2018年7月1日 間ノ岳(3,190m・山梨県南アルプス市)

日本第3位になりました!

c0116856_18522906.jpg




昨日は明るいうちに芦安駐車場に到着。乗合タクシー乗り場の第2駐車場に余裕で停めることができた。
さて、今日明日はいよいよ北岳・間ノ岳へ挑戦。どんな景色が待っているだろうかと期待が高まる。朝は午前3時に起床。朝食を済ませてすぐ後ろにある乗合タクシー乗り場の状況を確認。まだ並んでいなさそうだ。トイレを済ませたり準備したりして4時頃からザックを置いて並び始めた。
乗合タクシーの始発は5:10。係りの人曰く、昨日はここに200人くらい並んだとか。自分は2台目の乗合タクシーに乗車、登山口の広河原へと向かった。

c0116856_09515065.jpg

広河原への道は、途中の夜叉神峠登山口にあるゲートが5時半にしか開かないため早く着くことはできない。時刻表通りほぼ6時に広河原に到着。ここからいよいよ南アルプス2日目が始まる。

c0116856_09515337.jpg

登山口にある広河原山荘へ向かう道から左手に北岳を確認できた。気持ちが昂る。

c0116856_09515697.jpg

この吊橋を渡ったところに広河原山荘がある。

c0116856_09515958.jpg
広河原山荘で気持ちを整え、いよいよ出発だ。この日は大樺沢ルートが橋の崩落で通行禁止。白根御池小屋ルートのみとなる。

c0116856_09520163.jpg

どんなルートだろうとワクワク、ドキドキだったが、ナント初っ端から急登!。北アルプスでもあまりお目に掛からない急な道が延々と続く。昨日の疲れが残っていることもあり、マジメに一瞬帰ろうかと思ったww。

c0116856_09534664.jpg
そう言って引き返すこともできないので、急登を1時間半ほど耐えると、白根御池小屋に到着した。ホントにホッとした。
c0116856_09535058.jpg

ここは小屋の前に池があり、上には北岳を臨めるテン場としては絶好の場所だ。ここには水場があるので、ガブガブと喉を潤した。

c0116856_09535399.jpg

さて、往路は白根御池小屋から二俣へ向かい雪渓を登り、八本歯のコルへを経由していくルートを選んだ。小屋から10分ほどで二俣に到着。

c0116856_09535675.jpg

雪渓が二つ見えるが奥の雪渓が左俣で八本歯のコルへと続く。ここでアイゼンを装着。

c0116856_09535830.jpg

雪渓の斜度が結構キツイ。居合わせた皆が黙々と登っていくが、キツイには代わりない。

c0116856_09540438.jpg

ようやく雪渓が終了。後ろには昨日あるいた鳳凰三山が正面に見える。

c0116856_09540748.jpg

雪渓が終わっても更に急登が続く。

c0116856_09550562.jpg

右手には岩登りで有名な、北岳バッドレスが見える。よくあんなところを登るもんだ。

c0116856_09550876.jpg
岩の道が終わるや否や、ここから梯子地獄が始まる。上はトレランの人(俺と同じペースで大丈夫か?)。
c0116856_09551227.jpg

八本歯のコルに着いてようやく一息つける。左手には稜線上に北岳山荘が見えた。あと少しと思ったのはこの時だけ。分岐までまだ更に登らねばならない。

c0116856_09551641.jpg

今日は北岳には寄らず、分岐からトラバース道へと入る。するとここからは想像を絶するお花畑が続く。花を楽しみながら歩いていると向こう側から山仲間が歩いてきた。昨日から上がっているのは知っていたが、既に降りているものだと思ったのでビックリした。ついでにここにしか咲いていない「キタダケソウ」を教えて貰い、初めて出会うことができた。少し枯れ気味だが、何とか残ってくれていた。

c0116856_09552181.jpg
小屋の手前で係員?の方たちが何やら見守っている様子。雷鳥がいた!ここ北岳では最近、雷鳥が猿に襲われる被害があるため、2家族程度を人が保護しているのだ。日中は係りの人が見守りながら散歩をさせ、夜は北岳山荘の隣にあるゲージで保護している。
c0116856_09552856.jpg
今年生まれたばかりのかわいいヒナ
c0116856_09552538.jpg

雷鳥に見とれていたが、間もなく北岳山荘に到着した。今日は贅沢に小屋泊まりとすることにした。

c0116856_09580008.jpg

まだ昼前だが、お腹も空いたのでランチタイムとした。その後、荷物は小屋に置いて、今日目指すピーク、間ノ岳へと向かうことにした。間ノ岳は最近の測量で奥穂高岳と同じ3,190mとなり日本第3位の高峰になった。

c0116856_09580231.jpg

間ノ岳まではいくつかのピークを超えていくが、最初のピークが中白峰山(なかしらねやま)。あまり知られていない山だが、標高は3,055mもある。

c0116856_09580616.jpg
中白峰山を越えると斜面がハクサンイチゲで埋めつくされている。一面真っ白。
c0116856_09580873.jpg

その後、2つのニセピークを超えるとようやく間ノ岳が見えてきた。

c0116856_09581126.jpg

北岳山荘から1時間ほどで間ノ岳山頂に到着した。

c0116856_09581624.jpg

山頂は晴れていたが周りがガスに包まれてしまい、南に塩見岳へと続く尾根(仙塩尾根)の一部が少しだけ見えていた。

c0116856_09581463.jpg

山頂では結構ノンビリすごし、3時過ぎに再び北岳山荘へと戻った。

c0116856_09581926.jpg

本日の業務はこれにて終了!小屋東側のベンチで一人乾杯。本来なら正面に大きな富士山が見えるのだが、ガスで何も見えなかった。

c0116856_09594722.jpg

夕方になるとガスも切れ始め、左手には明日登る北岳の雄姿を見ることができた。

c0116856_09594937.jpg

夕食は17時半。サバみそ定食と肉じゃが。明日の活力のためにもご飯はもちろんお代わりをした。

c0116856_09595217.jpg

夕食後は登山道へ出て夕暮れの景色を楽しんだ。風が強かったがようやくガスが切れ、富士山もきれいな姿を見せてくれた。

c0116856_09595427.jpg

最後は仙丈ケ岳の左に沈む夕陽を眺め、今日の山行を終えることとした。

c0116856_09595738.jpg
朝の登りは想像以上だったが、今この場にいるということだけで満足だった。明日は最終日。北岳を経由して広河原へ下山するだけだが、最後の景色を楽しみに20時には床に就いた。

【参考タイム】
広河原山荘6:08---7:36白根御池小屋7:56---8:12二俣---9:00雪渓終了点9:10----9:55八本歯のコル10:04---10:27分岐---11:10北岳山荘(5時間2分)
北岳山荘12:22---13:25間ノ岳山頂14:10---15:12北岳山荘(片道1時間2分)


[PR]
by sharizaka | 2018-07-02 18:54 | 山梨県の山 | Comments(0)


山で心を洗ってます。


by sharizaka

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Now at the time

最新のコメント

yossyさんも南蔵王歩..
by sharizaka at 21:53
今年はじめてこのルートを..
by yossy1904 at 21:32
motoyanさん、まさ..
by sharizaka at 17:54
PALOMONさん、お久..
by sharizaka at 17:53
GW後半は天気良くなかっ..
by sharizaka at 17:51
こんな所でお会いできると..
by fck_mototyan at 12:12
唐獅子平避難小屋への斜面..
by yossy1904 at 20:48
ご無沙汰でございます。 ..
by PALOMON at 19:11
いやあ年末からバタバタ更..
by sharizaka at 14:01
久しぶりに更新されていま..
by fck_mototyan at 13:21

カテゴリ

全体
八甲田山・岩木山
岩手山・八幡平山系
鳥海山
蔵王山系
月山山系
飯豊連峰
朝日連峰
船形連峰
栗駒山
焼石連峰
神室連山
吾妻山系
北関東・南会津
立山
亘理地塁
和賀山塊
仙台近郊
新潟県の山
長野県の山
富山県の山
岐阜県の山
石川県の山
山梨県の山
Telemark Ski
スキー場
講習会
山道具など
Mountain / Trail
その他
震災関連
未分類

お気に入りブログ

親方のチャリと祭りな話
漕ぐログ -川遊び犬so...
ソロで生きる
ちょいと川へ

外部リンク

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
ウィンタースポーツ

画像一覧