2014年5月30日 飯豊連峰 門内岳(門内沢)

休暇届は出しましたよ。
c0116856_1932221.jpg




5月30日は金曜日。久しぶりに仕事休んでの山スキー。もちろんお相手はいるはずもない・・・・。なぜ30日かと言うと翌日は東京へ出勤予定。しかしその土曜日にトラ山さんチームが飯豊に行くとの情報があった・・・・。参加できない自分が悔しかっただけ。じゃあ、お先しちゃえと言う浅はかな気持ち向かってしまったのだ。

で、幸いというか前日は山形での仕事。途中で仕事を切り上げ(ウソ)、車を飯豊へ向けて走らせた。木曜日も暑いくらいの良い天気であった。まだ陽の明るいうちに梅花皮荘に到着。飯豊の山並みが素晴らしい!
c0116856_19323875.jpg


昨年初めて石転び沢を滑った。まだ記憶も新しいところだが、一応途中の道を確認するべく、夕方5時頃から空身で行ける所まで歩いてみた。温身平からの景色も素晴らしかった。さらに堰堤を越え、「うまい水」
まで道の事前確認が出来たところで夕暮れが近くなったので車へと戻った。昨年に比べ、雪解けが早いのか途中に雪はほとんどなかった。

さて30日(金)だが、まだ暗い3時半に起床。出発の準備を始めると間もなく空が白んでくる。最近準備に時間が掛かりすぎているのは自分でも分かっているが、出発は午前5時となった。重い板とブーツを背負い、湯沢ゲートから歩き始める。
c0116856_19401646.jpg


静かな温身平の道を一人歩く。
c0116856_194191.jpg


約20分で温身平に到着。飯豊の山並みに朝日が当たりキレイだ。
c0116856_19425965.jpg


さらに道を進むとようやく堰堤の階段となる。ここを上がればいよいよ登山道である。
c0116856_19442963.jpg


湯沢ゲートから1時間ほどでうまい水付近である。ここは道が崩れており、高巻いて矢印にあるテープの先の夏道へ向かう。
c0116856_1950489.jpg


この先、婆マクレがあるが、今年はそれに気付かないほど道はナントもない。この先、いくつか花が咲いていた。
c0116856_19522589.jpg
c0116856_19523254.jpg


さあ、そろそろ雪渓に乗れる頃だと思っていたが、やはり雪がない・・・・。昨年は地竹原から板を履いたのだが、今年はこの有様。一旦河原に下りて先を進むしかない。ところが、ここで帽子を落としたことに気付いた。しかし戻るのも面倒、結局この日に限って持ってきていたヘルメットを被ることにした。
c0116856_19541058.jpg


更に一旦夏道に戻るとサンカヨウが咲いていた。少し目でも休めるか・・・・。
c0116856_19553127.jpg


ようやく雪渓が見えてきたが、先を見ると板を履くにはちょっと早そうだ。左岸を慎重に歩く。
c0116856_1957633.jpg


案の定こんなところが出てきた。結局この先で山靴をデポすることができ、板に履き替えて歩き始めた。
c0116856_200525.jpg


歩き始めるとすぐに梶川出合であった。
c0116856_2003325.jpg


出合を左に入ると右上に門内小屋が見える。あそこまで頑張ろう!
c0116856_2044194.jpg


石転び沢の出合に到着。石転び沢を見ると土砂の流入で一部滑走困難と思われる箇所がある。
c0116856_2065575.jpg


今日はこの情報を入手していたので、迷いなく門内沢へ入る。この辺の斜度はそれほどでもないが、どうも今日は足取りが悪い。シールがやたらと滑る感じもあり、早めに板を背負い、ブーツに6本爪アイゼンを噛ませて歩き始めたが・・・・。
c0116856_2010359.jpg


相変わらず足取りは重たい。徐々に傾斜が急になり休み休み登るが10時半前、完全に足が止まってしまった。しかしシャリバテではない(途中でバナナも食べてるし空腹感はない)。呼吸が苦しくなり、両足が攣り、全身が痺れてきた。これは無理できない。それが山頂直下のこんな斜度のところ・・・・(景色は良いが)。
c0116856_20184099.jpg
体が動かない以上、じっと耐えるしかなかった。最初は滑落防止のためカラダを斜面に向けてじっとしていたが、それも辛くなり足場をしっかり作ってから沢を向いて座ると少しカラダが楽になってきた。1時間ほど経った頃、ようやく呼吸も楽になり体が動くようになってきた。しかし滑り降りようにも、ここは急すぎて板が履けない。視界に入った少し上の草付き場まで移動しようとゆっくり動き始めた。幸い何とかカラダは調子よく動いてくれた。草付きでザックと板を置いて一安心できた。

少し休んでからは、山頂が目の前なので、荷物はデポして歩いて稜線へ向かった。南に北股岳・梅花皮岳方面
c0116856_20255414.jpg
そして門内岳山頂。
c0116856_2027202.jpg
門内小屋と扇の地紙方面。
c0116856_20283266.jpg


再びデポ地点へ戻り、滑走の準備をする。この沢を一気に滑れたらどんなに良いだろうか。しかしそんな脚力は元々持ち合わせていない。体調は回復したがゆっくり滑っていった。
c0116856_2032477.jpg
c0116856_20351488.jpg


いま滑ってきた門内沢を振返る。先ほど苦しかった登りのことを忘れて気持ちよさに浸っていた。
c0116856_2037991.jpg


後は梶川出合の先で、デポしておいた登山靴に履き替え、再び重たい板とブーツを背負った。行きに落とした帽子は、婆マクレ付近にあるだろうと思っていた。幸い、後から来た方が木にぶら下げてくれていたので、無事回収できた。
c0116856_20405317.jpg


それにしても今日は暑かった・・・・。山形でも30℃を超えたらしい一日、風の通らない山道歩きは辛いものだ。しかし、時折現れる雪渓の下では天然のクーラーが効いて気持ちが良かった。この場で少し涼んでから再び歩き始める。
c0116856_2043276.jpg


15:20 いろいろあったが、予定より大幅に遅れて無事湯沢ゲートに到着した。
c0116856_20441971.jpg


今日は苦しい登りになったが、飯豊はやはり裏切らない山である。また雪が消えた頃に泊りでゆっくり稜線歩きを楽しみたい。そんな山であった。
[PR]
by sharizaka | 2014-05-30 20:01 | 飯豊連峰 | Comments(13)
Commented by torasan-819 at 2014-05-30 21:28
例年、門内沢のほうが雪面は綺麗なことが多いのですが、今年は特にのようですね。
ん~明日迷います(笑)
ところで今日は急にお腹痛くなったんですか?(^_-)-☆
Commented by sharizaka at 2014-05-30 22:14 x
トラ山さん、門内沢の斜面はキレイですよ。明日はホン石転びですかね?天気良いので楽しんで来てください。
今日は体力なくて、両足つって、呼吸が普通に出来なくなりました。1時間程で回復しましたけど、ヘリ呼びたくなりました。
Commented by yossy1904 at 2014-06-01 19:45
私の仲間たちも昨日、行ってるはずです。
会わなかったかな~?
私はテレ用のアイゼンを持ってないので断念しましたが、使用するような状況だったでしょうか。
Commented by yossy1904 at 2014-06-02 04:26
↑↑
30日でしたね、失礼!
Commented by sharizaka at 2014-06-03 17:07 x
yossyさん、そうなんです。私は金曜日休みとって行って来ました。
たぶん、トラ山さん達は出会ってるはずですが。

私もテレ用アイゼン持ってないんです。でも、テレマークブーツに6本爪アイゼンを付けて登りました。これで問題なかったですよ。
Commented by torasan-819 at 2014-06-03 22:08
1日違いで同じところを歩いて滑っても、記録者によって視点が違うので読んでて面白かったです。
体調不良は何だったんでしょうね?熱中症だったりして(^◇^;)
Commented by sharizaka at 2014-06-04 08:31 x
トラ山さん、もしかして熱中症かもしれないですね。
そこまで暑さは感じませんでしたけど。言われてみればそうかも・・・・・。
Commented by NON at 2014-06-05 11:31 x
そりゃ「熱中症」だわ!無事帰れてよかったです。
水分補給だけではダメなので、塩分ミネラルを取れるスポーツドリンクは必須、めったに食べないけど塩飴はお守りとしていつも持ってます。

関係ないけど、3年前堰堤の先で20箇所程蜂に刺されました。><
懐かしい痛い思い出です。
Commented by 加ト幹事長 at 2014-06-05 11:48 x
大変でしたね・・でも気持ちよく滑ったであろうsharizakaさんのシュプールが残ってましたので、なんか想像できませんでした。
まぁ自分も人に言えないくらいバテましたけどね。
とにかくシールがスリップして、滑りより登りのほうで多くコケました(涙)
Commented by KIYO at 2014-06-05 13:21 x
門内(婆マクレ)情報、ありがとうございました(笑)
門内も斜面の宝庫ですな。
泊まりがけで隣と合わせてあれやこれや滑ってみたい気もしますが…。
翌日、プラティパスが水漏れしちゃって気づくと空に…それ以外に大量に担いでたんで平気だったけど、ちょっと焦りました(笑)
僕も熱中症気をつけねば(>_<)
Commented by sharizaka at 2014-06-05 19:06
NONさん、やっぱり熱中症ですかねぇ・・・・。一応スポドリも飲んでいたんですが。
ただ単に体力がないだけのような気もするし・・・・。まあ無事で何よりでした。
Commented by sharizaka at 2014-06-05 19:08
加ト幹事長さん 帰りの滑りは確かに気持ちよかったですよ(笑)。
私もシールがやたらスリップするので緩い傾斜のところから板を担いじゃいました。
Commented by sharizaka at 2014-06-05 19:09
KIYOちゃん、連荘お疲れでしたね。
確かに今度は小屋泊まりで行くのもよいかもね。おー、水漏れはショックだね、というか危険だな。
山登ってあんだけ具合悪いのは初めてだったよ。
これで板納めになりそうです。


山で心を洗ってます。


by sharizaka

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Now at the time

最新のコメント

ここピナクルでしょうかね..
by sharizaka at 19:26
4枚目、ピナクルですか?..
by yossy1904 at 20:56
いえいえ、実は引き攣って..
by sharizaka at 22:35
笑っておられますね。 ..
by utinopetika2 at 19:07
jiro2707さん、初..
by sharizaka at 19:35
登山ジャンルの新着記事で..
by jiro2702 at 17:02
トラさん、おばんです。 ..
by sharizaka at 20:22
ずいぶんとまとめて忘れて..
by torasan-819 at 17:25
トラウトさん、お久し振り..
by sharizaka at 21:33
こんにちは。 富山も随..
by トラウト at 21:15

カテゴリ

全体
八甲田山・岩木山
岩手山・八幡平山系
鳥海山
蔵王山系
月山山系
飯豊連峰
朝日連峰
船形連峰
栗駒山
焼石連峰
神室連山
吾妻山系
北関東・南会津
立山
亘理地塁
和賀山塊
仙台近郊
新潟県の山
長野県の山
富山県の山
岐阜県の山
石川県の山
山梨県の山
Telemark Ski
スキー場
講習会
山道具など
Mountain / Trail
その他
震災関連
未分類

お気に入りブログ

親方のチャリと祭りな話
漕ぐログ -川遊び犬so...
ソロで生きる
ちょいと川へ

外部リンク

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
ウィンタースポーツ

画像一覧