2018年7月14日~16日 栂海新道(2日目:朝日小屋~白鳥小屋)

暑さにやられた2日目

c0116856_20354405.jpg




昨夜は恒例の頭痛と空腹(夕飯が少なかった)に苦しめられ0時頃まで辛かった。この体調のままでは明日は下山するしかないとこの時感じていた。途中でトイレに起き、頭痛薬を飲むと少しして楽になり眠りに就いた。
そのせいか2時半にセットしたアラームに気付かず、目を覚まして時計を見ると3時ちょうど。慌てて起きて朝ごはんを食べ、テントを畳んだ。体調は回復したようで、辛うじてまだ薄暗い4時前に朝日小屋を出発した。

c0116856_21042592.jpg
朝日平から降りたところに分岐がある。この日の水平道はまだ通行止め。白馬岳方面に行く方は再び朝日岳を登らねばならない。
c0116856_21043674.jpg

小屋から朝日岳まではコースタイムで1時間だが、40分程で登頂。ご来光は狙っていなかったが偶然日の出に遭遇。朝日岳の山頂で朝日を拝めた。

c0116856_21043889.jpg
日本海の奥には佐渡島も見えていた。
c0116856_21044180.jpg

朝日岳からは吹上のコルへ降りて行く。ここはまだ雪渓が大きく残っているところもあり要注意。紅ガラが撒いてあるので、ルート確認できる。

c0116856_21044444.jpg

この下が吹上のコルになる。

c0116856_21044635.jpg
今年はニッコウキスゲも当たり年のようだ。
c0116856_21044914.jpg
20分ほどで吹上のコルに到着。栂海新道はここから始まる。ちなみにこの日は途中の水場の心配をしなければならないので、朝日平で4L汲んで担いで行った。
c0116856_21045343.jpg

吹上のコルから樹林帯を抜けると整備された木道が現れる。

c0116856_21070349.jpg
その先に照葉の池がある。雪解けしており水面が現れていた。
c0116856_21070878.jpg
栂海新道最初の山が長栂山だが、標識に気付かずスルーしてしまった。確かこのあたりのはずだが・・・・。
c0116856_21071234.jpg
アヤメ平へと降りて行くが、アヤメは咲いておらず、ニッコウキスゲだらけだった。
c0116856_21071586.jpg
c0116856_21071899.jpg
遠くに今日歩く稜線が見えているが、遥か彼方である。犬ヶ岳から先は稜線の反対側になるので、ここからは見えない。
c0116856_21072183.jpg
黒岩平で休憩。この日のおやつは朝日小屋で買った笹寿司。山小屋のお弁当とはちょっと違い、朝日小屋では1個250円で笹寿司(鱒とくるみ)を売っているので、必要な分だけ買ってお弁当にする。凍っているので歩いているうちに解凍され、ちょうど良い。酢飯なので腐りにくい利点もある。
c0116856_21072354.jpg
黒岩平は天上の楽園のようなところだった。
c0116856_21125819.jpg
次の山頂が、黒岩山。ここは富山の百山に入っており、久しぶりに1山ゲットできた。しかしここはどこからも遠いのがネック。栂海新道を歩くか、中俣新道(現在土砂崩れで通行止め)から入るしかない。
c0116856_21130010.jpg
黒岩山からいくつかのアップダウンを繰り返すと、さわがに山に到着。
c0116856_21130731.jpg
山頂で休んでいると反対側からエンジン音が聞こえた。ナントここまで刈り払いに来てくれているのだ。栂海新道を守っている山岳会の方々が整備されている。しかし栂海山荘からここまで来るとは脱帽。聞くと黒岩山まで刈り払いに行くとのことだった。
c0116856_21131067.jpg
さわがに山まで来ると、左手に初雪山が大きく見える。ここは2年前の残雪期に大地山経由で歩いた山。片道10kmの急登が続く厳しい山だったが、稜線からの展望は素晴らしかった。
c0116856_21131221.jpg
正面に見える台形の山が犬ヶ岳。その手前にまだ2つのピークがある。手前は巻き道のように見えるが、結構上ま道が続いていてかなりキツかった。
c0116856_21131587.jpg
手前のピークの下に北又の水場がある。自分はここに寄らなかったが、岩場から湧く冷たい水で美味しかったらしい。犬ヶ岳で泊まるならここで汲んでいくこと。
c0116856_21131771.jpg
日も上がり猛暑が体力を奪っていく。ようやく一つ目の目的地、犬ヶ岳山頂に到着した。暑さで体力は限界に来ていた。
c0116856_21132023.jpg
栂海山荘は山頂の少し下にある。
c0116856_21133087.jpg
振り返ると今日これまで歩いてきた道が見える。ホントに遠い・・・・。
c0116856_21133340.jpg
山頂近くには栂海新道を開拓した、小野健さん(2014年没)の碑が立っていた。10年掛けてこの道を切り開いたらしい。
c0116856_21222952.jpg
朝日平を4時前に出発して既に6時間が経過。10時過ぎにようやく栂海山荘に到着した。
c0116856_21233520.jpg

栂海山荘に着いた途端にダウンした。苦しくなり横になることもできない過呼吸気味に。どうすることもできないので陽を避けられる小屋の中で休ませてもらった(風がないので小屋の中でも暑い)。お腹も空いたのでカップキツネうどんと笹寿司を食べた。しかし一向に良くならず、ここまで同行していた方には先に行ってもらうことにした。
1時間経っても状況は芳しくなく、今日はここで宿泊ということも考えた。後ろから続々登山者が到着。幸い会話はできるので情報交換をしながら時間を過ごした。
12時を過ぎた頃から徐々に体調が回復してきた。しかし山で無理は禁物。しばらく様子を見ることに。13時を過ぎても回復しなければ白鳥小屋は諦めようと決めていた。12時半頃、足の調子も回復、これなら行けると判断。出発の準備を始めた(と言っても歩き始めて15分を目安に進むか、戻るか判断することに)。
13時前に栂海山荘を出発して、白鳥小屋へ向かうことにした。小屋からはこの先の稜線と今日の目的地、白鳥小屋が確認できる。

c0116856_21315505.jpg

しかしこのルートで一番キツイのが、栂海山荘~白鳥山の間であることは間違いないと思う。猛烈なアップダウンが連続、おまけにこの日の暑さで気持ちまでやられてしまう。栂海山荘からは最初にいきなりの急な下り。途中、黄連の水場で水をガブ飲み。Tシャツも沢水で浸し、クールダウン。今夜と明日の朝の分の水を汲んで行った。

c0116856_21315845.jpg

黄連の水場から先は少しだけ天国のようなブナ林(平坦な道)が続き、このまま白鳥小屋まで続いてくれたらと淡い気持ちになった。

c0116856_21320163.jpg

しかし、そんな思いはすぐに崩れ去る。連続するアップダウンに苦しめられる。次のピークは菊石山。アンモナイトの化石が取れることから山の名前が付いたようだが、そのようなものは、ナンモナイトなんてダジャレを朝日小屋の女将が言っていた。

c0116856_21320488.jpg

そして今日一番の難所が下駒ヶ岳の登り。噂で聞いていたがこれは酷かった(写真撮る余裕なし)。ロープが3本下がっているところもありほぼ絶壁に近い斜面を這い蹲って登る。ここで大休止。御覧の通り標高が1,200mしかないので、暑い!

c0116856_21320685.jpg

その後は急な下りで白鳥山の鞍部へ。徐々に白鳥山は近づいているはずだが、いくら登ってもまた下りが現れるの連続。気持ちが滅入る。何回登ったり下ったりしたか分からないが、16時前にようやく白鳥山(白鳥小屋)に到着した。

c0116856_21320913.jpg

先に行っていた数人と挨拶ができて本当に良かった。この日は小屋に7名、テント4名の計11名だった。皆、朝日小屋から来た面々だ。最終日を考えると白鳥小屋まで来るのが得策なのは間違いない。

c0116856_21321343.jpg

晩御飯を済ませた後、外で食べる二人組に焼酎をご馳走になりながら、夕暮れの白鳥山を過ごすことができた。

c0116856_21321188.jpg

昼の栂海山荘での体調を考えると、よく白鳥小屋まで来れたと思った。もちろん無理をするつもりはないのだが、これまでいくつもの山を登った中で、1,2に入るくらい辛い体験だった(過去に、飯豊の門内沢の登りで全く動けなくなったことがある)。考えて見えれば軽い熱中症だったのかもしれない。
さて、明日は親不知まで下るだけだ、と安心しきったのはこの時だけだった・・・・。
【参考コースタイム】
朝日小屋3:55---4:38朝日岳4:52---5:14吹上のコル---6:45黒岩平---7:38黒岩山---8:43サワガニ山---10:03犬ヶ岳---10:09栂海山荘(6時間14分) ※ここで大休止

栂海山荘12:54---13:47黄連の水場---14:16菊石山---14:46下駒ヶ岳---15:53白鳥山(2時間59分)



[PR]
by sharizaka | 2018-07-19 20:36 | 富山県の山 | Comments(0)


山で心を洗ってます。


by sharizaka

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Now at the time

最新のコメント

ここピナクルでしょうかね..
by sharizaka at 19:26
4枚目、ピナクルですか?..
by yossy1904 at 20:56
いえいえ、実は引き攣って..
by sharizaka at 22:35
笑っておられますね。 ..
by utinopetika2 at 19:07
jiro2707さん、初..
by sharizaka at 19:35
登山ジャンルの新着記事で..
by jiro2702 at 17:02
トラさん、おばんです。 ..
by sharizaka at 20:22
ずいぶんとまとめて忘れて..
by torasan-819 at 17:25
トラウトさん、お久し振り..
by sharizaka at 21:33
こんにちは。 富山も随..
by トラウト at 21:15

カテゴリ

全体
八甲田山・岩木山
岩手山・八幡平山系
鳥海山
蔵王山系
月山山系
飯豊連峰
朝日連峰
船形連峰
栗駒山
焼石連峰
神室連山
吾妻山系
北関東・南会津
立山
亘理地塁
和賀山塊
仙台近郊
新潟県の山
長野県の山
富山県の山
岐阜県の山
石川県の山
山梨県の山
Telemark Ski
スキー場
講習会
山道具など
Mountain / Trail
その他
震災関連
未分類

お気に入りブログ

親方のチャリと祭りな話
漕ぐログ -川遊び犬so...
ソロで生きる
ちょいと川へ

外部リンク

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
more...

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

登山
ウィンタースポーツ

画像一覧