
c0116856_20192179.jpg

そして自分。写真撮って貰うと、自分の弱点が良く分かるんだが・・・・。
c0116856_20195871.jpg

石転び沢を振返る。いつまでの眺めていたい。
c0116856_2022439.jpg

素晴らしい斜面を堪能した後は、再び地竹原から山靴に履き替え、板とブーツを背負って帰路につく。
c0116856_20292224.jpg

KIYOさんが、婆マクレでちょっと手こずったものの、堰堤の階段まで来た
c0116856_20335365.jpg

温身平に到着。
c0116856_20343189.jpg

16:00、ようやく天狗平のゲートに到着。出発から10時間の行程は久しぶりだったが、最高に充実したツアーであったのは言うまでもない。
c0116856_20345728.jpg


今日も素晴らしい山に、景色に、そして仲間に感謝!
そろそろ板納めの時期になってきた。石転び沢を滑ることができ、気持ちとしては区切りがついたような感じもするが、雪はまだまだある。6月に入ってから考えよう。
[PR]
by sharizaka | 2013-05-29 20:49 | 飯豊連峰 | Comments(11)
Commented by Toby at 2013-05-29 22:16 x
いやぁ素晴らしいですねぇ。
ここを足がプルプルしない状態でビシッと滑ってみたいもんです。ワタクシごときの体力では梅花皮小屋に泊まらないと無理かなぁ。

板納め悩ましいですよねぇ。悩ましいところですが………



富士山やりませんか?
Commented by KIYO at 2013-05-29 22:56 x
二週続けて大変お世話になり、ありがとうございました!!
やはり全てに圧倒され続けた一日となりましたが…滑りは最高に気持ち良かったです(≧▼≦)
なんとか次回は体力・経験増やして石転びの両サイドを滑ってみたいものです…
※行く先々にボーダーがいないのにもなれました(笑)
Commented by superdioaf27 at 2013-05-29 23:31 x
おっと、今回が初の石転ビ沢だったのですね!このコースは重荷を背負って雪渓に乗るまでが結構な試練なのですが、私はその先のパラダイスが止められなくって現在に至っております♪
しかも、飯豊には魅力的なルンゼがゴロゴロとあるので、これからは毎年通い続けないといけませんね(笑)、お疲れ様でした♪
Commented by torasan-819 at 2013-05-30 08:00
好条件での石転び沢を楽しんでもらえて良かったです。
今シーズンは思いがけずsharizakaさんと何度も一緒に滑ることができて楽しかったですよ~
また来シーズンもよろしくお願いしますね。
それまで体力低下しないようにせっせと歩いておきますので。
おっと、あの縦走チャレンジは本気ですので後日連絡しますね(^_-)-☆
Commented by sharizaka at 2013-05-30 20:31 x
Tobyさん、今回は天狗平まで車で行けたのでラッキーでしたよ。
梅花皮小屋に着いた時はそれほど疲れもなかったのですが・・・・。

え、板納めが、ふ・ふ・富士山ですか?
Commented by sharizaka at 2013-05-30 20:34 x
KIYOさん、ボードで石転び沢お疲れ様でした。
あ、今日は鳥海山かな?もうちょいシーズンありますんで、またヨロシクです。
Commented by sharizaka at 2013-05-30 20:36 x
superdioafさん、やっと自分も石転び沢デビューしました。
とてもsuperdioafさんのような滑りはできませんけど、これから毎年の定番になりそうです。
来年は、北股沢やホン石転び沢も挑戦してみたいですね。
Commented by sharizaka at 2013-05-30 20:38 x
トラ山さん、2週続けて素晴らしいツアーありがとうございました。
いやあ、もう堪りませんね!こちらこそ、トラ山さんとこんなにご一緒できるとは、嬉しい限りです。これに懲りずに、来シーズンもヨロシクお願いします。
まずは、もうちょい体力付けておきます。
え、あのプランって本気ですか(笑)?
Commented at 2013-05-31 17:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 加ト幹事長 at 2013-06-02 15:48 x
sharizakaさん、遅ればせながらお疲れ様でした。
ちょっと無理したみたいで疲れがとれない週となりました。
来シーズンは細皮修行でご一緒できればと思います。
Commented by sharizaka at 2013-06-02 18:56 x
加ト幹事長さん、石転びツアーありがとうございました。
北股岳に梅花皮岳まで欲張っちゃいましたかね?お疲れ大丈夫ですか?
そうですね、来シーズンは細革クラブしましょう!


山で心を洗ってます。


by sharizaka

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Now at the time

最新のコメント

yossyさんも南蔵王歩..
by sharizaka at 21:53
今年はじめてこのルートを..
by yossy1904 at 21:32
motoyanさん、まさ..
by sharizaka at 17:54
PALOMONさん、お久..
by sharizaka at 17:53
GW後半は天気良くなかっ..
by sharizaka at 17:51
こんな所でお会いできると..
by fck_mototyan at 12:12
唐獅子平避難小屋への斜面..
by yossy1904 at 20:48
ご無沙汰でございます。 ..
by PALOMON at 19:11
いやあ年末からバタバタ更..
by sharizaka at 14:01
久しぶりに更新されていま..
by fck_mototyan at 13:21

カテゴリ

全体
八甲田山・岩木山
岩手山・八幡平山系
鳥海山
蔵王山系
月山山系
飯豊連峰
朝日連峰
船形連峰
栗駒山
焼石連峰
神室連山
吾妻山系
北関東・南会津
立山
亘理地塁
和賀山塊
仙台近郊
新潟県の山
長野県の山
富山県の山
岐阜県の山
石川県の山
山梨県の山
Telemark Ski
スキー場
講習会
山道具など
Mountain / Trail
その他
震災関連
未分類

お気に入りブログ

親方のチャリと祭りな話
漕ぐログ -川遊び犬so...
ソロで生きる
ちょいと川へ

外部リンク

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
ウィンタースポーツ

画像一覧