2018年4月29日 鳥海山(中島台・北面ルート)

この山、美しすぎます。

c0116856_14553192.jpg




前日は月山からの移動となった。途中で知り合いが道の駅象潟向かいの店で一杯やっているとの情報があり少し立ち寄ったせいで、待合せに少し遅れて中島台に到着。明日一緒に滑るトラさん、O島さんとここで合流した。
お二人が今日滑りの帰りに収穫してくれた山菜を天ぷらで軽く宴会。明日の朝が早いので21時には就寝となった。

朝は3時半頃起床、すでに廻りのグループも出発の準備を始めている。中島台ルートはここからピストンすると鳥海山のルートの中で一番長い。なかには祓川から登り、千蛇谷を滑り中島台に帰るグループもいる(車の回送が必要だが)。
我々は朝食を済ませて予定通り5時に中島台を出発した。

c0116856_19472308.jpg
しばらく木道を歩く。出発から30分ほどで「あがりこ大王」というブナの巨木に到着。先週はここから板を履けたそうだが一週間でどれだけ雪が後退しているか。
c0116856_19482626.jpg
しばらく藪漕ぎをしていく。1週間も経てば相当雪解けは進んでいるはずだ。
c0116856_19491469.jpg

「あがりこ大王」から15分程で雪が繋がり始めた。前日と思われる滑走の跡もあったので、この沢から板を履くことにした。

c0116856_19493269.jpg

この先しばらくはブナの森を散策するかのように歩いていく。ルート上にはこれでもかというくらいテープがある。

c0116856_19494980.jpg

実は数年前、自分は体調不良と、板(というか金具)の選択をミスのため、七五三掛手前でタイムアップとなり引き返したことがある。今回はツアービンディングにしたが、体調がイマイチ優れない。やたらと腹が減る。朝はいつも通り食べたが、どうも前日の夜が足りなかったらしい。宴会とのことで酒と簡単なつまみしか腹に入れていなかったのだ。トラさんに何度もメシ休憩をお願いしてしまい足を引っ張ることになってしまった。

左手には木々の間から新山が見える。あとで滑る予定の北面もハッキリと確認できた。それにしても遠くに見える。撤退の文字が・・・・。

c0116856_19503675.jpg

だましだまし歩を進め、稲倉岳直下に出てきた。

c0116856_19513578.jpg
更に進むと外輪山の全貌が姿を現す。こんな景色なかなかお目に掛かれない。
c0116856_19514034.jpg

先に七五三掛の急登が見えてきた。二人はずっと先に小さく見えている。自分のペースでゆっくり足を進めるしかない。しかし、七五三掛直下ギブアップ。大休止をお願いしカップラーメンを食べることに。通常カップラーメンは山頂で食べるのだが、この先の長い道のりを考えるとここで食べておかないとホントにシャリバテになると思った。

c0116856_19525405.jpg
カップラーメンのおかげか、目の前の七五三掛の急登は直登でクリアできた。振り返るとこんな景色。稲倉岳が遠くに見えるようになった。
c0116856_19543769.jpg
しかし千蛇谷に入るもペースは上がらず、二人には先に行ってもらう。そして視界から二人は早々に消えた(笑)。それにしても千蛇谷の景色はスバラシイ。
c0116856_19544246.jpg

二人に遅れること15分くらいだろうか。大物忌神社で二人が待ってくれていた。そこにナント、motoyanさんが登場。吹浦口から来たそうで既に山頂は済んでいた。さすがだ。

c0116856_19553554.jpg

中島台から6時間半、途中何度も諦めそうになったがようやく新山に到着することができた。

c0116856_19561482.jpg
外輪山(七高山)には人がいっぱいだ。
c0116856_19565272.jpg
ここまで来ればあとは滑るだけ。体力もだいぶ回復してきた。新山には結構人が居たが、北面に挑戦する人はいなかった。我々が今日の一番トライになるか。早速3人で北面へと飛び込んだ。
c0116856_19572123.jpg

雪は程よく溶けたキレイなザラメ雪。気持ちイイという言葉しか思い浮かばない。あまりに長い斜面なので一気には滑れないが
途中の景色を楽しんだり、お互い写真を撮ったりと静かな北面を満喫できた。

c0116856_19571117.jpg
c0116856_19571642.jpg

この広大な斜面を自由気ままに滑ることができる。なんという贅沢。

c0116856_19573368.jpg
問題はどこからトラバースするか。ちょっと休憩した時にトラさんがこれ以上ないと思えるトラバースポイントを見つけてくれた。一つ谷を越えて行かなければならないが、急過ぎず下の降り過ぎずいいところを巻くことができ、登り返しゼロの滑走ができた。
c0116856_19592647.jpg
まだまだ楽しい斜面は続くのである。
c0116856_19593265.jpg
最後は樹林帯をトボトボと。
c0116856_19593634.jpg
行きより少しだけ先まで滑ってから板を担いだ(あがりこ大王まで数分のところ)。後は中途半端に雪が乗った木道を歩いていくが、結構滑りやすい。トラさんは何度転んだことだろう(笑)。
c0116856_19595050.jpg
数年前のリベンジを果たすことができたが、自分にとってここは鬼門なのだろうか。途中までは二度と来るものかと思ったが、最後には、もう一度来たいと思わせる素晴らしいツアーだった。企画してくれたトラさん、そしてとても早くて追いつくことができなかったO島さんに感謝。今後の参考に今回ルートマップは以下の通り。
c0116856_20020983.jpg


[PR]
by sharizaka | 2018-04-29 21:54 | 鳥海山 | Comments(4)
Commented by PALOMON at 2018-05-14 19:11 x
ご無沙汰でございます。
今年もGW恒例の鳥海山を満喫されたようで何よりです。
前半は天気も良かったですね!
報告までに、私も無難に祓川(4/28)と猿倉(5/12)から2回楽しみましたよ。
中島台のルートもそのうち挑戦したいと思います!
Commented by fck_mototyan at 2018-05-15 12:12
こんな所でお会いできるとはね。次は中島台から北斜面やってみたい。こちらは快適とは言えない雪でした。
Commented by sharizaka at 2018-05-15 17:53 x
PALOMONさん、お久しぶりです。
鳥海山は一日違いでしたね。中島台ルートはちょっと
はまりそうです(笑)。ロングルートですが、景色が抜群です。
Commented by sharizaka at 2018-05-15 17:54 x
motoyanさん、まさかあそこで会うとは(笑)。
motoyanさんなら中島台ルートは朝飯前ですよ。
千蛇谷は雪良くなかったんですか?北面は最高でしたよ!


山で心を洗ってます。


by sharizaka

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

Now at the time

最新のコメント

トラウトさん、お久し振り..
by sharizaka at 21:33
こんにちは。 富山も随..
by トラウト at 21:15
こんばんは。 こちらこ..
by sharizaka at 19:51
先日はお世話様でした。 ..
by utinopetika2 at 07:42
yossyさんも南蔵王歩..
by sharizaka at 21:53
今年はじめてこのルートを..
by yossy1904 at 21:32
motoyanさん、まさ..
by sharizaka at 17:54
PALOMONさん、お久..
by sharizaka at 17:53
GW後半は天気良くなかっ..
by sharizaka at 17:51
こんな所でお会いできると..
by fck_mototyan at 12:12

カテゴリ

全体
八甲田山・岩木山
岩手山・八幡平山系
鳥海山
蔵王山系
月山山系
飯豊連峰
朝日連峰
船形連峰
栗駒山
焼石連峰
神室連山
吾妻山系
北関東・南会津
立山
亘理地塁
和賀山塊
仙台近郊
新潟県の山
長野県の山
富山県の山
岐阜県の山
石川県の山
山梨県の山
Telemark Ski
スキー場
講習会
山道具など
Mountain / Trail
その他
震災関連
未分類

お気に入りブログ

親方のチャリと祭りな話
漕ぐログ -川遊び犬so...
ソロで生きる
ちょいと川へ

外部リンク

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
ウィンタースポーツ

画像一覧